“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

『引き寄せの法則』、ほんとに使う準備はいいですか?

あー。どもども。引き寄せるというより、引きよせられている昨今なオレさまですが、ぽまいらはいかが欲望実現の波動アップに勤しんでいやがりますか。



さてさて。世の中まだまだ願望実現系すぴセミナーは盛況のようす。皆様、よっぽどてめぇの欲望が「実現させるに値する」ものだと疑いがないのだろう。



ある意味、すばらしい。きっと、誰かさんに「きみは、そのままでいいんだよ・・・」みたいなことを言われて自己肯定まっしぐらに生きているのでしょう。



で、だ。



そうした欲望のリアライズを目指す方々がここで用いるのが、「引き寄せの法則」。言葉を変えれば、「同波長の法則」なんて言い方をしている人もいたりする。



まぁ同じか。いずれにしても、この法則を利用してやろう、と思うのが多いからこそ、引き寄せ系セミナーとかそのテの本が売れるのだろう。



神秘学的にいっても無論、そうした法則は確かにあるよ。



宇宙の運行システム、創造の原理の説明などにおいてよく用いられる。よく言われるところだと「天にあるように地にも」のヘルメス学の言葉にも表れているとおり、この世界の成り立ちを紐解く叡智として語られる。



それは、なぜ人の思考(精神力)が<世界>に作用して、創造が起こるのかということの説明でもある。いわば「神の似姿」としての「人の権威、栄光」について語られる神学的側面でもある。



しかし、当たり前だが、弟子に向かって「このシステムを利用して、てめぇの望むモノをどんどん実現しろよ」なんていう導師はいない。



神秘学徒がそうした法則・・・というか「原理」を学ぶのは、四大元素を、ひいては<自分>をマスターして、霊的に進化していくためだ。



でもって。そうした法則を使って望みを叶えようとするものは、願望実現とワンセットで働く原理(法則)もあることに思い至っているのだろうか。



めちゃめちゃ当たり前のことだぜ。この世界は相対性で成立しているし、それこそオレさまたちは学ぶために今この次元にいる。だから、仮に「引き寄せ」の達人になったとしても、次のことからは、逃れられない。



つまり、「代償の支払い」が待っているということ。



何かを手に入れたら、次はそれを失うプロセスが必ずあるだろ。「喜び」を手に入れたら、「不安」や「悲しみ」が待っている。カネを手に入れたら、次は失う不安だ。ココロの中にも相対性の原理というものはあるということなんだ。



これがあるから、「常に安定して、安らぎや幸せの中にいる」のは難しいわけだ。



だが、本来、スピリチュアルな学びは、この内的世界における相対性の克服(原理のマスター)をしていくことにある。



いわゆる悟った人が、「天国のような喜びと地獄のような苦しみ」といった感情のジェットコースターな人生を歩まないのも、まずは内的世界において、相対性をマスターしているからなんだ。



いっちゃなんだが、引き寄せの法則でとにかく「願いを叶えたい」ってヤシらはそんなレベルにいねぇだろ?



そんなヤシらが、仮に次々と「願望を実現」したところで、次に遭遇するのはこの相対性との対峙だよ。



ぽまいらも人生振り返ってみろよ。



受験が終わって一安心かと思ったら、次はまた試験だ人間関係だに悩まされ。恋人ができたと思ったら、別れに泣いて。ようやく就職して試験から解放されたと思ったら、また人間関係に悩み・・・。



次から次へと「苦楽」はワンセットでやってきたはずだ。結局、次から次へと「もっと現状をよくしたい。そのためにはさらなるお金、環境、人(友人や恋人)が欲しい・・・」と堂々巡りだ。



早い話、引き寄せで次々へと大きな願いを叶えたところで、内的世界で相対性をマスターしていない限り、さらなる苦楽を次々と引き寄せているだけなんだ。



まるで、引き寄せをマスターすれば、人生は「喜びだけ」で満たされる―かのように引き寄せ系の人々は言ってるけどよ。




子どもだって、おやつをもらったら、食べ終わってなくなる哀しみと対峙せにゃならん。w 「毎日食べきれないほどお菓子があればいいのにな~」と思ったことが誰だって1度や2度はあるだろ?



引き寄せは、それを叶えるように見せているが、それだけじゃねぇってこった。



「幸せ」になりたくて、そうした法則を利用しようとするのは結構。



だが、相対性を克服して常に「幸せ」でいるためには、内的世界における平安を果たさなくてはいけない。そっちが先なんだ。それを具体的に説く「引き寄せ伝道師」をオレさまはまだ知らないが。



そしてヒニクな話だが、内的世界で相対性をマスターした者が、欲望が肥大化した願いを叶えようとすることはなくなるだろう・・・。



もはや彼らの「喜び」や「幸せ」は外的条件によっては左右されないからだ。本人はただ、「幸せ」であることを選んでいるだけといった状態になる。



なんだって手に入れられる(創造できる)状態に至ったとき、人は低次の欲望からは解放された高みにいるんだ。そしてスピリチュアルな事柄を学ぶということは、その状態を目指す道でもある。



残念かもしれないけど。w



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!


>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい


【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/03/19)
    >オウア コメントありがとよ・・・。 しかしな。 うん。。 長くコメントくれたのはまぁいいんだが、 すまんがも何を言いたいのか読みとれんw なんとなく意味論、それも認知意味論的な落としどころに 話を持って行ってる気もする。 不倫自体を意味論的に解釈してスピか哲学的に落とし込むのは意味がない、 としているのか。 なかなかに悩ましいコメントだな。(笑) このコメントの描こうとしてる結論に意味はあるのか、 思わず考えてしまうぜw
    » 霊視に依存する女性は危険?スピリチュアルと不倫の意外な関係性
  • User Avatar オウア さんより(19/03/19)
    メンヘラ特集みたいな纏めですねw 都合がいいところしか見ない点とか、結局法律を含め本質をわかろうとしないのだから仕方ないのだが(^_^;) 意味以上のものは「命は求めない」極論かつ真理(´・ω・`)それをわからんわからんなら、哲学でもスピにしろピエロと違いない。 言ってて厨二病みたいで失笑ものだが、意味以上の概念が出ないのだし(´・ω・`)どう表現したるべきか 意味〈理由〈動機〈行動〈過程〈結果〈経験 現状、命は意味以上のものを求めていないと言う他ない、本格的な探求者にこう言うのもある意味失礼ですが、意味は意味へと戻るというか……北斗のケンシロウの兄ちゃんも一辺の悔いなしとか言って爆発したしさ・ω・ 後悔少なく反省多く、後悔は時間かけて反省に落とせと言うしかないのよね〜(´・ω・`)意味こそ原点という理解です その先の意味以上のものをものはあるものなのか、よく言う「愛」にしろ意味以上の概念にはならない。あえて言うなら愛憎ぐらいのものかな?でも意味以上にはならない。 まるでジョジョの奇妙な冒険だ(^_^;)
    » 霊視に依存する女性は危険?スピリチュアルと不倫の意外な関係性
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/28)
    ゆうゆう まーほんと。 そういうこと言うヤツぁ流行りに のっかってるだけだろ。 「占い師に過去世とか聞いてくる人たちもいて困る」 という占い師側の苦悩も言う人はいるけどw 機械のやつな。どうだろう。 いわゆる「オーラ」とされている色に、 身体のになんらかの情報を変換しているだけだろ。 そこにどんなアルゴリズムがあるか しらんけど。 信ぴょう性はないと思ってる。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar ゆうゆう さんより(19/01/28)
    興味深く拝見いたしました(^^) 実際、まともな占い師さんで「オーラが…」なんて言いだす人はいませんね。 オーラといえばキルリアン写真を思い出しますが、あれは信ぴょう性あるのでしょうか… ゲーセンやスピサロンでオーラ写真とかオーラ判定とかやってますよね。あれもどうなんだろ? ご意見お聞かせ願います。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter