スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

精神世界は、キモい。

はい、どーもー。復活宣言をした以上、
ぽつぽつと怪しいブログ書きに勤しむぼくちゃんです。


記事への賛意表明が、拍手ボタン→ツイートボタン→フェイスブックの「いいね」へと
比重が移ってきているのを見て、ブログ休業中に随分と様変わりしたなーと、
隔世の感があるわけだが。


それよりもですよ、おねーさん方。聞いてくださいよ。


ブログ再開と思い、
久しぶりにスピブログランキングに行ってきましたよ。


ええ。情勢調査です。


まぁものの数分で撤退したけども。正直、耐えられなかったわ。


それにしてもさ、あまりの変わらない顔ぶれに苦笑しつつも、
あたしゃ一瞬、目を疑いましたよ。


読むだけで金運があがるだの、光のシャワーだの、お釈迦さんのメッセージだのを
恥ずかしくもなく垂れ流していた、
ガチンコのお花畑ブログがトップ10入りしているじゃないの。


記憶の限りでは、もっと下位をプラプラしていたのだが。


お花畑テイストとは裏腹に、現世欲望まっしぐら、欲望フルスロットル、
ガチでキモかったあのブログが・・・!


もちろん、クリックして中身を見たけども、
やっぱり数秒でもういられない。


そんなところが、だ。


読むだけで金運があがるだの。


アレな光を送るだの。


ガチで侵食してくるような醜悪な波動の使徒襲来。


あんなところを上位に入れさせる読者が多いという事実。


オレさまには、
あのような波動に共感できる人が多い、という現実にこそ恐れ入ったぜ。


返す返す言うところだが、「スピリチュアル」な道は、精神修養の結果、
霊性を高め、霊的進化を意識的に促進させようとする道だ。


まやかしな呪いで、現世利益を得る魔法じゃねぇ。


うすっぺらい金ピカに騙されてよっていき、
気がつけば波動が共振するレベルへと成り下がる。


そして醜悪でキモい人の一丁上がりだ。


なんつーか。


「スピリチュアル」は、霊性を磨く道だ。


この基本を頼むから、忘れないで欲しい。


魂を練磨するプロセスは、長く、地味で退屈かもしれない。


しかし、そのプロセスこそ、一人ひとりが持つ、
かけかげえのない秘儀参入の道なのだ。


その先にこそ、本当に輝く自分が待っている。


ぽまいら。


うす甘いこと言って、安易に繁栄を説くようなエセには捕まるんじゃないぜ。


ま。そんな話だ。


追伸
・・・まともなネタは、もう少しリハビリしてからちゃんと書くので。



                     訂正 1  



           「キモいモノはキモいw」と思ったら、ぽちっとな。


                        人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter