“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

欲望自体を高次元化させることは可能か―そんな効果を持つ瞑想の方法・やり方について

どーも。

夏樹です。

海に向かって叫びたいお年頃です。

でもサザンのような夏の

イメージを過ごすこたぁ

もぉねえな。

・・・・

すみません。

見栄をはりました。

今まで一度もないっすw

それはそーと。

アレね。

渚のシンドバットじゃなくて。

ストップ・ザ・シーズン・・・

でもなく。

それはTUBEやがな。

しつこい。

あー。

はいはい。

そんな夏のケモリンを

煽る世界とはある意味対極。

薔薇十字瞑想の続きね。

世のスピリチュアルが伝える

瞑想、その方法論とは、

また違った趣があると思う。

それで前回まで、

心魂のうちに、

赤く輝く薔薇の輝きに

自身をアチューンメント

させる点まで書いた。

シュタイナーから引用すると、

「赤い薔薇の花びらのなかで、

緑の樹液の色が赤に変化

しているのを、私は見る。

赤い薔薇は、

緑の葉のように純粋で、

無垢な生長の法則に従っている」

そんな想いが湧き上がる。

そして続いて、

「生長する植物の純粋さと

清らかさを表象するとき、

私は至福を感じることができる。

ある種の高次の完全性には、

いかに衝動や情念を得ること

によって到達しなければなら

なかったかという感情を、

私は自分のなかに作り出す

ことができる。

まえに感じた至福は、

厳粛な感情に変化する。

ついで薔薇の赤い液のように、

純粋な内的体験の担い手に

なりうる赤い血についての

思考に没頭するとき、

解放的な幸福感が

私のなかに呼び起される」

(西川さん版翻訳)

今回は、

このプロセスの続きだ。

前回まではオレの言葉だったけど、

シュタイナー自身の言葉では

上記のようになる。

この一連の瞑想シリーズ1作目の

スピリチュアルな 瞑想―やり方とその方法について
が未読な方は先にどうぞ。

 

さらに同シリーズの2作目はこちらっす。
スピリチュアルな 瞑想―やり方とその方法についてのシリーズⅡ

 そして同シリーズ3作目がこちら。

スピリチュアルな瞑想の方法・効果、やり方・仕方の話~瞑想で特定の光にアチューンメントして波動を高める~

 

今回は4作目。前三作目の直接の続きとなる。

では、続きを。

 

 

魂の「高次化」を目指す瞑想方法の効果
漆黒十字架と、7つ薔薇

では、続き。

一通り、

上記のところのまでの

イメージに没入し、

湧き上がる心情を感じたあと、

次のようにイメージを

変化させる。

「黒い十字架を表象する。

この十字架は、

根絶された低次の衝動と

情念の象徴である。

十字架の木が交差するところに、

七つの赤く輝く薔薇が

円環状に並んでいる。

これらの薔薇は、

純化・浄化された情念と

衝動を表現する。」

 

 

そして静かに強く、

このイメージを心魂に保つ。

どうしても多忙なときは、

このイメージだけでも

効果があるが、

全プロセスを貫いて

イメージを展開し、

湧き上がる内的情動を観察し、

心魂に響かせることが重要なんだ。

 

 シンボルの力を響かせる

 

この瞑想の効果については

ざっと前号でも書いた。

このプロセスをやり通すことは、

とても深い心魂の力を養うこと

になる。

その結果、霊的器官の開発や、

心魂が身体の束縛から離れた

世界を垣間見る第一段階となる。

それとは別に、

シンボル、

それ自体の力を受け取ることになる。

薔薇という植物の持つ

緑の茎とその中を流れる樹液。

血液と対比したときの純潔性。

 

薔薇の赤い花弁の中を流れるとき、

赤い血液のようになりつつも、

人間と比したとき、

同様に純化された在り方を

教えてくれる。

そしてそんな赤いバラを

首飾りのように掲げる

黒い十字架は、

低次元の欲望が根滅した様を示す。

 

もっとはっきり言おう。

この薔薇と十字架は、

未来の魂の在り方だ。

オレたちの未来なんだ。

低い欲望はなくなり、

抱く欲望それ自体が

薔薇のように高貴な在り方を持つ。

 

そのさまを象徴している。

このシンボルに沈潜する

ということは、

遠い未来の在り方に触れ、

今のわが身を近づけることなのだ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これがアチューンメントだ。

これが波動を高める行法というものだ。

と、そうエラそうに言うつもりはない。

でもさ、

一朝一夕に出来るモンじゃない、

そんな気はするだろ。

そして同時に、

ここまで読んできた人は、

世の「スピリチュアル」とは

一線を画した高貴さのような

ものを感じなかったかい?

 

もしかしたら、

まったく伝わらなかった

かもしれない。

だとしたら、

それは伝え手としての

オレの未熟さが問題だ。

申し訳ないとしか

いいようがない。

 

編集後記─お知らせ有り

とはいえ、

薔薇十字瞑想はプロセスが長く、

イメージを展開していくのは

大変だ。

オレは覚えるまで、

テープにプロセスを吹き込み、

誘導してた。(笑)

そして覚えてからは、

各プロセス、

好きなだけ味わうようにした。

1回やるのに30分以上なんて

ザラだったから、

時間とるのも大変だ。

次回はまた別の瞑想について

触れていきたい。
次回はマインドフルネス瞑想について。

【お知らせ】

 

毎月開催の神秘学講座。(月イチ)

 

次の講座のテーマはコチラ。

 

もちろん今回が初めてという人もOK。

 

んじゃ、またな。

 

神秘学講座はコチラ。

神秘学講座について(月イチです)

 

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を待ってます。
内容にもどんどん質問してくださいね。

 

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter