スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

地底人がいるってCIAが言ってた。

あー、ども。
ぼくちゃんです。


オレさまです、オレオレ。


オレさま詐欺にあいそうな勢いでオレオレ言ってみたい年頃です。


純ブログ記事ってずいぶん久しぶりですな。


ところでね、
最近へんな情報発信しているFBページに、
「いいね」を押してみてるのな。

UFOディスクロージャー
https://www.facebook.com/ufojp


ほら、少し前、米国のCIAだかNSAで働いていたあんちゃんが
ロシアに亡命したことあったろ。


で、その彼がトンデモなこと言ってるようなんだ。


転載する。
(以下転載)
◆CIA元職員スノーデン暴露!米国政府が隠す「高度文明 地底人」

2013年。CIA元職員スノーデンは、個人情報に関して香港で件の暴露をしたあと、ロシアへ。
「ロシアの空港に滞在しながら、さまざまな国へ亡命を申請しましたが、ことごとくアメリカの妨害にあいました」
そんな紆余曲折もあり、8月1日、ロシアに1年間の滞在許可が認められた。
だが、アメリカが個人情報以上にナーバスになっている情報があるという。
「インターネットのニュースサイト『インターネット・クロニクル』に、衝撃的な情報が掲載されたんです。それは、〈地球の地下に、人類よりさらに”知的な現生人類”が存在することを記した文書をスノーデンが明らかに〉という記事です」(ITジャーナリスト)
日本を代表する超常現象研究家・並木伸一郎氏が、次のように解説する。
「インターネット・クロニクルは、アメリカ外交機密文書約25万点をはじめ、匿名で政府・企業・宗教などに関する機密文書を公開することで知られるウィキリークスと同種のものです」
ジュリアン・アサンジ氏が創設し、世界を震撼させた暴露サイトと同種、しかも、「問題の記事が掲載された7月9日は、スノーデン氏はすでにロシアに脱出、ベネズエラなどから亡命許可が出ていた頃。それ以前から、インターネット・クロニクル側と連絡を取り合っていたとされています」(前同)
しかも、インターネット・クロニクルのホームページにはスノーデン氏がスタッフ欄に掲載されている。
(2013.10.05 ライブドアニュース「週刊大衆10月7日号」転載記事)
https://news.livedoor.com/article/detail/8130077/

スノーデン容疑者が米NPO法人「報道の自由財団」の理事に就任することが決まった。同財団が14日までにホームページで発表した。
同財団は、政府の不正や汚職を対象とする調査報道の支援を目的に2012年に創設された。ベトナム戦争に関する米国防総省の秘密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」を暴露したダニエル・エルズバーグ氏らが共同創設者となっている。
元職員はホームページに「報道の自由という大義に貢献する役割を与えられ、身が引き締まる思いだ」との言葉を寄せた。
(2014.01.15 MSN産経ニュース)
https://sankei.jp.msn.com/world/news/140115/amr14011513450006-n1.htm

(転載終わり)



地底人ねー。


高度文明ねー。


なんかねー、
思うわけですよ。


情報機関に所属していたからって、
いや所属しているからこそ、
「接触できる情報」ってのは、
当然限定されるわけ。


まず当然、その任務に応じたジャンルだし、
職位によって情報のディープさが当然違う。


スノーデンのような「エージェント」
(いわゆる契約職員)レベルに触れられる情報ってのは、
当然限定的だ。


話としては、
「元CIAの男がリークした・・・」というのは、
面白いんだけどさ。


この並木さんとか、
トンデモ作家というのは、
すぐにこういうアヤシイ話に飛びつくのな。


まぁね、アレですよ。


どっかの「もうすぐ宇宙人がやってくる!」の
クルクル詐欺じゃあるまいし。


2014年も、
宇宙人の公開来訪なんてねーよ。(藁


最後は夢もロマンもない話でしたとさ。


ま。そんな話だ。








          人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter