“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

瞑想と祈りと言葉にはどんなスピリチュアルな意味や効果があるのか。

どうも。なつきです。今回は、ふとタイトル通り、「瞑想と祈りの言葉にはどんなスピリチュアルな意味や効果があるのか」について考えてみたい。

 

スピリチュアルな行法で、時折、祈りの言葉を伴う瞑想がある。まずそもそもの定義として、瞑想とは、究極的には「神的世界の叡智を深く理解していくための受動的プラクティスである」と考えている。理解したい対象に魂を沈潜させ、対象それ自体に意味を開示させ、真実を理解していくのだ。
(※能動的に特定の能力等を開発するときにも使用されるが、それらは「視覚化」や「集中」のプラクティスでの文脈で語られるべきことが多い。なので「比較的」だが、瞑想はそれらよりも受動的という意味。)

 

そもそも祈りとはなんだろうか。

人は何を願うときに、人智を超えた何かに訴える。

人は人智を超えた何かに畏怖するとき、自然と頭を垂れて、何かを求め、すがる。

 

祈りとは、人間を超えた何かに対しての心情と願いの表明から生まれる行為だ。そこに慎ましやかな「畏敬の念」が伴えば、それは「善性」を帯びる。そして集中された祈りは、人の感情と思考の力が注ぎ込まれ、エレメンタル(想念形態)を創造する行為となる。

 


つまり祈りとは、人が神に与えられた神的力の発露としての「創造」なのだ。これが、「思考は現実化する」の真の意味だ。正しい心情・思考によって生まれたエレメンタルは、神の目から見て正当な願いをかなえるべく動く。その祈り力の総量や願いの難度によって現実化のタイムラグはあるが、一度生まれたエレメンタルは、「必ず生まれた目的を達成する」。たとえそれが複数の転生をまたぐものであっても。


だから自分の願いには注意深く観察し、善なるものであるようにしなくてはならないんだ、オレたちは。なぜなら、自分の望まぬ時期に、かつていだいた願いがかなうこともあるからだ。するとそれは新たな後悔の芽となることもあるのだ。それはもう、自分の人生を悪い方向へ変えてしまうことになりかねない。


この創造(祈り)と瞑想が重なるとき、人は神の現身として、正しく力を発揮する霊的な責任があることがこれでわかっただろうか。そしてそのためにも「心と魂」を正しく在らせる必要がある。そのサポートを行うのが、「言葉」だ。自ら心に抱き、声に出すことで、その言葉の意味する状態に、外的力として働きかける。


例えば、「わが身が神の御心に叶うように心清くありますように」と口にすれば、そう在れるように、わが身を近づけてくれる。言葉は・・・聖句(マントラ)はそのように使用することができる。


だから、瞑想と祈りと言葉の三つが重なるとき、霊的にはとても大きな創造の力、神に与えられた力が働くことが想像に難くないだろう。

 

 

瞑想と聖なる言葉と祈りを一つに重ねる

よく講座では、薔薇十字瞑想のレッスンのときに、最後にオレが薔薇十字瞑想の聖句を詠唱する。「言葉それ自体の持つ力」で薔薇十字瞑想の効果を高めるため、外的に働きかけているわけだ。言葉は耳から入り、意味となって心に作用する。言葉は波動として響き、身体に波紋を起し、作用する。


ゆえに瞑想と祈りと言葉は、その3つが合わさるときに、心と肉体と魂のすべてに働きかけて、創造の力を高め、善なるエレメンタルを創造する。神的叡智を学ぶ者は、その意味を知り、正しき目的のためにこの力を行使せねばならない。


善は死なない。


善なる願いは永遠へと飛翔し、その目的を果たし続けることだろう。


もし・・・これを読む人が、エゴイズムからではなく、真に世界を癒すことを願い、祈るなら。その祈りはエレメンタルと呼ばれる力となって、世界への平和へと寄与するだろう。あるいは誰かたった一人を癒す祈りをすれば、その祈りはエレメンタルとなって、その人のもとへ行き、その目的を果たすべく活動するだろう。


すべての人が、善なる力を正しく使えるように。おれはそう願うよ。


・・・つか、少なくとも、おれの講座の参加者なら正しい目的のために正しい心と思考で使えよ(藁

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
プロのヒーラーが学びに訪れる
スピリチュアルの専門家が
書き上げました!
 
1055人が読むだけで元気になり、
 
「人生を諦めない!」
 
と気力が爆発した8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/


より詳細な説明はコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter