“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

霊的な原理・法則

はい、どーも。オレさまです。



ところで、霊的な原理というと、いわゆる「原因と結果の法則」がありますな。



しかし、もちろんそれ以外もいろいろとあるわけで。



原因と結果の法則から、いわゆる「引き寄せの法則」とかが派生的に生まれてきたわけだ。



次回の講座は、こうした霊的な原理のお話。



「上の如く、下も然り」。



伝説的練金術師とか神秘思想家と言われるヘルメス・トリスメギストス。ヘルメス文書など古代神秘思想の代表的文書を著したとされる偉大な賢者。史上唯一、賢者の石を手にしたともいわれる。



そして、練成陣なしの練成、手合わせ練成を生み出し、等価交換の原則を打ち立てた。



まぁ、実在を疑われているし、ヘルメス学といえば、特定の神秘学というより、ネオ・プラトニズム的神秘思想を追求しようとする思想それ自体を指している向きもある。



まぁ昔ダンに聞いたところだと、実在というか一人個人というより、「エジプト由来の神秘学でマスターとなった神秘家の敬称みたいなもの」という解釈だった。



だからいわゆる「ヘルメス」として伝説的に描かれている人物もいただろうし、そのヘルメスに前後しても「ヘルメス」はいたわけだ。



そしてまた「ヘルメス」とは、言い換えれば、「翼を持つ者」だ。その翼は叡智の世界へと飛翔し、「上なる世界のことわりを下なる世界へ」ともたらし、「下なる者を上なる者へと」と飛翔させる。



この「ヘルメスたち」の報告が積み重なり、生まれたのがエジプト由来の神秘学であり、地球に残されている神秘思想はすべてここに由来する。この積み重ねを我々は便宜的に、神秘学と総称的に呼んでいるというわけだ。



そしてその根源的な叡智の一つが「原因と結果の法則」なのは、言うまでもない。



ヘルメスの知識とは、科学者がこの世界の原理原則を紐解き、人間に利用する術を与えたように、宇宙のことわりを見出し、人に与えるのだ。



もっとも、どこまでいっても、宇宙は・・・「全なる者」は、人の理解を超えているのだが。人には絶対無限は、決して理解しきれない。



理解できる範囲は小さいが、それでも偉大な叡智であることは間違いがない。



そのエッセンスとも言うべき原理・法則を学び、少しずつ理解し、人生に応用していこう。



叡智は人に理解され、用いられることを待っているのだから。



ま。そんな話だ。

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/29)
    >天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? 微妙。シャマエルは確かにルシファのエレメンタルとして活動するね。その作用は「機能的」なのであまり悪魔として認識されないように思う。 いわゆる「悪魔」とは別と考えた方がいい。 シュタイナーの文脈でいえば「アーリマン」に属する人(笑)たちが悪魔だねー。 悪魔は人間の感情をトレースできるので「善でも悪」でも柔軟にw行動できちゃうけど、ルシファーとかは根本は大天使なので「悪と呼ばれる行為(作用)しか」(ルシにとっての善)できないわけです。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar ひろ子 さんより(19/07/29)
    昨日教えてもらったことを復習しにやってきました☆ 天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? とするならば、私たちの肉体を司る存在の中に悪魔がいる!? 気になります。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter