“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

スピリチュアルな瞑想の方法・効果、やり方・仕方の話~瞑想で特定の光にアチューンメントして波動を高める~

どーも。夏樹です。

またそろそろ瞑想シリーズに話が戻ります。

スピリチュアルにおける瞑想の方法論、簡単なやり方、

その効果、

そして取り組み方などを取り扱うシリーズだ。

 

 シリーズ1作目の

スピリチュアルな 瞑想―やり方とその方法について

が未読な方は先にどうぞ。

 

さらに同シリーズの2作目はこちらっす。

スピリチュアルな 瞑想―やり方とその方法についてのシリーズⅡ



 

今回はこれまでより少しエソテリックな瞑想の方法、やり方について

 

ただ今回は、「スピリチュアル」という軽い世界というより、

もう少しエソテリックな方法かね。

そちらの瞑想法について触れてみたい。

 

この瞑想法は元々、オレが薔薇十字系として一番練習した瞑想かなー。

昨今はダスカロス系の色が強くなってるけど。(笑)

 

 

ただ今振り返って思うのは、この瞑想の方法は霊的能力の開発というより、

波動の向上、心魂の浄化という側面という役割がが強いように思う。

 

しかし、アレだね。

 

講座の日が近づくと、

「告知しないとなー」

となるから、

記事とかメルマガをキチンと発行する

いい強制力が働くわ。(笑)

 

詳細は下記をどうぞ。


神秘学講座について(月イチです)

 

もちろん今回が初めてという人もOK。

 

さて本題。

 

前回のは、植物の「種子」にアチューンメントして、植物が「成長」する力それ自体に自身を合わせることについて書いた。


今回からは、薔薇十字瞑想を分解して解説する。


前回の種子の瞑想は、

薔薇十字瞑想への

前段階的なものだ。


今回は、薔薇の成長のプロセスを心魂のうちに観察し、集中すると、自身の浄化、魂を高い世界へと導くことについて伝えたい。

 

 

種子からの成長と植物の「緑」の輝き、

そして花弁の赤について

 

薔薇が地中から、

根を張り、

少しずつ成長していく。

 


そのさまを観照し、

内的に観察する。

 

そのプロセスは同じなんだよね。

 

ただこのとき、

薔薇の茎を流れる

樹液を観照しよう。

 

人体でいったら、

それは血液だ。

 

人間の低次元の動物的衝動は、

血液を通して湧き上がる。


そこには、

低次元な欲望に貫かれた「熱」がある。


しかし、植物の場合はどうだろう。


純粋に、

ただただ光へと向かう

衝動に貫かれている。

 


それが緑の茎を流れる樹液の純潔性だ。

 

強く、恋い焦がれるほど光へと向かい、

成長の衝動に貫かれているのに、不純さは一切ない。

 

 

一方人間は、

血液を「赤く」進化させたとき、

この純潔性を失ったのだ。


だが、

樹液がバラの花弁を流れるとき、

「赤く」なるにも関わらず、

その衝動は純潔さを保っている。

 

心魂のうちで薔薇の花弁を見つめる。


ふと私は思う。


「私がこの高貴な「赤」の

 衝動を取り戻したら

 どうなるだろうか」


心魂のうちに、

薔薇はさらに輝く。


薔薇の赤き花弁は、

人の衝動が、

より高次で、

純粋さを取り戻したときの象徴なのだ。

 

心の中で、薔薇を輝かせる

 

そのように、

心魂の内で、

薔薇を輝かせる。


薔薇の澄んだ緑と赤の波動を心の中に響かせる。

薔薇の波動に魂を震わせる。

 

薔薇を視覚化し、ただただ一体化していく。

 

そうやって、

薔薇というシンボルの持つ

力によって、

魂を清め、

抱く欲望自体を

高次化させていくのだ。


まぁ時間はかかるけどね。

 

こうした地道な作業が、

人の「波動」を高めていくわけ。


一朝一夕でどうにかなる

モンでもないさ。


次回は、

もう少し進んで、

内観する薔薇に、

黒い漆黒の十字架を

重ね合わせて視覚化する

最後のフェーズまで話してみたい。

 

編集後記

と、今回から瞑想法の中でも、

オレがかなり打ち込んだ瞑想法の一つ、

薔薇十字瞑想について。

霊的器官の開発から霊性の向上、

視覚化、波動の向上、

心魂の浄化、

まぁいろいろと効果の

高い瞑想法だと思う。

 

本気なら年単位で取り組む

に値する行法だよ。

んじゃ、続きは次回に!

 シリーズ4作目「薔薇十字瞑想」ついてはこちら。

 

 

神秘学講座はコチラ。

神秘学講座について(月イチです)

 

 

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を待ってます。

内容にもどんどん質問してくださいね。

 

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック

「神秘学ベーシックテキスト」

プレゼントしています!

 

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/03/19)
    >オウア コメントありがとよ・・・。 しかしな。 うん。。 長くコメントくれたのはまぁいいんだが、 すまんがも何を言いたいのか読みとれんw なんとなく意味論、それも認知意味論的な落としどころに 話を持って行ってる気もする。 不倫自体を意味論的に解釈してスピか哲学的に落とし込むのは意味がない、 としているのか。 なかなかに悩ましいコメントだな。(笑) このコメントの描こうとしてる結論に意味はあるのか、 思わず考えてしまうぜw
    » 霊視に依存する女性は危険?スピリチュアルと不倫の意外な関係性
  • User Avatar オウア さんより(19/03/19)
    メンヘラ特集みたいな纏めですねw 都合がいいところしか見ない点とか、結局法律を含め本質をわかろうとしないのだから仕方ないのだが(^_^;) 意味以上のものは「命は求めない」極論かつ真理(´・ω・`)それをわからんわからんなら、哲学でもスピにしろピエロと違いない。 言ってて厨二病みたいで失笑ものだが、意味以上の概念が出ないのだし(´・ω・`)どう表現したるべきか 意味〈理由〈動機〈行動〈過程〈結果〈経験 現状、命は意味以上のものを求めていないと言う他ない、本格的な探求者にこう言うのもある意味失礼ですが、意味は意味へと戻るというか……北斗のケンシロウの兄ちゃんも一辺の悔いなしとか言って爆発したしさ・ω・ 後悔少なく反省多く、後悔は時間かけて反省に落とせと言うしかないのよね〜(´・ω・`)意味こそ原点という理解です その先の意味以上のものをものはあるものなのか、よく言う「愛」にしろ意味以上の概念にはならない。あえて言うなら愛憎ぐらいのものかな?でも意味以上にはならない。 まるでジョジョの奇妙な冒険だ(^_^;)
    » 霊視に依存する女性は危険?スピリチュアルと不倫の意外な関係性
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/28)
    ゆうゆう まーほんと。 そういうこと言うヤツぁ流行りに のっかってるだけだろ。 「占い師に過去世とか聞いてくる人たちもいて困る」 という占い師側の苦悩も言う人はいるけどw 機械のやつな。どうだろう。 いわゆる「オーラ」とされている色に、 身体のになんらかの情報を変換しているだけだろ。 そこにどんなアルゴリズムがあるか しらんけど。 信ぴょう性はないと思ってる。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar ゆうゆう さんより(19/01/28)
    興味深く拝見いたしました(^^) 実際、まともな占い師さんで「オーラが…」なんて言いだす人はいませんね。 オーラといえばキルリアン写真を思い出しますが、あれは信ぴょう性あるのでしょうか… ゲーセンやスピサロンでオーラ写真とかオーラ判定とかやってますよね。あれもどうなんだろ? ご意見お聞かせ願います。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter