スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

現実的に働けないすぴ系

はい、どーも。GWでもせこせこパソに向かって鋭意作業中のオレさまです。仲間に対して「次回作? はっはっ。心配するな。順調だ。休み明けに提出してやんYO!」と大見得きったものの、ぴんちぱんちぽんちでございます。(泣藁



しかし、アレだ。



ヒーリング。チャネリング。リーディング・すぴなカウンセリングなどなど。



思わず「スピなINGビジネス」なんてくくりたくなる。



このへんってさ。



ぶっちゃけ。



実社会でまともに生きていけない



スピリチュアル・ニートどもが



人の不安につけこんでチャラく稼ぐ



薄汚いビジネスになってね?(藁







で、ソレらのビジネスに手を染めてる連中はさ、自分のヒッキーな傾向を「霊感があるばっかりに、私はまるで天に試されるような人生を送り、関心辛苦を乗り越えて、こうした仕事を始めるようになったのです」みたいな物語に脳内変換してさ。



まぁ大半はまともにリーマンやらOLができずに、すぴワールドに逃げ込んだだけみたいな。



連中の考える力の弱さは、上滑りしている定型文的なメッセージでよーーーくわかる。



愛だの光だの、もっほいだの。



似たような言葉でありつつ、なぜマザー・テレサと比べたとき、その深みが違い、本物性がないのか。



答えは簡単だ。



偽物だからだ。



自分がほんとのところでは「霊性的に向上も何もしていない」にもかかわらず、エラそうなご高説を「すぴ的なメッセージ」として語ろうとするから、どいつもこいつも紋切り型になる。



ほんとのコトはわかってねぇから、自分の中から出た言葉じゃねぇんだな。



そういうのが跋扈しているのが、すぴ世界だ。



現代社会は、ある意味いい時代だよ。



霊的に向上しようとしたら、神秘学派を探して門を開く・・・なんてことは別にしなくてもいい。



日常生活、実生活を真摯に送ることで、かつての「修行」に代替できる側面が非常に大きい。



エソテリックなスクールへの参入は、さらにそれ以上を求める求道者的な、プラスアルファに過ぎない。



逆に言えば、通常生活で自身の向上を図れないのが参入しようとしても、意味はない。



ましてや、一般的な社会生活から逃避してしまったようなヤシのところに逃げ込んで、いったい何を得られるというのか。



やれやれだな。



日本がこれだけの艱難辛苦に見舞われていても、相変わらず、おすぴな方々のお花畑モードは変わらない。



多分、これからもそうカンタンには変わらないのだろう。



ま。そんな話だ。






                     訂正 1  




       GWだし。押しておけって。(藁↓
                        

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter