“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

スピリチュアルな 瞑想―やり方とその方法や効果について

どーも。

夏樹です。



ブログとかも使って

ここところ、

スピリチュアルと病気関係に

て書てき

テーマは引き続き




一方で走らせて

テーマとして、

スピリチュアルと瞑想、

のやり方とか方法論、役割、効果などなど。


最近、

ことに触れてになかっ



そもそも瞑想とはなんだろう


瞑想を定義することは

正直難し



本人レベル、

そして目的別に

多様なレベルがあるからだ。



しかし、あえて言うと、


「主体的に永遠へと

 向かう取り組み」


と言えるではなかね。



神人合一。


テオーシス。


霊的に言うところ、人生意味。

輪廻して歩み続ける意味。



神は、神になるめに人になっだ。



ような言葉でも

表現することがある。


瞑想は、

そんな目的に向かう

行法とえる。




だが、言葉は問題じゃな


そう、言葉はたいした問題じゃない。


要は愛なる永遠性とひとつになることを

最終目的にしワークだ。



もちろん多様なレベルが

あると言っように、

瞑想方法や目的・効果も多様だ。




とえば、

内省・観察を活用しつつ、

あるは前提にしつつ、

自分人格浄化を図る瞑想。




とえば、

視覚化を伴

ある種能力を能動的に

開発する瞑想。



とえば、

視覚化を伴

意識を拡大させ、

自己認識を超えてく瞑想。



とえば、

特定チャクラ開発を

目的とし瞑想。



書きだしら、

キリがな




とりあえずここでは、

瞑想も種類や目的が

くさんあるんだなー

くら認識でと思う。
具体的な瞑想方法、
そのやり方とか方法については、
また次の記事で触れていく。
ここでは、
まず概論的な理解を得てほしい。




国へ5つ黄金鍵として瞑想


ここでよく触れる

キリスト教神秘主義に


連なる神秘家ダスカロス。



言葉を借りれば、

瞑想は

「天国へ5つ黄金鍵」

ひとつだ。


簡単に言うと、

人がスピリチュアルに進化する

めに取り組む5つ項目ひとつ。




内省

観察

集中

視覚化

瞑想。



それぞれが補完的に

作用するけども、

瞑想は、

内省から視覚化までが

きちんと培われてと、

確かな効果を得にくくはある。




内省から視覚化まで、

わば内面世界的に

取り組んできが、

瞑想に至り、

外的成果を得る訓練

側面も伴うからだ。



・・・

すごーく俗っぽく

言うと、

霊的能力等を得り、

開発しり、

高次存在とコンタクトしり、、

うこともある、

うこと。




だくれぐれも言うけれど、

はなからそっちを目的にすると、

容易に失敗する。




とりあえず、

今回はここまで。


瞑想関連記事、次回作スピリチュアルな 瞑想―やり方とその方法・効果についてのシリーズⅡはこちら。


編集後記


やはや。

分かる人向けマニアックな話。


最近、まコツコツと

「シンボル・オブ・ライフ」

探究に取り組み中。



まあそもそも、

最初小路(パス)を

登って

ヘラクレス難行が文字通り

難行なんだけどね。




まぁそれはそれとして、

まに思う。



あるところに、

人類め、

先へ進む叡智を

地上にもらし方が




何度も何度も地上に

転生し、

ときには失敗しつつ、

あまりにも「人間らしく」

生きてしまっ





それでも何度もやってくる。

自分持ってき叡智を

さらに地上で探究と

あわせてより磨き上げ、

めに尽くす。



見返りは少な



例えばそような

神々世界から

身に「降りて」

存在を

ヒンドゥー教だと

アヴァターラなんて言う。



仏教だと●●権化、

って言葉が元はそ

意味じゃなかっかな。



ずれにしても、

すごコトだと思う。

途方もつかな




でも、ひとつ断言できる。



オレも、

そしてぽまらも。

今日どこかで深罪を

犯してしまっ誰かも。





一人残らず。


ひとり残らずだ。


、クソッれな

アンチクショウすらも!!!


・・・・


・・・・




おっと。

具体的某氏を連想しちまっが、

まぁご愛嬌だ。フッ。



えーと、


なんだっけ。


あー、そうそう。

アレね。



一人残らず、

どんなヤツでも、

う話ね。





ずれは、

高き存在となって、

世に尽くすめに

降り立つ日が来るだ。





そこは

地球かもしれなし、

地球でなかもしれな




今日取り組む瞑想は、

そんな境地へと至る

第一歩になるかもしれなだ。





強引に結ぶと、

まぁそんな話ってことさ。

シリーズの続きは、こちら。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter