“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

スピリチュアル・カウンセリングについて考える

 

スピリチュアル・カウンセリングについて考える

どーも。夏樹です。特技はパルプンテです。

書いていた記事の前半が飛んで自分のハートにイオナズンです。


誰か、ベホマかぱふぱふをプリーズです。(血涙)


・・・・


そんな昭和なそして伝説へ・・・なネタは置いておきます。

多分平成生まれの読者がついてこれないし。


えーと。


あー。そうそう。スピリチュアル・カウンセリングね。


あの詐・・・じゃない、自称霊的能力でカウンセリングする人たちのお話ね。なんかもう、占い師までスピリチュアル・カウンセラーを名乗ったりして、ワケわかんないよね。

 

そのカウンセリングはスピリチュアリティの進化を促すのか。

悩みの解決。アドバイス。人生という航路における、道案内。占術はときに、そんな役割を果たすことがあるといえるだろう。


しかし、スピリチュアル・カウンセリングは、性質がまったく異なるんだ。本来はね。その人物の霊的状態等を見極め、適切な「霊性進化」を指し示すことが求められる。


時に、沈黙が答えかもしれない。

時に、議論が応えかもしれない。

時に、放擲が答えかもしれない。

 

いずれにしても、スピリチュアルな進化をサポートすることが求められる。それがスピリチュアル・カウンセリングの本質なわけ。

 

いわば、


「師匠と弟子の対話」

なわけ。

この役割、「世のスピリチュアル・カウンセラー」を名乗る連中で、一体何人が可能なんだろう。

申し訳ないが、オレは自分の講座に出ている人たちでも、相当回数を重ね、お互いよく知った状態─いわゆるラ・ポールを形成─してからでないと、自信はない。

 

スピリチュアル・カウンセリングを実施するにあたり、

求められる経験、

求められる知識、

求められる技術、

求められる霊性・・・。


すべてにおいて、「相応しい」高みにあると、自認することはできん。少なくとも、オレは自分ではそう思う。

 

なぜ世のスピリチュアル・カウンセラーは、恥ずかしげもなく自らをスピリチュアル・カウンセラーと名乗れるのか。

まぁ江原さんがこの言葉を流行らせたので、都合がいい、と安易な理由が一番だろうけど。。

オレは少し前に、ある人の相談で、「スピリチュアル・カウンセラー」に「脅されている」という人に会ったことがある。結論から言うと、もうその人は恐怖というか、マインド・コントロールから解放されてそのスピリチュアル・カウンセラーに頼ることをヤめているが。

 

しかし、そのカウンセラーは、HPの写真を観る限り、確かにある程度の霊能は持っていると思われた。程度は低いだろうが。


結局、一般社会で食っていくことができずに、人を脅してまで繋ぎ止め、金づるにしようとしていたんだけどね。

そのカウンセラーはさ。


もちろん、すべてがこういう人とは言わない。しかしね。あまりにも「ただの商売」でスピリチュアル・カウンセリングをしている人が多すぎる。

別にカネを絶対とるなとは言わんよ。

(※ヒーリングではとるな、とオレは言いたいけど)

 

しかし、ただの商売としてクライアントと接するとき。

その人の霊性進化に責任を持つ身ではなく、


「人生相談のお仕事をする自分」


として接することになる。それはもう「スピリチュアル」なカウンセリングじゃない。違うんだよ。一般的なカウンセリング、コーチング、コンサルティング、あるいは占いの相談といったものならわかるけど。

 

そうすると、「ウソ」を行っているに等しい。

 

スピリチュアルな世界で、「嘘」をつくことは、決定的なまでに破壊的影響をもつ。シュタイナーあたりは、殺人にも等しいほどの悪徳だと言った。

 

だからよく見てみるといい。

「スピリチュアル・カウンセラー」

の多くは、すぐに「堕ちる」ことになる。

オレが潜入調査していたカルトの霊能者もそうだったな。

 

本質は気の弱い、しかし、少しだけ霊能がある

程度の人だった。


でも、、、、末路は悲惨だった。


嘘に嘘を積み重ねた

結果だ。


オレの知る限りの最後は、低次アストラル界に直結していたぜ。


霊的世界で、「嘘」を行う者は、必ずいつかは破綻するものなのだ。たとえ一生逃げ切っても、そのカルマは必ず重いカタチで清算されることになる。


やれやれだ。

この問題は、もう少しこの話題に触れていきたい。

 

 

 

登録特典つきメールマガジンのお知らせ

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を待ってます。
内容にもどんどん質問してくださいね。


☑本物のスピリチュアルな成長に関心がある。
☑基礎的なスピリチュアルな体系を知りたい。
☑「最高のヒーリング」とは何か知りたい。
☑もう小手先のスピリチュアルは要らない。


そんな方に最適な「神秘学ベーシックテキスト」
もプレゼントします。

登録はコチラから☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter