スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

視覚化(ヴィジュアライゼーション)が難しいと泣きが入る件

視覚化(ヴィジュアライゼーション)に関する記事

どうも。なつきちです。

今回の記事は過去メルマガの記事化なんですが。

 

先日、神秘学講座で視覚化(ヴィジュアライゼーション)に関して行ったので。

記事にします。

 

でさ、このメルマガを書いたときは秋だったのな。

秋の虫の音がリンリンリンしてますなー。

勇気りんりんです。

ほら、ボクの頭を食べなよ!

なんてホラーじみたことの一つや二つ言いたくなります。

 

なんて書いてたようです。

はいもめっさどうでもいいですね。

 

 

「視覚化」(ヴィジュアライゼーション)のパワー


最近、神秘学講座の方で「視覚化」(ヴィジュアライゼーション)に取り組み始めてもらってます。

 


まぁ、これが結構むずいわけです。


たとえば、毎日見ているはずの人の顔や道、モノ、街路樹、街並み、どこまで思い出せる? そして描いてみ。


うまいヘタは関係ない。


細部まで鮮烈に想起できるかってことが重要なんよ。


なぜなら、記憶も含めて、想念はエレメンタルだ。


それも意識的に作り出すエレメンタルだ。


想念形態。


これ自体、生命をもち、知性をもち、おれたちは意識的にこれを取り扱うことを覚える。

 

これによって、たとえばヒーリングのエネルギーを形成して送ったりもする。

 

さらに進むと、「天使」も形成する。


天使ってのは大天使が宇宙運行のために生み出したエレメンタルだ。


そして大天使の兄弟たる人間もまた同様のことを為す権威を有しているのだ。

 

「視覚化」(ヴィジュアライゼーション)は単なるイメージとは異なる


視覚化の訓練はそうした神秘家としてのベースを築いていくわけだ。

神様から与えられた力の意味を理解する必要がある。

 

そのほか、多種の瞑想においても基本的に視覚化を用いる。


視覚化で生み出した神聖なシンボルのエネルギーを受け取り、霊的器官の開発だったり、浄化にも利用する。

 

そしていずれあの世にいったとき、向こうでの作業はこの視覚化がもろにベースとなるだろう。


ぜひこの世にいるうちにマスターして欲しいと思う。

 

無論、学びが進むほどに「視覚化」(ヴィジュアライゼーション)も難しくなる


とくに中級にはこの視覚化の難易度の高いものに取り組んでもらっている。


なかなか難しいようだ。

 

しかし、小さな一歩一歩の

積み重ねが、自分を遠くへとつれていく。


そのことは忘れずにいて欲しい。

 

「視覚化」(ヴィジュアライゼーション)は、高次のエネルギーを三次元に降ろすゲートとなる。そして現実化が起きる。

ある意味ここがもっと肝心なんだが。

 

「視覚化」(ヴィジュアライゼーション)でエレメンタルを作るとき、理性の力で作ると、五次元性のエネルギー、つまりノエティカルなエネルギーをもったエレメンタルが生まれる。

 

すると、ここからは欲望(四次元レベル)とは異なり、より神的なエネルギーを降ろすゲートとしてのエレメンタルになるのだ。

そしてこれは一種の流出論だ。

 

早い話、創造というものがこの宇宙で行われたとき、水が高いとこから低いところへと流れるように、「創造」はまず高い次元で行われ、最後にこの物質界へと反映される。

 

これが正しい意味での引き寄せ、現実化させるためのイメージ法の根幹だ。

これはよくも悪くも起こる。

 

つまり人は考える(思考/五次元性)とおりの人間になる。

日頃からくだらんことばかり考えていればそういう人間になる。

エロいことぱかり考えていればエロ人間となり、色恋沙汰の多い人間となるだろう。

そのように人は人生を創造する。

人は考えることそのものなのだ。

 

考えつづけ、視覚化(ヴィジュアライゼーション)し続ける。

 

実はそんなシンプルなことが自分が何者かを決めるし、自分の人生の環境も、作りあげていく。

どうせなら、神を希求する

 


ま。そんな話さ。

 

 

まぁ、何とはともあれ、今年も好評の特典つきのメルマガを下記からどうぞ。

 

 

第一部<スピリチュアル編>
【霊的成長編】

1通目:人格主義=霊的成長。それが前提
2通目:天国へと至る 5つ黄金の鍵とは何か
3通目:内省はすべてのベース
4通目:我々は真理の現れも観察する
5通目:集中力なくして達成できるものは何もない
6通目:霊的成長とは何か
7通目:もっとも重要なスキル—視覚化—
8通目:瞑想でこの世界を超越する
9通目:【重要】なぜ学ぶのか―魂のパトス—
10通目:お仕事編の学びを進めますか

 

【第二部お仕事編】

【spiritual&marketing】
1通目:真・善・美からそれないこと。
2通目: 個の時代の到来をはき違えるな
3通目:あなたの強みを具現化するということ
4通目:100年食いっぱぐれない力とは何か
5通目:非成長型社会を乗り切れる人種は〇〇
6通目: 再びモノづくりの時代へ
7通目: 日本人に最適な働き方

※第二部の配信はクリックした希望者のみ。
※icloudのメアドは使えません。

 

魂の神秘学『風の時代で成功するための神秘学』

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか
  • User Avatar 塚口雅生 さんより(21/09/12)
    お疲れ様です。 今日で何年目になりましたか?
    » この世に何を遺せるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/06/07)
    おっと、コメントに気づかず承認が遅れて失礼! お、うちの会社も本体事業はソーシャルビジネスなんで、 そういうのに興味もってくれるのもうれしいね!
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/06/02)
    たびたびすみません。 投資家より、事業オーナーを目指すなら、宗教・精神世界に生きる人達にピッタリなアクティビストの書籍があるので紹介させてください。 7つの習慣は個人主義ではなく人格主義なあるべき論ですが、あるべき論を超えて「事業オーナー」のソーシャルビジネスノウハウ書籍です。 素敵な書籍をご紹介頂いたので、なうな書籍をご紹介返しさせてください。 (有名な方なのでご存知かもしれませんが。。。) https://www.amazon.co.jp/dp/456984913X この会社のシステムを見れば意思が垣間見れるかもしれません。 こちらをご覧ください。 https://www.borderless-japan.com/whoweare/ 経済に友愛を、お邪魔しました。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter