“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

インフルエンザとスピリチュアル レイキヒーリングだか効くとか言う人がいる件

あー、どうも。

夏樹です。

あなたの夏樹です。

インフルエンザとスピリチュアルのアヤシイ関係性について思わず書いてみちゃう昨今です。
その意味とか真実とか。踏み込めるようで踏み込めないような。

選挙運動ではありませんが、

なんとなく10年後は横浜市議会議員でもやっていたい夏樹でゴザイマス。

でもスピリチュアル系なので、
新興宗教扱いで迫害されそうです。

それはそうと、本題に入ります。

 

 

インフルエンザとスピリチュアル?

流行りだしたね、インフルエンザ。

猛威っぽいね。

猛々しいというか。

イケイケドンドンというか。

インフルエンザ無双なカンジで、学級閉鎖どころか、
おれのハートが閉鎖しそうです。

 

少し調べると、
香港A型って、
ウィルスが変化しやすくてワクチンの効果がイマイチで、
感染力が強かったりと、
なかなか厄介なタイプなようだねぇ。

 

高熱も出るみたいだし。

ぽまいらも、気ぃつけろよ。

そんなおり、

どこかのブログで「レイキヒーリングで予防に効果あり!」みたいなコトを
ほざいている方がいましたが。

みかけてしまいました。

みてしまったとです。

・・・・

 

・・・・

 

 

 

感染力強いウィルスに効くんなら、

エボラ対策でもしてくれよ。(怒

 

思わずそう思わずにはいられません。

まったく。

いや、話がそれた。

 

ワクチンもイマイチなんで、
「打つな」とか「そもそも人体に害!」とか
「インフルエンザに感染しても軽症ですむから打つべき」と賛否両論。

 

おれ自身、
もう何年もワクチンなしでインフルエンザには感染していないが、
正直なんとも言えない。

 

責任もてんコトは軽々しく言うべきじゃねぇわな。

 

ワクチンは個々の判断に任せるとして、

結局のところさ、

手洗い、うがい、部屋の加湿など、

オーソドックスな予防法が一番効果的なんじゃねぇの?と思う昨今。


ぽまいらも、
意味不明なヒーリングとかに手を出す前に、
きちんとした方法にまず取り組むんだぜ。

 

ま。そんな話だ。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter