“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

【魂の神秘学】Vol.26「正しい行為の難しさ」

今回も、
士講座開講ちなんで受付つけている質問への回答メルマガ。

全文掲載。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.26「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・「正しい行為の難しさ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「正しい行為の難しさ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あー、どーも。
オレさまです。


今回も、
質問に答えるカタチでお送りする。

ある質問者は、
まぁパワハラにあってその職場を退職したそうだ。

結果としては、
その人個人としては、
努力して次は希望職種につけたのでその点はいい。

その元上司は、

・社内でも噂になるほどズル賢い人
・会社的にも結構ブラック
・元上司はさらに上に取り入っているため、
 告発も難しく、今も悔しいと思う。
・今も社内関係者に連絡とってしかるべき処置を取らせるよう動くべきか。


「このまま忘れた方がいいのか、行動すべきか迷っています。
 黙っている事は大人だと思いますが、それは美徳なのか?
悪徳を積んだ人間はいずれ破滅するのも分ってはいますが・・・」


難しいよな。

オレさまは男で短気ということもあり、
つい「リベンジだ! やっちめぇ!!」と、
言いたくもなる。(苦笑


しかし、
それはそれとして。(笑


オレさまの考えとしては、
オレさま自身の基準というか、
価値観がふんだんに含まれるという前提での回答だが。


もし、まだ在職中であったなら、
それは労基等に相談するなど、アクションすべきと考える。


同僚やその他は現在進行形で、
ある意味、
いま不正をただすことも義務だと思うからだ。


しかし、今、離れてしばらくたってなおまだ悔しいと思っているなら、
その行為は「復讐」でしかない場合もあるので、
そうならやめる。

そこは自分との相談だな。

純粋に「会社に残してきた元同僚、元後輩のため」
という思いなら、
取るべきアクションはとったほうがいいだろう。

もちろん法に則ったもので、だ。

だが、少しでも復讐心があるなら、
やめるがいいと思う。


剣をとる者は、剣に滅ぶ。


それに。

復讐というか、その元上司が行った行為の結果は、
その人自身がいずれ刈り取ることになる。

その時期は、
オレさまたちがどうこういう必要はない。


天網恢恢疎にして漏らさずという。


天与の法則に、もれはない。


頭でわかっていても、
なかなかモヤモヤは消えないかもしれない。


そのモヤモヤを消すのが、
内省。



もちろん、
これが正解とは言い難い。


さらなる不正の犠牲者を減らす!
という大義に立てば、
すでに会社を去っていても、
アクションすべきかもしれない。


なにが正解かは、
誰にもわからない。


ただ一つ言えるのは、


「正義の判断のもとに、
 自己の復讐心を隠すなかれ」ということなんだ。


別に相談者に限ったことじゃない。


大義名分のもと、実は復讐心を満たすためだったときと、
本当に復讐とか利己心とか関係なく行動を起こしたとき。


その行動は同じであったとしても、
のちに自分の魂に働きかける意味は異なる。
そして結果も変わる。


なぜなら、
そのときの思考・感情という行為の「原因」が違うから。


原因が違えば、
結果も変わる。


そのとき生じる結果は、
自分の期待したものとは変わるかもしれないぜ?


まぁ、頭でわかっていても、
なかなか難しいけどな。


なるべくなら、
常に正しい行為を選択したいものだ。


そしてその助けとなるのが、
この道を歩む者にとっては、
日々の内省なのさ。


ま。そんな話だ。




━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━

理屈ではわかっても、
行動を伴わせることのむずかしさ。

オレさまも日々痛感する。
痛感しているとはいえ、
そこであきらめたりはしないけどな。

理不尽なときに直面したときこそ、
真価が問われると思い、
がんばりたいとろこどだぜ。


そんなわけで、
神秘学講座、開講しました。

申込み詳細はコチラ。









・・・せっかく来たので押していただけると、
   とってもうれしゅうございまする。。。
   はい、ぽちっとな♪   



          人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter