スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

スピリチュアル系セミナーで、“プロ”になる?

「1円であっても、仕事として請け負ってお金をいただく者がプロだ。だが、プロとして強い職業意識を持ち、さらなる高みへと上りつめるべく自己練磨できるものは少ない」。そんなある意味当たり前のプロ論をオレさまがエラそうに言ったとか言わないとか、道ゆくGALの間でウワサになっているうれしはずかし34歳漢オレさまですが、ぽまいらはいかがアラフォーの足音を感じてビクビクして生きていやがりますか。




昨日、スピ界でブイブイ言わせている「引き寄せの法則」など願望実現系の批判記事を書いていたが、ふと思ったことがある。



世の中、スピ関係の「セミナー」って結構あるな。色んな資格らしきものをくれたり。中には、なんらかの臨床心理学的なスキルとフュージョンさせたようなものもある。



しかしまー。それがヒーリング系であれ自己啓発系であれ、チャネリングなど純スピ的スキルであれ。「このセミナーを受講すれば、あなたも講師として活躍できる」というパターンが増えているようだ。スピ系セミナーなビジネスね。



どうも、そういうもんの受講は非常に主婦が多いらしいな。「運が良ければそのまま副業にしよう」「独立した仕事になるかもしれない」「スピリチュアル好きだし、パートより全然いい」といったノリで受講するようだ。結果、そういうセミナー主催者のいい「カモ」になっている。



主催者が「成功者の一人」としてキレーなスピ用語で飾った言葉でエラそうにご高説を垂れ流していられるのは、いっちゃあなんだが、あまり考えずに飛びつくのが多すぎるからだろう。ま。主催者側もいつまで続けられるかはしらねぇけど。



オレさまが不思議なのは、「スピリチュアル」な方面は、人の「魂」に踏み込んでいくのに、手軽に資格(?)をとって独立してやっていけますよ的なノリがまかり通ることだ。



たとえば、臨床心理士になろうとしたら、たとえばオレさまだったら、どっかの大学院で臨床心理学を学ぶために2年間通って修士論文仕上げて、国家資格―と思ったら臨床心理士は民間資格、とのこと。財団法人日本臨床心理士資格認定協会―の合格が必要だ。それを経て、はじめて臨床心理士として開業できる。



そして現代心理学を修めてもなお人の魂を扱うには、浅すぎる。



そんな講座の中には、ほんの少しコーチングだのNLPだのを学ばせ、スピっぽいセラピーワークを訓練して、「はい、あなたも講師です! 多くの人を癒し、可能性の扉をあける手伝いができますよ!」ってのもある。



・・・NLPもコーチングも、マーケティング系でよく利用されるスキルだから、なおさら怪しい。(苦笑)



結局、現実ではたいして役に立たない浅い知識とスキルをかじった程度となるのが関の山。儲かるのは、主催者のみだ。



だが、こうしたビジネスはまだしばらくはあとを絶たないだろう。オレさまは、なぜこんなにもこのテのビジネスに飛びつくヤシが多いのだろう?と疑問だった。



そこで、昔、広告系の会社で学んだ「経験ビジネス」と言われていたものを思い出した。



いわゆるなんらかの知識・スキルを学ぶ「セミナー」系って、不況のご時世でも強いものが多い。むしろ不況期だからこそ、「学ばなきゃ!」となるものも多々ある。



この欲求・・・人には、「変身願望」というものがあって、それはとても強いものなんだという。それこそ、たとえばまだまだ社会人の大学院とかも人気だ。というより、今ではフツーになりすぎたほどだ。



人は常に「今の自分以上の何か」になれると信じているんだ。そして「変身できる」キッカケを求めている。



この欲求は、ある程度、学のある上昇志向の強い人々や、さらに今は「スピリチュアル好き」な人々にとても強い欲求じゃないだろうか。



元々、スピ好きはある程度、学のある人々というデータがすでにあるそうだ。きっと、かぶるだろう。



スピリチュアル・セミナーは、そうした人々が持つ変身願望にフックしているというわけだ。



だが、もちろん現実は厳しい。「スピリチュアル」な意味での変身(成長)は、一朝一夕にはいかねぇ。世界各国、古今東西、修行に生涯を捧げた修行者を見ればわかるとおりだ。生涯を捧げたところで、どこまでいけるかはわからん。



ホイホイとセミナー通いをして主催者側に献金するのも、バカらしいぜ。そんなところに行く前に、「なぜ行きたいのか」「その願いはスピリチュアル的にいかがなものか」、もっとじっくり考えても、いいんじゃないだろうか。



いまスピ界が玉石混合とすれば、その責任の半分は、提供側だけでなく、受け手(消費者側)であるオレさまたちの責任でもあると思わねぇか? しょせん、ニーズのレベルにあったサービスしか、現れねぇわな。(藁



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/06/07)
    おっと、コメントに気づかず承認が遅れて失礼! お、うちの会社も本体事業はソーシャルビジネスなんで、 そういうのに興味もってくれるのもうれしいね!
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/06/02)
    たびたびすみません。 投資家より、事業オーナーを目指すなら、宗教・精神世界に生きる人達にピッタリなアクティビストの書籍があるので紹介させてください。 7つの習慣は個人主義ではなく人格主義なあるべき論ですが、あるべき論を超えて「事業オーナー」のソーシャルビジネスノウハウ書籍です。 素敵な書籍をご紹介頂いたので、なうな書籍をご紹介返しさせてください。 (有名な方なのでご存知かもしれませんが。。。) https://www.amazon.co.jp/dp/456984913X この会社のシステムを見れば意思が垣間見れるかもしれません。 こちらをご覧ください。 https://www.borderless-japan.com/whoweare/ 経済に友愛を、お邪魔しました。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/05/27)
    「教える」は重要ですが、力はムーブメントで時代精神なので、感じる人が率先して証明するのが理想だと思います。 ファシリートは誘導の力で必要ですが、思い切りは結局は意志の力なので「覚悟を決めろ」に尽きるとやり取りで学びました。 頑張ります。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/05/11)
    生物多様性と霊性多様性はわりと同じ意味ってことで(笑) なんてやり取りを見ていた人から 神秘学選書講座に「七つの習慣」はどうかという声が(笑) あれをファシリテートするのは難しいねぇ。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter