“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

「普通の生き方が、幸せを掴む」とは?【スピリチュアルな“正しさ”について】

さて。今回の記事は過去メルマガからの加筆修正記事。

普通に生きることで得られる幸せについて、メルマガ読者からの質問をふまえてちょいと考えていこう。

 

 

なぜ普通に生きる方が幸福を得られることになるのか。

あー、どもね。オレさまもねー、それなりに忙しいんよ~。

そうかと思ったら、この気温の寒暖差で

ヤられてさー。


二日も休んでしまったわ。

でもって結局家で仕事をバタバタと・・・

ちっとも病欠で休んだカンジがしねぇのな。

 


ぽまいらも、ほんと、風邪には気ぃつけるんだぜ。

 

さて。そんなワケで、読者への質問シリーズQ&Aな。

 

今回は、コレ。講座の内容なんだけどね。

 


「スピリチュアルな道を歩むにあたり、普通に生きることが、もっとも霊性を高め、幸福を得られる時代に我々は生きている」

 

というコトを授業中にやったのな。


で、前半は分かるけど、


「なぜ普通に生きる方が幸福を得られることになるのか。この点がわからない」


という質問がきたわけ。


確かに前半は分かりやすいとは思うが、簡単に解説すると、だ。


普通に生きること。


それは、市井の生活を意味している。


普通に町中で、勤め人、商売人、公務員、アーティスト、学生、年金生活者、、、色んなカタチはあろうが、

それぞれが、

それぞれの務めを果たしつつ、暮らす。

一人ひとりの幸せのカタチ、追求する夢、一人のひとりの波動の在り方、みんなバラバラだ。

 

そんな中で、「正しく在ろう」とすることは、本当に大変だ。

 

決意して、実行するとなると、実に難しい。

 

出家生活を送る方が、この時代、はっきり言って楽ですらある。現代において霊性を高める生活にチャレンジできるのは、むしろ人が多く、多様である都市生活の方なのだ。

 

まぁこのあたりは容易に想像がつくから、前半は分かりやすいといえるだろう。

 

 


問題は、「普通に生きる方が幸福を得られることになるのがわからない」という方か。

 

 

正しい幸福の尺度とは?

さて。逆に聴きたいが、幸福の尺度とは、何だろう。

 

何をもって幸福たりうるのか。

 

「幸福の尺度なんて、人それぞれじゃないか?」

 

と、言うかもしれない。


しかし、たとえば、仏教の八正道というものがある。

※八聖道とも書く。 八つとは,
(1)正見(正しいものの見方),
(2)正思惟(正しい思考),
(3)正語(いつわりのない言葉),
(4)正業(正しい行為),
(5)正命(正しい職業),
(6)正精進(正しい努力),
(7)正念(正しい集中力),
(8)正定(正しい精神統一)の八つをいう。

※コトバンクより


薔薇十字の道とかぶるものだから、シュタイナーもたびたび引用した。

 

だが、ここで言う「正しさ」とは何か。

 


そうなんだ。

スピリチュアルな道において「正」というとき、前提がある。


八正道の「正しさ」とは、簡単に言うと、悟り、仏に近づく方向性を「正」とする。

 


同様に、キリスト教神秘主義学派のオレさまとして「正しい」というとき、それは「神との一体化」の方向性をさしている。

 

「スピリチュアルな道を歩むにあたり、普通に生きることが、もっとも霊性を高め、幸福を得られる時代に我々は生きている」と書いたとき、前半は分かる、と質問者は言った。

 

なら、後半も分かるはずなんだ。


なぜなら、同じことを言っているから。

 


「霊性を高める生き方」、それ自体を苦行とか、大変な修行ではなくて、喜びとして感じる。純粋に、生活の一部となる。今、オレたちは、もうそういう時代に、生きている。

 


だから、霊性を高める道は、普通の市井の生活の中にあり、それは「正しい」喜びの道でもあることを意味している、ということ。

 

 

まぁ、こむつかしく言っちまってるように感じるかもしれねぇけど、あんま難しく考えるこたぁねぇな。

 

普通に人に優しく、まっとうにあればいいさ。

 

ま。そんな話だ。

 

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで読者の魂の力を賦活する
8本のメールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージという
概念を知り、身に着けてください。

それが、キモだぜ!
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter