“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

おれたちは幾らでも立ち上がれる。

ぽまいら、大丈夫か。



まだまだ災害の全容がつかめなかったり、身内や親しいヤシらと連絡がつかなくなったり不安なまま過ごしている人たちもいるかもしれん。



中には実際に親しい人を亡くした・・・というのもいるかもしれねぇ。哀悼の意をささげることしかできねぇわけだが。オレさまの仙台の友人は幸い、難を逃れたが。



いずれにしても、いま生きているオレさまたちは、明日に向かって生きていかなきゃならん。



ぽまいら。まずは、家族・近親者など、親しい人々から、柔らかな祈りと桃色の波動で包み込むように努めてくれ。それはおまいらのハートから出る波動だ。人を安心させ、安からにする波動だ。



そしてできるなら、被災地全域を包み込むように頼みたい。日本列島が不安・恐怖・絶望・失望・・・そうしたネガティブな波動につつまれてしまっているからこそ、そう努めて欲しい。



せめて一人でも、不安を和らげ、安らかに眠れるように。ささくれだった人々を鎮め、不用意ないさかいを起こしたりしないように。



さて。私事だが、オレさまは東京都心から横浜まで、徒歩での帰宅となった。5時間以上歩くと、さすがに脚が痛くなってきて、家の近くまできたときはもうペンギンのようにピョコピョコとみっともない状態になっちまった。(苦笑)



それで帰るとき、都心から中原街道→綱島街道へと歩いてきたわけだが、東横線で言うと、武蔵小杉、とくに日吉あたりに至ると、もう街並みが真っ暗になっていた。



それまではコンビニなど多くの店舗が、経営していた。徒歩帰宅者は、コンビニで休憩しながら歩き、つぎのコンビニで休んだり、飲食店で休憩・エネルギー補給しながら歩くということを繰り返していたようだ。



ほんとは自分たちも早く帰りたかっただろうに。だが、開店時間を延長してでも、街道沿いなど徒歩帰宅者が多く歩いた道筋の店舗は、多くが営業を続けていた。



しかし、日吉あたりからは停電地帯が多かったのだろう。開いている店はコンビニはもとより、まずなくなってきた。多くの信号機も灯りを消しており、あんなに暗い街を歩いたのは初めてだった。



だが、日本人はすげぇな。



これがどこぞの国なら、とっくに暴動で店舗という店舗が略奪の憂き目にあっていたに違いない。しかし、日本人は秩序を見事なまでに守っていた。この秩序の維持っぷりに、ネット上では各国の市民から―中国からさえも―賞賛の声があがっている。



こうした民度の高さが、日本人の誇るべき美点だろう。



第二次大戦の焦土から復興し、近くは阪神大震災からもめげずに立ち上がり続けた日本人。次は、この大震災からも立ち上がっていくことだろう。



まだまだ、危機が完全に去ったとはいえない状況だ。(原発問題やら余震・津波やら)そして被害状況も分かりきっていない。ほんとの「現実」に直面するのは、さらに情報の整理を待たなければならないだろう。



だが、オレさまは、ぽまいらを、日本人を信じているぜ。



数年後、「アレはほんとに大変だった。しかし、あれを機に我々はさらにひとつにまとまった。そして大きな目標を得て、立ち上がった」といった具合に振りかえろうぜ。



ま。そんな話だ。



                     訂正 1  



せっかく来んだから、押しておけって、コレ。(藁↓
                        



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter