スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

アチューンメント

アチューンメント系ヒーリングを嫌っているクセに「アチューンメントは学びのコアとなるスキルだ」ともたまに言い張るオレさまですが、ぽまいらはいかがキテレツな存在にアチューンメントしちまっていいように操られていやがりますか。(藁



さ。いつもの如くすぴ系ヒーラーの大半を敵に回して、つかみはOK、と。



アチューンメントだが、簡単に言えば、「波動を合わせる」という作業に他ならない。逆に言えば、自分が未到達の高みにある波動に合わせるのはまぁ難しい。なのに「高次のエネ」やら「大天使○×」などなどにアチューンメントして助けを求められると豪語していらつしゃる方々がいやがりますが、「さぁて。ぽまいらは、ほんとにそんな存在と波動をあわせられんのか?(藁」と皮肉に眺めちまっているわけだが。



とはいえ、フォロー的に言えば、一時的に何かしらのエネを借りるために波動を合わせるのはそれほど困難ではない、とも言っておくが。ただほんとの意味でアチューンメントできたときは、それこそ対話はもとより、高度な叡智の体系を授けてもらうことも可能になるので、がんがって欲しいもんだが。



またもうひとつ断言しておきてぇがねアチューンメント系ヒーリングは一度「伝授」されたら生涯レベルが落ちないという設定になっているそうだが、それは確実に間違いだ。練習すればするほど上達する。いや、むしろこの「練習」が重要だ。



はっきり言って、ほんとに高次世界とつながって「伝授」できるヒーラーなんて、そうはいない。また、伝授される側に、そもそも高次世界とつながる資格がない。いろいろとHPを見て回っていても、まぁカネとって伝授して、伝授されたヤシがまた伝授して・・・と劣化版の再生産をえんえんと繰り広げているだけだ。



が。身内というか、同門のヤシで実験したことがあるんだが、たとえ受けた伝授が劣化版であったりしても、本人の努力次第でやはり上と「つながり直す」ことは可能だ。(もっとも、“同門”のヤシなんで日ごろからちゃんと瞑想など自己修練はしている。それは前提だ。)



たとえば、四大天使と波動を合わせる訓練をする瞑想があるんだが、始めたばかりの頃は、単に四大天使のエネルギーの違いを理解するので終わり。続けるうちに、波動のより細かな違いが分かるようになり、さらに受け取るエネルギーが増える。そのうち、瞑想中でなくても、四大天使の違いをより正確に把握するようになり、来れば確実に分かるようになり・・・と、どんどん精度が上がる。上がるうちに、一口に「四大天使」といっても、こちらがアクセスできるエネルギーにレベルがあることもわかってくる。やはり、修行者次第でいくらでも奥深くなるものなのだ。武道では基本技が絶技(奥義)となるとはよく言われるように、どんなものも突き詰めていくことができる。



これはすべてにいえる。ヒーリング、伝授されてそのまま単に「さぁヒーリングしますよ」じゃ、バカらしい。自分がほんとのところドコとつながり、どのレベルで降ろしているのか。さらに高次のエネとつながるにはどうするか。内的観察をしながら修練をつめば、より高度化していくはずだ。




アチューンメント系ヒーリングがこれほど世の中に広がっているのなら、せめて、伝授を受けたヤシらは、より精度を高めるその後の努力をして欲しいもんだぜ、と改めておもた次第。せめて、自分が「実はとんでもないもんをおろしてますた。。。orz….」な状態からは抜け出た上でやって欲しいぜ。他者へのヒーリングどころか、自分の浄化もできねぇようなヤシらが自称ヒーラーとしてのさばっているのを見ると、そう思わずにはいられない。



ま。そんな話だ。(藁



と。オレさまのユメにアチューンメントで割り込んできた某師と交わしたぼやきから。(藁 ・・・ユメのレッスンはラクでいいが、覚えきれん。(苦笑



さて。バンチキでも聞きながら旅行の準備ぢゃ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter