スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

『変わりたいヤツは、これをヤれ!』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.36─書評号『変わりたいヤツは、これをヤれ!』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はい、どーも。
ぽまいら元気?


さて、前回の続きで驚く力シリーズいきたかったが、
ちょいと閑話休題。


今回は、久しぶりの書評号だ。


前回は『いか超』だったかな。


今回は、
実はビジネス書だ。

『大富豪の仕事術』



なぜ今回この本を選んだのか。


オレさまはよく神秘学は、
「よい意味で変わる(成長する)為の実学である」
という言い方をする。


神秘学は魂の進化を扱う以上、
人の成長にも密接に関係するからだ。


思考を明確にし、
意志を強固にし、
心を落ち着け、
記憶を強化し、
集中力を高める。


簡単に言えば、
そうした効果を人生にダイレクトに注ぎ込むことができる。


とはいえ、
間接的アプローチともいえる。


スポーツを上手になるために、
体力・筋力を高める、という行為に似ているな。


基礎体力を向上させておけば、
どんなスポーツにでも有益だろ。


一方で、それはちょっと迂遠だ、
と思うヤシもいるだろう。


ならば、ビジネスパーソン・オレさまとしての視点も導入するなら。
(余談だが、オレさまの職域は広報・PR・マーケティング方面)


オススメできる良書が、
『大富豪の仕事術』だ。



当たり前だけど、
優れたビジネスパーソンは、
思考と意志の力が強い。


そして正しく「引き寄せの法則」だって機能している。


はっきりいって、
ウサン臭い引き寄せだの、
アバンダンティアなんとかだの、
スピスキルで富だの豊かさだのなんだのを手元に寄せようとするより、
よっっっぽど効率的で、
本質的だ。


で、しかも著者ははっきりと、
「経済的に成功するための具体的で
現実的 な8つの行動」について公開している。


しかも、それは具体的で立証されたプロセスとテクニックだ。

例えば、

・人生を変えるには実のところ何が必要か?

・一番の夢を現実のものに変える方法

・行動に踏み切れない3つの理由

・大成功を収めた麻薬中毒者の3つの習慣

・失敗への恐怖を消すとっておきの方法

・ほとんどの人にプラス思考が効かない本当の理由

・一日4時間労働で充実した生活を手に入れる方法

・電子メールは朝一番に読んではいけない理由

・お金を3年ごとに倍増させる5つの秘訣

・だれも知らない億万長者の「思考法」

Etc….

非常に具体的で、
即実践できる。


もちろん、
この人はスピ系ではない。


しかし、皮肉なことに、
思考と意志の明確な使い方を理解し、
自らの努力によって成功をもたらしている。


オレさまから見たら、
えせスピどもより、
よほど正しい意味でのスピ系だ。(笑


そんなワケで、
地に足のついた、
正しい「魂の力」を使う実践書として、
このビジネス書の書評号だ。


オレさま的には、
とくに最初の「充実した人生のためのマスタープラン」についての章と、
終わりの方の「成功への障害─とそれを克服する方法」が役にたった。


透徹した理性と意志の力で、
自分の人生のマスタープランを描き、
そしてそれを効率よく実践したいヤシにオススメしたい。


ある程度、自己啓発本を読んだり、
読んで「うん、がんばろう」という気持ちになって、
結局もとに戻った、
みたいなヤシにもこれはいいだろう。

一読して、
そして一つひとつ実践してみるといいぜ。

ま。そんな話だ。


『大富豪の仕事術』。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は、珍しくビジネス書からだ。

ある意味、安心して勧められるな、
ビジネス書は。(笑)

優れたビジネスマンが人生を通して実験、
実践、検証してきた内容だし。

現実に適応できなくてウサン臭いスピビジネス(笑)
に手を染めてチャラいことしているのとは、
雲泥の差だ。


どうせなら、
本物の知恵で人生を切り開くといいさ。


ま。そんな話だ。








          人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter