“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

【親の介護はカルマか】読者の質問に答えてみた。

あー、ども。

夏樹です。


さて。
質問等に答えるシリーズだ。
今回は少し大変だ。

 

親の介護はカルマか?


超高齢化に突入している日本
らしい悩みでもある。


そう、親の介護だ。
自分を産み、慈しみ、
育ててくれた母。


しかし、
寝たきりになったり、
認知症になったり。


愛していても、
心労、疲労は尽きない。


そして、
生活を楽しめない自分に気づく。

 

「これは何かのカルマだろうか・・・」

 

思わず、そんな悩みがふっと心に湧く、と。


言葉にすると大変だが、
まずはお察しする。
大変だろうぜ。

 


うちは祖母が似たような状況に
なったが、
親父(息子)が介護し、
それほど長びかずに逝った。


きれいごとは言うつもりはない。


介護をしていた親父も、
「夏は帰省しなくていい」とわざわざ言っていた。
(ニオイがひどくなりやすい)

 


そう、
それがリアルな現実のひとつなんだ。


長引けば長引くほど、
笑えなくなるよな。

 

しかし、そんなすべてをふまえて言いたいことがあるんだ。

 

それでもな、笑え。


ニッと口を意識的に持ち上げ、
ヘタでもジョークを飛ばせ。

 


人は楽しいから笑うんじゃない。
笑うから、楽しいんだ。


自分から笑ってしまえ。
楽しげなコトを口にしろ。
そんな話題を家族にふりつづけろ。

 


そして家族だろうがヘルパーだろうが、
巻き込める人は等しく巻き込み、
一人で抱え込むな。

 


その上で、ここにひとつの霊的な事実があることを知るといい。


人は、克服できない困難に出会うことはない。

 


それは霊的な事実だ。

介護がカルマというならば、
それがカルマの法則というものだ。

 


神的な配慮のもと、
「現世での時間を止めるために」
やってきたカルマの結果以外、
どんな困難も、
人はそこから学び、
成長し、
霊的進化への糧とする。


中でも、
病関連というものは、
学びの宝庫だ。


自分であっても、
家族のものでも。


いいかい、
忘れるんじゃねぇよ?


人は楽しいから笑うんじゃない。
笑うから、楽しいんだ。

ま。そんな話さ。

 

編集後記

では、
今回はもうひとつリクエストに応えて、
心身をリフレッシュさせる瞑想法に
取り組むとしよう。

何回か紹介したことはある瞑想のテクニックだ。

 

手順は次の通りだ。
ベッドに横になっても、
椅子に座ってもいい。

 

リラックスしてから、
目を閉じて、
ゆっくりとイメージの中にいこう。


1.そこは牧歌的な草原地帯、あるいは緑の美しい牧場。
 小川のせせらぎがあってもいいだろう。
 そんななだらかな自然地帯を詳細にイメージする。
 詳細に、詳細にイメージするんだ。


2.そこをゆっくりと歩き、散策するんだ。
 蝶が飛び、川には小魚が泳いでいる。
 足をひたしてもいいだろう。
 ひんやりと冷たい。


3.風はどうだ?
 冷涼で澄んでいるはずだ。
 鳥のささやきも聞こえてくる。
 木陰に入れば、木の葉の音が心地いい。


4.そこは完璧なまでに、貴方を迎え入れる自然環境。
 貴方はそこでは一人静かになり、どこまでも自由に、
 自然に包まれる。


5.いつまでも、好きなだけそこに滞在するといい。
 ゆっくりと散歩して、
 五感をフル活用して周囲のすべてを観察するんだ。
 そこは完全に安全だ。どこまでも癒されるのだから。

十分にリラックスできたら、
最後に自分に言い聞かせること。

「私は安全であり、静かであり、満たされている。」


そして目をあけて、
こちらに戻ってこよう。

 

おまいさんが少しでも安らかに
なっていることを願うぜ。

 

 

登録特典つきメールマガジンのお知らせ

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を待ってます。
内容にもどんどん質問してくださいね。


☑本物のスピリチュアルな成長に関心がある。
☑基礎的なスピリチュアルな体系を知りたい。
☑「最高のヒーリング」とは何か知りたい。
☑もう小手先のスピリチュアルは要らない。


そんな方に最適な「神秘学ベーシックテキスト」
もプレゼントします。

 

登録はコチラから☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter