スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

オーラリーディングといかがわしい性格診断とは一切関係ない

はい、どーも。オレさまです。胃もスカーリ元気になり、すでにノド元を過ぎればなんとやらでヘラヘラしているオレさまですが、ぽまいらはいかがGWを浮かれていやがりますか。




あ、さて。



オーラな美人先生も最近よくネタにしていたが、スピリチュアルなティーチングなところも、もうダメだな。古くから偉大な神秘家らは「オーラを診断することと性格分類はいっさい関係ない」と言っていたにもかかわらず、それをやりだしている。



オレさまは英国発のスピリチュアリズムはよく知らないが、オーラで性格診断的なことってこの学派はするのか? そんないかがわしい迷信じみたことはしないと思っていたのだが。



オレさまの買い被りだったのだろうか。あるいは、この素卑ティーチングなセンセーの暴走だろうか。後者の可能性が高いとは思うのだが。



たとえばセンセーは「青いオーラの人は建前が過剰になりがち」という。



さて。オーラが青がメインの人は、どういう「資質」を備えているのかというと、そもそも第六チャクラが比較的発達していることから、青がメインとなってみえる。良い意味で発達していれば、前もいったように、輝度・透明度が高い状態でのブルーとなる。



そうした人は敬虔であり、崇高なるものへの畏敬の念が高かったり、信仰心が高いといった資質を備えている傾向がある。



神秘家で何回か触れた「引き寄せの法則」の元祖と目されてる人の一人、ウィリアム・W・アトキンソンも顔写真をみる限り、この青がメインと思われる。そして何年か前のオレさまも青がメインだった。



さて。アトキンソンとオレさまは「同じような性格」だろうか?



共通点といえば、神秘学を学ぶ、という点くらいだろう。



畏敬の念やら信仰心、あるいは冷静な態度。それは性格か? 違うだろう。それが性格なら「まじめなクリスチャン」なんてみんな同じじゃねーか。彼らはみんなブルーのオーラか?



もとより「畏敬の念」とかを生来の資質として持っている人もいるだろうが、後天的に「備えようと思えば誰でも習得可能な生活態度」といえる。決して「性格」ではない。



「畏敬の念を持ち、信仰心の厚い“物静かな人”or“活発でよく笑う人”」。「性格」としては対照的だが、オーラ的にはきっと同じようなものだぜ。(藁 そしてこの場合、性格とは“”内で表現したほうだろ。



理性、分析力、創造性を鍛えれば、太陽神経叢の第三チャクラが開花していき、結果として黄色のオーラが強くなるが、それは性格か? 筋肉と同じように○○筋が発達している、という特徴を示すくらいじゃねぇか?



オレさまは今は黄色がメインだが、そこだけを見て「理性的な性格なんですね」なんていわれたら、はっきりいってムカつくね。



ブルーのときだってそれは変わってねぇし、今のイエローだってオレさまが「努力の結果として」備えた資質を示している。そういう鍛錬をしてきたことを示しているだけだ。



その程度のコトさえごっちゃにして「オーラリーディング」をいかがわしい性格判断的にしてしまうのは、いかがなものかと思うがね。



オーラリーディングは見る層によって異なるが、その人の霊的発達の度合い、状況といったものを確かに提供する。心身の健康状態といった情報も提供したりする。神秘家の発達度によって、読み取れる内容も進化していくだろう。



だが、どこまでいっても「性格診断」はない。



大体、自分の性格的な長所短所なんざ、オーラじゃなくて、自己認識として自覚すべきもんだろうに。オーラリーディングで性格を的確に読み取られたと勘違いして「すごい! 当たってる!」なんて喜ぶようじゃ、お里が知れるってもんだぜ。



「スピリチュアル」は、そうした「娯楽」ではない。



も少し、マジメになってもいいんじゃねぇの。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter