スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

礼賛の感情

あんたたちー!


唐突だけど、尊敬している人っているか? オレさまはかつては、ジョン・F・ケネディだったね。弟のロバート・ケネディもだけど。他にもいろいろといたが、20歳くらいの頃は、とりわけケネディだったぜ。初めてケネディの演説を聞いたときは、マジ感動したもんだ。


いやー。若かった。(藁


さて。今日の話は、このある「人」に対する尊敬、畏敬、礼賛といった「感情」もまた魂の高次世界への認識に導くという話。



ある種の感情は、神秘的な道を歩む上で欠かせない―ということをシュタイナーは言っているんだ。今日の朝の投稿も、そこのところをちょっと書いておこうと、思う。




「いかにして超感覚的世界に認識を獲得するか」からまず引用する。(25~26pから)



「道の発端をなすのは魂のある基調でなければならない。この基調は神秘学者によって、真理と認識への畏敬、礼賛の小道と呼ばれている。この基調を持つ人だけが神秘学者になることができる。



この道での体験を積むと、後に神秘学徒になるような人はすでに幼児期にどのような素質を示すか、わかるようになる。尊敬する人物を畏怖(聖なる恥じらい)の眼差しで見上げる子どもたちがいる。



その子どもたちは心の奥底に批判や反論の思い浮かぶのを禁じようと畏敬の念を持っている。やがて若者に成長して、何か尊敬すべきものを仰ぎ見ることができたとき、彼らの心は喜びに満たされる。



そのような「人柄」の中から、多くの神秘学徒が育っていく。



あなたもかつて、尊敬する人物をはじめて訪問しようとしてその戸口に立ち、ベルを押し、そしてあなたの「聖域」である彼の部屋に案内されたとき、神秘学徒としてのあなたの後年の萌芽となりえたひとつの感情があなたの内部に湧き立った経験を持っているであろう。


成長する人間が、そのような感情を出発点としてもつことができるのは、常にひとつの幸運である。」




オレさま、この箇所を読むといつも思い出すことがある。



オレさまが大学院でついた指導教授は、その分野では学会の権威の一人というか、まぁメジャーな研究者の一人だったんだ。



学部時代とはやや異なる領域に進むことにしたオレさまは、彼にあいさつにいき、ゆくゆくは指導教授に・・・ということを話すつもりで、彼の研究室を訪れた。



なんというか、いってみれば、当時、オレさまにとっては憧れの研究者だった。彼の書いたある論文は、オレさまにとって宝玉のような輝きをもっていた。色んなことを聞いてみたかった。アポをとる電話自体、オレさまは足がふるえるほど緊張したものだ。



初めて訪れた研究室、デスクの向こうで温厚そうに笑みを浮かべ、ひとたび学問的な話を始めると時間を忘れて語り続ける彼を本当に尊敬したものだ。




シュタイナーの上記の部分は、そんな当時のオレさまを思い出させる。




  _、_  ・・・そして彼のもとで学究生活が始まり・・・
( ,_ノ` )
     ζ
    [ ̄]’E
      ̄










  _、_  ・・・・・・
( ,_ノ` ) 
  [ ̄]’E ズズ
.    ̄









  _、_  
(  ◎E ・・・・・・ 










  
  _, ._    ヌッ殺してやる!!!   
(;゚Д゚) li|   と思ったね。実際。(藁
        ガチャッ
    [ ̄]’E




あのチョビヒゲのオヤジめぇぇぇっっ。(怒 



・・・えーと。



そんなわけで。かつて抱いた尊敬や礼賛の気持ちが殺意に転じたそのときは、ノーカウントなんでしょうか。



シュタイナー先生なら大目に見てくれると信じたいのですが。つか、門下生一同でサクっと「ピクニックでもいこうか♪」みたいなノリで軽快に抱いちゃった殺意なんで、決してオレさまの逆恨みではないと思うとです。「ここらでヤっとく?」みたいな。



ま。そんな礼賛の小道の話です。



え・・・? コレで終わりかと?



あ。オレさまはこんなんだけど、ぽまいらはちゃんと敬愛する人には、畏敬を育てるようにって話だから。



・・・すまん。また今度マジメにやる。



ま。そんな話ってことで。(藁

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter