スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

スピリチュアルに癒しを求めることは正しいのか。

どうも。なつきちです。♪こんな言いたいことも言えない世の中じゃ~ と反町的にポイズン吐いてます。・・・すみません。最近は存在自体がポイズンな今日このころです。


さてさて。自称はぐれヤンキー系神秘家なオレさまとして、すんげー疑問に思ってることがあるのな。いやさ。「スピリチュアルと癒し」って、なんとなくワンセットだよな。ヒーリングとかもあるわけだし。実際、病気の人がいろいろと医療を試して求めるだけの治療結果を得られず、最後にスピリチュアルな方法に行きつく、なんてのはよくある話だ。まぁ仕方がないとはある意味思う。実際に病気を抱えた身であるのならね。


でもさ、本来、スピリチュアルって、そういうものか?とどうしても思わざるを得ない。得ないわけですよ。


そこで、今回は「スピリチュアルに癒しを求めることは正しいのか」というタイトルで、この問題を考えてみたい。

 

スピリチュアルと癒し

スピリチュアルといえば、霊性の向上や真理の探究よりも、まずは「ヒーリング」というものが目につきやすい。また関心を引きやすい。世の中に流通しているスピリチュアルなメソッドといえば、やはりヒーリングに関するものが多いだろう。レイキとか。カルマを解除するとかバカみたいなメソッドに関してはおいておくにしても、キリストが多くの病める人を癒したように、スピリチュアルな世界に「癒し」から入る人は多いだろう。


しかしねー。


ぼくちゃん思うとですよ。

たとえば、最大級の癒し手、ヒーラーといってもよいイエス・キリストが真実、人を癒したのは、「教え」ではなかったか。


彼はさ、奇跡の業として、病める人を癒したよ。でも、彼は本当は、「渇く」者に対して、「よぉ、こねこちゃん。おれの水を飲めば、もう渇くことないぜ、ハニー」と言った。その意味は、真理と呼ばれる「教え」こそが、人を永遠へと飛翔させるからだ。だから彼は、私は道であり、真理であり、いのちであると言ったんだ。


それこそが、本当に人を癒し、永遠の救済となるということを意味した。


そして「私」を通してでなければ、父のもとにはいけない、とも言った。


それは決して教条的に「キリスト教を信じないと救われないよ」という意味じゃない。「真理」を求めて、真理を歩き、生きないと救われないよという趣旨を言ったんだ。

でもさ、今、スピリチュアルに癒しを求める人って、かなり「現世利益」的な意味での癒しを求めているんだよね。それはを全否定するほど、今やおれも尖ってねぇけど(笑)、スピリチュアルにおける本当の癒しの意味ってのを、「スピリチュアルに関心がある」と自分で思っている人たちは、再考する必要があるんじゃねぇかなー。

 

 

スピリチュアルな癒しは、「永遠」へと向かわせる

早い話さ、スピリチュアルな癒しって、「教えを生きる」ってことを意味しているはずなんだよね。「病が癒える」っていう結果じゃないわけ。だから、ある意味、「覚悟」がいる。「この道を歩こう」というね。キリストの弟子たちの多くは、辛い人生、最後を迎えたりした。それでも、彼らは、イエスによって、「教え」によって「癒された」といえるだろう。ひとつの人生だけを見れば、とてもそうは見えないかもしれないけれどさ。


だからきっと、本当の意味でのスピリチュアルにおける「癒し」の道ってのは、長く、険しいだろう。最後は、テオーシス(神との一体化)に至るまで、「癒された」とはいえないはずなのだ。


しかし、そもそもなぜ「癒し」が人に必要かといえば、放蕩息子のたとえ話にあるように、父のもとから、財産を分け与えられた放蕩息子であるところのおれたちは、父の財産を食いつぶし、ブタのエサでもいいから食べて、飢えを満たしたい状態なのだ。


だが、ひとたび理性を取り戻し、「なにやってんだ、おれは・・・。バカなことをした。父のもとに戻り、謝罪しよう。父のもとに帰ろう」と目覚め、一歩一歩歩けば、たとえ話にあるように、ずっと遠くから父はこちらを見つけて、駆け寄り、抱きしめてくれる。神はこちらが一歩進めば、九歩歩み寄ってくれるのだ。

 

これが癒しだ。目覚め、帰還したたときにもたらされる、父からの抱擁。それしか、真の癒しはないのだ。甘ったるい愛だのなんだののメッセージは、スピリチュアルでも癒しでもなんでもない。2016年、いまだ精神世界は、うさん臭い愛の癒しだのスピリチュアルだのにあふれているけどな。


まぁ、こうしてこのブログに出会ったのも何かの縁だ。ぽまいらは、もっと深い、魂の奥底で求めているはずの道に立ち返ろうとする勇気と理性を持ってくれる信じているぜ。

 

ま。そんな話さ。

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/


より詳細な説明はコチラから

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter