“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

内省を深めることの意味について神秘学的見地からの考察

どうも。夏樹です。
今回の内容は、
メルマガ魂の神秘学Vol.44『神秘学の基礎にして深奥─内省その3』を
少し編集してお届けします。

 

内省とはそもそも何か考えなおしてみよう

アンタたちーー!!

寒いわね。

寒いじゃない。

冬がアタイを暗殺しようと企んでいるとしか思えないわ!!


……。


( ´,_ノ` )y━・~~~~ フーッ・・・。


と、思わず寒さに取り乱してしまった夏樹ですが、
ぽまいらはいかが子猫のように震えていやがりますか。

さてさて。

恒例のアホな挨拶はともかく、
内省についてその3をはじめよう。


今回は、内省の具体的方法論について記していこう。


もう一度繰り返すが、
内省は潜在意識に理性の光を届け、
ジャングルのように混沌している状態を綺麗にしていく行為だ。


「外界とは内面の反映である」
とスピリチュアルでよく言うところだ。

オレも同意する。


そして内省とはこの内面を整理整頓する行為
という認識でとりあえずいいだろう。


↑今、コレ、めっちゃ重要なこと言ったのに気付いた?

 

詳細はまた別仕立てで解説する必要があるが、
大半の人の引き寄せの法則や、
アファーメーションなど、
「願望実現系メソッド」が
大してうまくいかないのは当然と前回書いたよな。


最近では、
「お金に対するマインドセット」
とかいうのも流行ってるけど、
それも本質からズレてる。

最近ではどっかのスピなオピニオンリーダーまで
そんなコト語って顧客獲得につなげているらしいけど。(苦笑)

 

本質じゃねーなぁ。


ぐちゃぐちゃなクローゼットに、
さらに服を突っ込むようなもんだ。


じゃあうまくいかせるには?


という問いへの答えそのものが、
今さっきサラリと書いた一言に含まれてるからな。


ただまぁそれはまた別の話。

 

内省の主要な方法論

静寂2

 

基本的に、おれが推奨しているのは

次の二つの方法だ。


一つは、
シュタイナー系神秘学の内省として
採用されている「逆観」。


一日の終わり、ベッドに入る前だ。

そこから、その日の朝起きるまで、
映画の逆回しのように自分の言動のすべてを観察していく。

時々に、反省を入れたり、
改善点を考えたり、
一日の自分を振り返るんだ。


ただし、
感情的に後悔したり、
怒ったり、
悲しんだりはしてはいけない。

 

客観的に、
自己分析に徹する。
10~15分くらいかけて行うのがベストだ。


この作業をすることで自己分析が進み、
いかに日々自分が無意識的に行動していることが多かったか、
浅慮であったか気づき、
自分の行動が理性的になっていく。


で、この方法もいいんだが、
オレが一番勧めるのは、
ダスカロスの内省方法。
(キリスト教神秘主義の神秘家)


次の問いかけを自分にして、
一日を振り返り、
自己分析を続けていくんだ。


「思ったり感じたりすべきでなかったことで、
 思ったり感じたりしてしまったことは何か?

 思ったり感じたりすべきだったことで、
 思ったり感じたりしなかったことは何か?

 言うべきでなかったことで、
 言ってしまったことは何か?

 言うべきだったことで、
 言わなかったことは何か?

 すべきではなかったことで、
 してしまったことは何か?

 すべきだったことで、
 しなかったことは何か?」



思考・感情・行動の三つの点から、
裏表反対になった2つずつの質問によって、
己を振り返る。


問いをあらかじめ立てることで、
何に焦点を当て、
どう考えるべきかが用意されているので、
取り組みやすい。


シュタイナー系の内省のほうは、
エーテル体(記憶力)が活性化するというメリットはあるが、
そういうのは別のプラクティスに任せていい。


内省は内省として、
こちらのプラクティスのほうがやりやすいと思う。


そしてこちらも同様に、
決して自己憐憫だの後悔だの、
感情に埋没しないようにな。

 

 

内省は、「理性」というキリスト意識の力を高める。

内省の実施で注意するべきことは、
常に客観的に、
そして理性的に自己分析をするようにすることだ。


その積み重ねが、
理性の光を強くする。

神秘学的にいえば、
「理性」とはキリストが司る力だ。
理性が増すことで
キリスト意識に近づくというのも当然という気がするな。

そう、
理性の力で己を分析するということは、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キリストの光で内面を照らす、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということなんだ。
~~~~~~~~~~~~~~~

世の中、へんな自称ヒーラーが、
「キリストの光をあなたに注ぎます」
みたいなコトをよく言ってますが。(笑)


うさんくせぇ。。。


なんで世の中、
うさん臭い連中ほど愛だの光だのを語るのかね?


まぁいいや。


そんなものよりも、
自分の中に備わっている理性の光を
使うことは、
自分にキリストの愛を注ぐことと同じだ。


本当に大切なものは、
すでに我々は持っている。


聖書的に言えば、
人は「神のひとり子」なのだ。


生まれた時から持っている、
神様からのプレゼント。


それを正しく使えばいい。


まぁそういうことだ。


情報過多になってもいけない。


まずは、
しばらくこれだけに取り組んでみることを勧めるぜ。


ま。そんな話だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そんなわけで、
内省についてつらつらと書いてきた。

内省は日々のメソッドとして、
生涯実践するベーシックなメソッドに相応しい。
スピリチュアルな力を実感するベース作りにだってなる。
とにもかくも、
スピリチュアルな道、すべてのベースとなる。

その中には、
ヒーリングだってあるし、
引き寄せなど願望実現系だってある。

今後オレが講座運営活動を通じて伝えるだろう、
経済・社会的充足を図るメソッドだって、
ベースにやはり内省があるし、
効率性や霊的倫理の上でも不可欠だ。

その意味を今の内に少しでも理解しておいてほしいと思う。

一日10分。
スピリチュアルな道に関心があると言うのなら、
すべての人が内省に取り組むべきなのだ。
ま。そんな話だ。

 

追伸

もう登録されましたか?

いい加減な似非スピを一刀両断!

加藤夏樹のメルマガはコチラから。
ガチの神秘学から、成功哲学まで幅広く扱ってます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter