“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

スピリチュアルなグラウンディングと身体性~ホンモノは時間がかかる~

 

どうも。夏樹です。オレさまね、オレさまです。今回は過去メルマガの大幅な編集加筆修正記事です。そんなワケで古い人には馴染みのハンドルネーム「オレさま」が通りますよ、と。

いやはや。最近、旧ブログで使っていたハンドルネーム「オレさま」での登場頻度が減ったと言われてねぇ。別にえーやん、夏樹でもオレさまでも、どっちでも・・・。と思わないでもないのだが、確かに「オレさま」への愛着はありますとも。こちらで呼ばれることが減ってきたのはさみしいぜ、コンチクショウ。なにはともあれ、オレさま=夏樹というのは捨てがたいねぇ。

何はともあれ。今回は、スピリチュアルでよく言われる「グラウンディング」について語ろうと思う。たびたび話している領域ではあるけれどね。

 

 

グラウンディングは身体技法である


で、もともと今回の記事はさ、この記事の末尾からの登録可能にしているメール講座「復活の呪文」の4本目の前に、ちょいと頂いていた質問に答えるものとして書かれたんだ。


質問内容としては、


「夏樹さんの講座では、西洋系神秘学が中心なのに、気功など東洋系の方法でカラダづくりを行うとあります。これはグラウンディングと関係していますか?」


というもの。慧眼です。結論から言うと、その通りなんだ。講座だと、実際の練習時間にポツポツ語ったりすることなんだが、いわゆるスピリチュアル系の言うグラウンディングって、「浅い」のな。もうね。にわか雨のあとにできた水たまりかってくらいに浅い。長靴をはくまでもねぇわ。またいで終わりじゃねぇかってくらいに、浅い。スピリチュアル系のいうグラウンディングって、せいぜい、「地に足をつけようね!キャハ☆」的なことしか言ってねぇじゃん、みたいな。

 

で、そんな浮かれポンチで脳みそお花畑なスピリチュアル系は、やっぱり実際に「気」が上半身、頭部に偏ってしまっている。そりゃあお花畑にもならぁな、というか。目の前に来てもらえるとよくわかるが、気がハラに落ちていなかったり、虚弱だったり、ひ弱でフワフワ。

そんなんが、「地に足をつけよう」だの「まずは日常生活をしっかり!」とか「ルートチャクラが重要です」とかとか言っても、「騙るな、下郎!」とか思わず言い放ちたくなるわけですわよ、奥さん。

実際にね、がっつりグラウンディングができてしまうと、どうなるか。


ガチンコでできてしまうとどうなるか。


そりゃあね。もうね。

 

野武士☆誕生。

 

そんな勢いです、実際。昔から、そんな人間のことを日本語はよく「あいつは肝(キモ)が据わっている」「腹が据わってる」なんて表現した。

簡単に言うと、それくらいどっとりと構えられた状態。武道的に言う、身体軸が通った状態だ。

 

そもそもね、普通にスピリチュアル系が言う程度の「グラウンディング」なんざ、ちょいと足腰鍛えれば、まぁクリアしてしまうようなもんなんだよ。おれの講座ではちとキツいけど、ここをがっつり鍛えてしまう練功を取り入れている。大変だけど、参加者は筋肉痛と闘いながらも実施してくれているようだ。丹田にがつつり気を集中する気功でもある。

さて。そうして「グラウンディング」を為すとどうなるのか。

グラウンディングをスピリチュアルに成し遂げるということ


そそもそもオレたちが本来、「グラウンディング」というときは、次元を貫く柱を打ち立てることを意味しているんだ。地球の「コア」から、さらに高き次元まで。身体という柱で低きから高きまで、霊的身体によって「通る」ことを意味している。


いやね。

シンプルな話、これできないと、「低い世界」を支配できない。「高き世界」と繋がれない。背の高い大木ほど、深く大地に根を下ろしているのと同じだ。そしてこの宇宙が、多層性の構造になっていることも本当には理解できないだろうぜ。

 

わかるかい。一口に「グラウンディング」といっても、それほど深いものなんだ。決して浮かれポンチなスピリチュアル系がいうほど、軽いものじゃあない。今、うちの講座に出ている武道家さんは、たまたまおれの学んだ拳法と同じ下地があるので、その訓練を取り入れたメニューにして、実施している。慣れた動きとはいえ、かなり大変そうだ。そもそも武道家としてはおれよりずっと鍛錬されている、現役の方なんだけどね。

 

それでも、大変なんだ。しかも地味だ。一口で言えば、脚力と身体バランス、気を巡らせる訓練なので。毎回、足腰の筋肉痛となってしまう。でもそれらを超えて、到達できる下地ができる。

他にはヨガにしたところで、同様に長い時間をかけて、身体開発とチャクラの開発を行っていく。いずれにせよ、とても長い内面的(気の運行や集中)と外面(身体)の訓練が求められる。

 

そんなこともせずに、魔法のようにパッとグラウンディングしろって? 世の中には、ずいぶんとおかしなことをいう輩も多いな、と思うぜ。ぽまいらは、地道で、長い、しかし確かな道から逃げないようにな。ホンモノはいつだって、インスタントでは手に入らないのだから。

 

ま。そんな話さ。

 

追伸

下のリンクは、グラウンディングを怠ったままスピリチュアルな探求をした結果、ガチでスピリチュアル・エマージェンシーに陥った人へのインタビュー記事です。いかにそんな地に足つけないスピリチュアルが危険なのか、実体験を語ってもらいました。

【実録!】グラウンディング無きスピリチュアルがヤバいワケ【前編】です。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、グラウンディングについての質問に回答してみた。

グラウンディングというものへの理解が、どうも世のスピリチュアル系はいい加減だな、と感じる昨今ですわ。


それと、Youtubeでのオンライン講座も、たまに更新してる。

チャンネル登録よろしくです。

 

んじゃ、今回はここまで。

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/


より詳細な説明はコチラから

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter