“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

危険な平和思想

はいどーも。


国内政治的には左より、国際政治的には右より思想なイイカンジにアンビバレントな理想主義的リアリスト・オレさまですが、「私は幻想を排した現実主義者だ」と言ったケネディ大統領の路線を受けているつもりですが、
ぽまいらはいかが「左より」が中道でまっとーであると洗脳されて生きていやがりますか。


と、冒頭から見えない誰かに挑発的言辞ですがw



まぁなんですな。


国際政治的に見たら、バリンバリンの「極右国家」「軍国主義」の中韓から、
安倍政権になって右傾化呼ばわりされるのはなんという喜劇www
と思いつつも、国際政治はいつだって「言挙げ」する連中の言辞がウソであっても繰りかえされ、
事実となってきた。


声高に主張することをヨシとしない日本人には、
ほんと、不利な世界だな。


それはともかくも、
オレさまが最大級の詐欺だなーと常々思うのが、
アメリカのオバマ大統領な。核の削減、廃絶を唱えてノーベル平和賞ってwww


さて。


人の悪い見方かもしれないが、リアリズム的に考えれば、
ある国家の行動には必ず「国益」(1に生存的価値、2に経済的価値。)がある。


アメリカの国家目標は、
覇権の維持だ。まぁ今は相対的に他国も発展していて、
リーマンショックで完璧な覇権国家からは脱落し、多極化が進んでいるが、
それでもナンバー1には違いない。


覇権国家のもっともシンプルな定義によると、
「一国で、世界の主要国複数を相手にしてなお勝てる戦力と経済力を保持」と考えると、
未だ米国は圧倒的だ。


この状態をキープしなくてはならない大統領が、
最大の兵器「核」の撤廃を目指す?


どういうことか。


核兵器は、抑止兵器ともいわれ、
実際に米ソ冷戦はその言葉通り、「冷たい戦争」状態だった。


ジョン・ギャディスという政治学者が一言で冷戦の本質を言い表したように、
実はかつて人類が経験したことがないほど「ロング・ピース」の時代だったんだ。
その後、ソ連が崩壊し、時代は「紛争の時代」へと突入した。


そう。核兵器は最強の矛。持ってる者同士のケンカを防ぐ。

一度打ち合えば、当該国同士だけでなく、地球規模で道連れ状態になるからだ。
国力の差違などあまり問題ではなくなってしまうのだ。


核兵器は使うことではなく、「持ってる」ことが最大の武器なんだ。


そして持ってしまえば、
それだけで大国クラスでの発言力を得るので、
持ちたがる国は多い。(北朝鮮とか)


そんな核兵器の恩恵を最大級に得ているはずのアメリカが廃絶を唱える。


その意図は、何か。


答えは簡単なんだ。


核兵器は、圧倒的な力の差をゼロにしうる。


のび太とジャイアン。


互いに拳銃を持てば、互角だ。


しかし、拳銃がなくなれば・・・?


そう。純粋な腕力勝負となる。


こうなったら、アメリカは「相対的にナンバー1」ではなく、
「絶対的にナンバー1」となる。


だからこそアメリカは、
核の廃絶を唱えているんだ。


相対的に力を失いつつアメリカ。
そこで考えた、「核の廃絶」という平和的美名のもとにある「軍事戦略」。


世界では、
実にさまざまなレベルで、
こうしたまやかしがまかりとおっている。


今日の「正義」の裏には、
どんな不義が潜んでいるのか。


たまにはよく考えてみるのも悪くない。


・・・・このロジック、
スピな連中の「アセンション」系情報にも言えるよなwww



ま。そんな話だ。






・・・せっかく来たので押していただけると、
   とってもうれしゅうございまする。。。
   はい、ぽちっとな♪   


          人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter