スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

低次アストラル能力者量産体制

はい、すんませんね。


すっかり多忙ライフに更新をなまけてますわ。忙中閑あり。


少し更新を。



やっぱり、世の中はチャネラーとか、なんとか、低次アストラル界へと通じるエセ能力者を量産するかのようなセミナーは多々あるな。


低次な段階で目覚めたとして、それでいったいなんになるのでろう?


とくにチャネリング。総合的に高い知性、理性、霊性を持つ師が使うことはあるが、それは師が何かしらの必要があって、必要な情報を得るために、特定の層へとアチューンメントするにすぎない。


決して、目的化されるようなスキルではないんだ。


でもまぁ、世の中にはこんなことを教えたり、リーディングとあわせて商売のネタにしているのが、多すぎる。


そういうのには、はなっから近づかないことがベストだ。


ろくなことはない。


ましてや、自身がそうした「能力が欲しい」と思って取り組んでもまったく無意味だ。「正しいチャネリング」
ができるレベルなんて、一人前の神秘家だよ。


トータルに高められた上で、初めて高い層に意識的にチャネしたり、自分でコントロールできる。そうでないものには、決して高い世界は開かれない。何が悲しくて、自分に害なす層へ好き好んでアクセスしようと試みるのかね。


こんなことは、古来、この道の修行者には当たり前のことだった。今更おれがこんなへんぴなブログで訴えるまでもねぇんだ。


ところが、すぴがサブカルチャー的に普及してきた今、興味本位でふみこみたがる人、商いにする人が多すぎる。


客wが深刻なスピリチュアル・エマージェンシーに陥ったところで、対処方法も知らないような連中が、おもしろ半分、金儲けにチャネリングだのリーディングだのオーラ視だのを仕込もうとする。


よしんばそれで多少の霊能が発動しても、百害あって一利なしなのだ。


そんなのに、ぽまいらはひっかかるんじゃないぜ。


ま。そんな話だ。












                     訂正 1  


  「あたい、横道なそれないように注意する!」と思ったら、ぽちっとな。(藁


                        人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter