スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

“マットウ”さのゆくえ(藁

さてさて。そんなわけで前回の続き。クリスチャンな記事の舌の根の乾かないウチにこうした記事というのもなんですけども。w



オレさまとフィアンセの婚約と同居。彼女の退職まではネタにできなくて。うちのブログと某スピ系サイトの双方見てる人が彼女の職場関係者で結構いたりして、「まだ婚約段階なのに、半同居開始したとか、実際の引越はいつとか、具体的な進行状況は書かないでくださいね」といわれていてた。



ちょっと職場にゴタゴタがいく可能性があり、迷惑かけたくない、と。



ここまでは、大体前回書いたな。



ところがよ。あんたちゃん、アタイ、びっくりよ。



そのスピサイトの姉妹版で「ある管理人」なんてかかれてるけど、サルでもオレさまとわかるカタチで、そのスピサイトの姉妹版にのっかってるというじゃない!



あたいビックリよ。あたいがここで書かなければ知られるハズがないコトがなんで載ってんの? 



つっても出所は分かってたので確認したけどさ。まぁそれはもういいんだが、判断力とかマットウとか波動量とか、そんなコトをお題目のよーに言ってるのが、人様のプライベート情報をこっちの事情も省みずのっけんなって話なわけで。



しかも第三者経由のプライベート、個人情報じゃねぇの。



ちとおどろいたぜ。オレさまにケチつけるのはいいんだが、そのテの個人情報を本人が出してないコトを出すかね、フツー・・・。



は~。やれやれと、いささか呆れたぜ。これがマットウか~。スピな何かがわかっても、きっと法とかマナーとかはわからなかったに違いないねぇ。



思わずうちの顧問弁護士にみせちゃったぜ。



オレさま「こんなふうによりによって出てほしくないサイトにピンポイントで出てんだけどー」



弁「あらー。これ、他の人がみてもオレさまってわかるんすか?」



オレ「もう何人もの人から問い合わせがきたよ。でさ、こういう第三者からゲットした個人情報のオンラインでの漏えいって罪に問える?」



弁「イケますよ。でも、このテは労あって益少なしっすよ」



オレ「いいよ。ビンタし返すことができりゃ」



弁「オレさまさんも過激っすねー。あれ? クリスチャンとか言ってませんでしたっけ?(笑)それよか聞きたいんですけど」



オレさま「なにさ」



弁「スピリチュアルってオレはよくわかんないっすけど、このレベルがどうのとか、分かる/分からないとか言ってる人って、そもそも人としてのマナーとか法とかは無視っすか? スピってそういうのはどうでもいいんすか? 」



思わず、爆笑しちまったぜ。さすがほとんどボランタリィでオレさまたちの会社を見ているいいコちゃんなだけあるw 



まぁアレだ。そこの管理人はきっとレベルが高すぎて、俗世のマットウさはどうでもよくなったんだろうよ。(苦笑) 



オレさまからのプライベートメールだって勝手に記事にしてのっけたような判断力だしな。何かが人と違うに違いない。(藁 まぁこっちはもう準備ととのったからいいんだけど。



それよかさ。あの記事の元となったガ●キチ信者Pのメールな。



因果応報かねぇ。「うわっ、コイツの信者っぷりキモっ」とか思いつつ、いじっていた経緯ってあるもんなぁ。波動って伝わるな、うん。そりゃ噛み付きたくもなるな。会ったこともないオレさまを「占い」に基いて浮気モンとかなんとか言いたくもなろうw



しかし、つくづく思ったぜ。



オレさまが「ニューハーフ 安藤蒼」の独身自虐ネタを使えば、ウソ(オレさまが女いるのにいないフリ!なんだとw)ついてまで女の気を引きたいとうつる。



独身貴族シェーンコップネタも、「女の気を引きたい」。



この分じゃ。



きっと。



シュタイナーネタも、いつか「教育問題に関心のある若いママさんの気をひくため。

不倫願望があるに違いない」と言われかねん。(滝汗



こえっw


はー。このキャラで神秘学ネタやるのも、ラクじゃねぇなぁ。



でもな。



それでもオレさまは言うんだよ。



満天の星空に向かって・・・。



そう。



あたい・・・あたい、今こそ誓うわ!





あたい、負けないから!(藁





・・・はっはっ。まるで神秘学徒らしからぬグチよのぅ。(苦笑



さて。そんなことよりも、オレさまのヘイトな気分を一掃させる出会いがこのあと続くことになったのだが、それは次回の話。




次は、少しマトモな記事。「ホンモノな人々」(仮題)




世の中にはグレートな人々がいたものだ、と実感・・・。




ま。そんな話だ。








☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1         
                        人気ブログランキングへ

「ちょっw オレさま、“クリスチャン”のクセに、なに言い返してんのよっww」なんて思ったら、ぽちっとな♪ 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter