スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

癒しフェア2015ってなんやねん。

 あー、ども、癒されたい気がする39歳、
露骨に「体力が足りませんが何か」とご過労さまな日々で

いやがりますが、ぽまいらはいかがお過ごしですか。

いやね。

ふと、こんなニュースを見つけた。

「癒しフェア2015 in大阪」開催(サイトの安全性判定が危険なためきリンク解除)

いやほら、

一時スピコン?スピマ?

名前がちょい変わったと思うけど、

クッソアヤシいスピリチュアル・ビジネスのフェア

みたいなものがあったじゃん。

よくもまあ、

こんな詐欺師どもを日本中から集めたな、

珍しい仕事をしている方々にお集まりいただいたな、

みたいな。(笑)

 

スピリチュアル業界と美容・健康業界のコラボ

 

そしたらなんですか。

今度は、

美容・健康系業界とガッッリ組んで、

癒しとか健康とか美容とかスピリチュアルとか、

属性としては確かに重なってそうなところを

一気に刈り取ろうという算段か、と。

なんつーかさ。

ほら、おれも稼業はマーケッターなわけで、

ターゲットにアプローチする戦略というものは

いろいろと確かに考える。

しかしさ、

スピリチュアルとか、

癒されたい気持ちとか、

露骨に狙うにはためらう領域というものはやっぱりあるわけ。

また狙うにしても、

「正しく」アプローチし、

正当なるサービス・コンテンツを提供すべきである、みたいな。

どんな商売でも当たり前だけど。

でも、

ことスピリチュアルが絡むと、

本当は一般的なコモディティよりも慎重になるべき

ジャンルなのに、

「カタチなくても口八丁で大金を巻き上げられる

美味しいジャンル」という見方をしている連中が多すぎる。

しかも、

自称スピリチュアルな連中がそうだけどな。

エセなスピリチュアル・カウンセラーもそうだし、

企業としてスピリチュアルに参入しているところも大抵はそうだ。

まったく。

書いててだんだん腹立ってきた。

スピリチュアルを食い物にするのは結構。

勝手にやっているがいいよ。

だが、

相応の報いを受けることになるだろうぜ。

その覚悟があってやってんだろうな。

そこんとこ、

問い詰めたい。

スピなビジネスな隆盛をみて、

そんなことを思う。

ま。そんな話だ。

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter