“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

VOL.61【書評号】利益力をUPさせるには?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.61【書評号】利益力をUPさせるには?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どーも。
夏樹です。
アナタの収益力勝手に向上委員会の夏樹です。
今回は、またビジネス系書評号。

さて。
消費税の増税前。
3%のときでさえ、
結局政府は税収を増税前よりダウンさせた。


それでも増税やりやがったコンチクショウ、
とお怒り気味です。


で、そんなとき、
「夏樹さん、てっとり早く収益あげる方法ない?」
と、某営業マンと個人事業主の人がまったく同じ質問をしてきた。


一言一句違わず同じだったもんだから、
二回目のときは思わず笑ってしまいそうになったw


まぁそんなシンクロはともかく。
庶民にとってはゆゆしき事態だ。


個人・法人を問わず、
営業をしなきゃいけない人だって、
今は駆け込み需要があるかもしれないけれど、
4月からは一気に冷えるだろ。



じゃ、早い話、
これまでと同じビジネスから動かないというのであれば、
コンバージョン率(成約率)とリピート率を高めるしかない。


当たり前の話だ。


そこで役立つのが、
コレ。

【ミカ・ソロモン著 利益力パワーアップ会社改造大作戦】


顧客サービスとマーケティングの戦略家。著者。講演者。
マーケティングの神様的なセス・ゴーディンの著者
『「紫の牛」を売れ!』(ダイヤモンド社)でも絶賛されていた。


簡単に内容紹介すると、
顧客心理に巧みにアプローチする手法だな。


ニコラ・ゲゲンという行動学者は、
文字どおり「タッチ」の効用を証明した。


想像すると薄気味悪いが、
すなわち相手の腕に軽くタッチすると、
望みのものを手に入れる可能性が倍増するという。


たとえば誰かを慈善活動に誘いたい、
街で出会った素敵な人に電話番号を聞きたい、


そんなときは相手の腕に軽くタッチしてみるといい。

ほかにもゲゲンは、スーパーマーケットで
腕に軽くタッチしながら試食を勧めると
商品を買ってもらえるというね
本書のテーマに関連があることも証明している。


当然、我々は顧客の腕に
実際にタッチすることなどできない。


インターネット上では不可能だし、
面と向かって実行すればきっと誤解されてしまう。


だが、
記憶に残るような顧客サービスを提供したければ、
ある意味、「顧客にタッチする」必要がある。

顧客にタッチすること──。


それはすなわち、顧客の心を動かすこと。
そしてそれが、本書のテーマだ。


自分のビジネスにおいて、
面と向かって、
あるいはWebサイトやメール等を使って、
サラリとさりげなく、
提案を受け入れてもらう。


そんなスマートな手腕でビジネス力を高めたいヤシには最適な方法だろうぜ。


そんなワケで、
今回は特定の質問に答えるカタチでの書評号とさせてもらった。


ま。そんな話だ。

【利益力パワーアップ会社改造大作戦】
に関心があるヤシはコチラ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
やれやれ。
増税もそうだけど、
ほんと、住みにくい世の到来をヒシヒシと感じますわ。

神秘学もマーケティングも、
ぽまいらの人生を守る手段として活用してもらえれば幸いだよ。

で、本書に話を戻すと面白いのは、
人はアンケートとかで人に聞かれて答える「欲しい商品」と、
実際にお金を払って買う商品は違うんだと。


なかなか営業マン、
マーケッター泣かせだなw
データ価値、半減じゃねぇかww

では、めげずに、
どうすれば隠れた欲求を見つけられるのか。

そんな問いに答える一冊になるだろうぜ。

https://123direct.info/tracking/af/1084075/gCTmWgRY/


役に立つことを祈ってるよ。





          人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter