“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

スピリチュアルな 瞑想―やり方とその方法・効果についてのシリーズⅡ

さてさて。

瞑想についてしばらく書いて

いきたいというコトを書いた。

シリーズ1作目の
スピリチュアルな 瞑想―やり方とその方法について
が未読な方は先にどうぞ。

 

さて、とりあえずは、

ビジネスパーソンにも

役立つ・効果がある瞑想ということを

念頭にある伝統的な行法

をバックボーンに据えた

方法論について書いていこう。

 

スピリチュアルな瞑想の方法は、

本当にいろいろな種類があるからさ。

 

瞑想とは。方法とは。やり方とは。その効果とは。

瞑想のし方とか・・・。

ほんと、キリがない。

 

生命力を見つめる瞑想の方法で
得られるものとは?

 

前の講座で実施した、

次のような視覚化の訓練がある。

視覚化の訓練で、

とくに自然のもの(野菜とか花)

とかにアチューンメントを

試みて、

本来自分が知らなかったコトも

理解していうタイプ。

これも広義の瞑想なんだけどね。

 

で今回紹介するのは、

アチューンメント=波動の一体化

を同様に意識するんだが、

よりイマジネーションが

ものを言う。

 

これにはあるモノを

使う。

それは、植物の種子だ。

そして一定時間種子を

じっくり観察し、

観察した対象(植物の種子)

を目を閉じて克明に思い出す。

 

記憶に浮かぶ姿をよく観察し、

集中すること。

※このプロセスがシュタイナーが

よくいう「魂を沈潜させる」

というもの。

 

 

ここまでが、

講座でも練習した

観察と視覚化の訓練だ。

これはそのまま瞑想の

方法の一つだ。

これを一歩先に進めよう。

 

イマジネーションで生命力の

働きを見つめる

 

 

あなたが選ぶ

その種はなんだろう。

 

できれば毎日観察し、

スケッチしたりして、

いつでも国名に

種のシワひとつまで思いだせる

ほど観察しきってみよう。

 

さて、その種はもし土に

埋められたら、

いずれはどのような姿になる

のだろうか。

 

何かの花だろうか。

 

あるいはドングリの実で、

いずれは雄大な巨木になる

のだろうか。

 

記憶像に沈潜しているあなたは、

ここでイマジネーションを

機能させる。

 

あなたはこれまでは

ただ観察するだけだった

種子にイマジネーションで

働きかけ、

次のプロセスを見るだろう。

 

漆黒の闇の中、

種子は大地という布団に

くるまれ、

水やミネラルの養分を

ふんだんに受け取るだろう。

 

種子にとって、

闇は優しい世界だ。

 

母のお腹にいるように

安全にくるまれ、

優しく養われている。

 

 

やがて種子は、

自分の中で何かが

脈打つのを感じる。

 

力だ。

 

外へ向かう成長力だ。

 

やがて根を伸ばし、

空に向かって

芽を向かわせ始める。

 

自分でも

なぜそうするのか分からない。

でも、

ただそんな衝動が強く

湧き上がってくる。

光だ。

上には光がある。

生命は、

光さす方向へ向かうのだ。

 

 

生命力とアチューンメントし、

波動が高まり、成長する力が心魂に響く

 

 

種子に秘められた

生命力はすさまじい。

あんな小さな一粒が

大輪の花を咲かせ、

あるいは

巨木になるほどの力が

秘められている。

 

やがて大地に目を出した

小さな芽は、

ついに目にした降り注ぐ光を

直に感じる。

 

「光だ。あれが光だ」

 

言葉にならない言葉で、

草木はそう感じる。

なんという喜びだろう。

草木はまっすぐに、

ただまっすぐに、

光へと向かう。

 

同時に彼らは知っている。

正しく、

そして力強くまっすぐに

光へ向かうためには、

その分だけ深く、

地に根を張り、

深く闇へと足を下ろす

ことも必要なのだ。

 

なにせ地上では、

猛々しい風雨など、

困難な試練も数多く

待ち受けているのだから。

 

だが、いかなる困難も、

種子が育ち、

光へと向かう湧き上がる

想いを抑えることは

できない。

 

そして成長した種子たちは、

少しでも多くの光を

受け取ろうと、

手(葉)を広げる。

お返しと言わんがばかりの

美しい笑顔(花)を咲かせ、

色とりどりの微笑みで

「ありがとう」と感謝する。

 

・・・・あなたは、

手のひらに収まる

一粒の種子を観察し、

そんな未来をイマジネーションで

認識するだろう。

種子をみつめ、

生命の躍動を感じ、

未来への萌芽を感じとる。

 

このプロセスを通して、

あなたは何を得るだろうか。

生命力の逞しさ。

光へまっすぐ向かう純粋さ。

地に深く足をつける

ことの大切さ・・・。

言葉にしたら、

なかなか書き切れない。

 

でも、

人間よりあとに続く進化の

段階に在るはずの植物は、

人間が進化の過程で後退させて

しまった大切な力を、

未だ高き純潔さとともに有している。

 

あなたはそんな種子と

波動を一体化させることで、

逞しい力や光へと向かう純潔さなど、

多くのものを得ていくだろう。

 

長くなった。

いささか

物語調になってしまったが、

今回はここまで。

 

編集後記

 

どうだった、今回の内容は。

我ながらいつも以上に

マジメに一気呵成に

書いたのだが。(笑)

またおりに触れて感想とか

くれるとうれしい。

 

シリーズの3作目は、
もう少しエソテリック(秘教的)内容になります。

 

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を待ってます。
内容にもどんどん質問してくださいね。

 

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

    • たまに あそぶ
    • 2015年 12月 04日

    こんにちは♪なつき様

    感動しました。私もやってみたいと思いました!

    ありがとうございますm(__)m

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/13)
    オウア 「愛」っつーもんの定義が社会科学的に出来んだろうからそりゃあ難しいだろうさ。 ああ。マザーテレサの狂気性や虚偽性、予定された列聖、欺瞞はもろもろ巷間言われてるな。 それでもアイコンとしてわかりやすいだろ? ナイチンゲールみたいなもんだよ。(笑) でもっておれは彼女のしたことはできねぇしな。
    » スピリチュアルな意味で正しい愛の状態とは?
  • User Avatar オウア さんより(18/05/13)
    スピリチュアルの愛とは、法律・条約等を「愛」の一文字で回すことだと思う(´・ω・`) できるものならやってみろと思わずにはいられない(^_^;) ちなみに、マザーテレサはカトリックの威厳の回復を目的にでっちあげた人物ですよ。 学校建てると募金してネコババしたり、痛みに耐えるのが素晴らしいとか言って見放す割に自分には最先端医療を求めたりしてたようです。日本円で28億円相当を荒稼ぎしたと記憶しています。TVで放送された奇跡はなかったとかなんとか。 「真偽はともかくこの言葉が好き」 そう言われればそれまでですが、なんだか違和感を感じてしまう自分がいる(^_^;)
    » スピリチュアルな意味で正しい愛の状態とは?
  • User Avatar 出之 さんより(18/05/03)
    今日は 通貨は負債ですね。 価値ある商品と交換されて初めて機能すると。 http://workhorse.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_55d6.html
    » なぜエセスピはお金をエネルギーと言いたがるのか
  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    認める迄が ↓ココ ー\/ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーー ーーーーーーー (魂?) なイメージかな? こんな真っ直ぐじゃないけれど。 今の実感としては、入口さえ間違っていたから明後日の方向に行ってるのさえ気付かなかったのが、(自分に至る)入口をやっと見つけた、しかもめっちゃ目の前にあった!っていう迄が長かったから、分析・解体が遅々として進まなくても、「あ、今なんか違っているかもしれない」って気がするだけで、自分にとってすごく進歩しているように思えるの。 で、一回「よっし!これだ!答え(分析結果)出た!」って思っても、 次の時に同じ答え(分析結果)がどうもしっくりこなくて、 「あれ?一回めのはなんだったん?」て戻ってみたら、更に隠れていた答えが見つかって… の繰り返しかな?と(今のところ)思っていて、 正直、自分は内省をしている感ほぼ無いし(←ここにも思い込みがありそう)、 理性ってなんなん?って思うけど(理性が分かっていないことが分かったw)、 これは続けていくしかないな(多分そうせずにおれない)という気がしている。 そんなだから、ダスカロスのチェック事項、まじ多過ぎる。 とっても手がまわんない。 ただ、それだけあるって知っておくと、 光の当てる角度が変えられるっていうのはあるのかな? 何度も云うけど、今の私の雑感だから、後々、 「うわ!全く違ったわ!」となるかもしれん。 それでも北極星が見えているだけで全然気持ち的に楽なんだな。 自分を責めるのって、 自分がすごく正しいことをしているような気がしてしまうんだよね。 それでなかなか止められないのかも。
    » エゴイズムと向き合う

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter