スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

【魂の神秘学】Vol.25「弱い人間」に魂の処方箋としての神秘学

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.25「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・「弱い人間」に魂の処方箋としての神秘学

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「弱い人間」に魂の処方箋としての神秘学
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪神秘学講座開講します。≫
申込み詳細はコチラ。



どーも。オレさまです。

さて。

今回も質問に回答するというたてつけでのメルマガだ。


こんな質問があったんだ。


意志や気が弱く、
苛められていたこともあります。


そんな人間が神秘学を学んでもいいのでしょうか。
あるいは役に立つのでしょうか。


オレさまはそれを読んで思ったね。


声を出して言いたい。


そんな人こそ、
神秘学を知ってほしい、と。


オレさまはよく思う。


神秘学というか霊学というか。


このテのことは、
「魂の処方箋」であるべきなんだ、と。


大上段に構えれば、
神秘学は、人の霊的進化を促し、
人として進化し、
神へと近づいていくための学問であり、
行法だ。


究極的には、
人生とは、
それしか行われていないことを明らかにする学問だ。


だからこそ、
神秘学は、
人生が辛く絶望し、
生きることの意味と喜びを見失い、
魂の夜に突入している者に火をともす。


この世界の意味も、
その苦しみの意味も。


自分なりに意義ある意味を見出す手助けをする。


それはきっと、
生きることの意味を見失った者にとって、
寄るべき魂の航路図となるだろう。


そして己が「弱い」という者に福音をもたらすだろう。


変わりたいと願う気持ちが本物ならば。


神秘学が持つ魂の進化論としてのシステムは、
意志を強くし、
向かうべき目的まで歩み続けて、
折れない心を養う術を提供する。


それはきっと救いになるだろう。


いつの世もあるかもしれない。


しかし、
たとえば子供が人生に絶望し、
自殺する。


そんな報道を目にしたとき、
一時は「かわいそうに」と思うが、
誰もがすぐに忘れる。


おかしいじゃねぇか。


「子供が絶望する」社会って、
根本的に間違っている。


いや、大人であっても、
絶望し、命を絶とうと思う、
思わせる社会は、
間違っている。


しかし、
社会の変化なんて待ってられねぇ。


だったら、
手の届く範囲の「心が弱い」と思う人たちに、
オレさまは神秘学を通した、
この世界の意味を伝えよう。


生きることの意味を伝えよう。


変わりたい自分に、
変わりゆく術を伝えよう。


神秘学は、
この世界の、
宇宙のしくみとことわりをひもとく。


そして生きることの意味を明らかにする。


それはきっと、
魂の闇を照らし、
在るべき自分で在る力を養うと、
オレさまは信じている。


ま。そんな話だ。


≪神秘学講座開講します。≫
申込み詳細はコチラ。


━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━
心が弱い。
意志が弱い。
そう思う人は多いだろう。
しかし、嘆くだけでは何もはじまらねぇ。
何かを変えたいと願うなら。
その気持ちが本物なら。
術はきっと、
その人の手に届くところにある。




≪神秘学講座開講します。≫
申込み詳細はコチラ。
https://wizardofsoul.org/blog-entry-914.html




・・・せっかく来たので押していただけると、
   とってもうれしゅうございまする。。。
   はい、ぽちっとな♪   



          人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter