スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

スピリチュアルとマーケティング~スピ系は●●にするな!~

さてさて。一連の瞑想ネタも少しお休み。
折を見てまた再開しますが。

今回ちょっと、
話は変わります。

 

スピリチュアル系は、外からこう見える。


いやね、
おれは一応、
表の稼業においては、
広報・PR・マーケティングが職域なワケです。

 

最近は、少数者対応でB to Cのコンサルもさらっと
オモテ稼業に組み込み始めた。


で、本にしてもメルマガにしても、
マーケティング系は結構読んでるのな。
まぁ玉石混合いろいろあるけど。

ネット系マーケターは、
よくも悪くも「最新理論」に飛びつく
傾向が強いので、
先端性の情報を入れるには、
書籍よりも適しているワケ。


で、たまに「石」と
思っていたメルマガにも、
面白いことが書いてあったりする。


なので、
たとえばキャッチコピーがよかった、
LPが面白かった、
とかそれだけの理由で読者登録して
ちらっと眼を通したりもする。


正直、
これもそんなメルマガの一つだったのだが、
なかなか良いことが書いてあった。


こんなこと言うのよ。


「スピ系をクライアントにするな。
 自分にスピリチュアル属性は出すな」

 

とね。
スピがクライアントになると、
「業績が悪化する」と言い切るわけだ。

某大御所らがスピ系をターゲットにしだした
のとは、まぁ逆張りなわけ。・


で、その人はスピ系をざっくり言うと、
こう見ているのよ。


「環境・他者への依存度が高い貧乏人」

と言い切る。(笑

 

その他にもさ、

「自分をやたらと肯定し、
 変化したくない気持ちすらも肯定している」


あなたはそのままでいい、
みたいなヤツだな。


「そのクセ、人よりも努力している
という気持ちだけは強い」

 


「自分のマイナス環境の原因を
 スピリチュアルな原因や外部に
 求めるので、外部への依存度も高い」


「そしてクレーマーになる」


笑ったね。


日頃、
おれの言っていることとあまり変わんねぇじゃんwと。


でも、
同時にムカっとも来たわけ。


それは別におれがスピ系に関心がある人に
メルマガを書いているからとかじゃないわけ。

 


おれは批判しつつも、
やっぱり「スピ系」には仲間意識がある。


なんだかんだ言って、
こうした世界に関心がある同志みたいな。


ジャイアンみたいなこと言うとだ。


「おれが批判するのはいいんだよ。
 でも、おまえが言うな」


ってのが一番正確な感情じゃなかろうかw


だからな、
ぽまいら。


本来、スピリチュアルな世界に関心があり、
道を歩もうとする者はだ。


この世を構築する本当の法則の探究者だ。


それゆえに、
人間的向上心、
本当の幸せ、
永続する繁栄、
霊的進化、
そうしたものに一番近いところに手が届きうる人々だ。


世に溢れた、
「スピっぽい何か」
に手を出し続けるのはやめよう。


もう、世の自称「成功しているビジネスマン」
に好き勝手なこと言わせないようにしよう。

 


本当に幸せで、
永続する成功は、
「霊的世界の知見を持つ」、
真理の探究者・神秘学徒と呼ばれる在り方を
持つ者たちだ、
と言われるようになろうぜ。

 


カルマの法則関係の連載をしていたおりに、
あるマーケッターのメルマガを読んでそう思った次第。


ま。そんな話さ。

 

 

 

 

神秘学講座スケジュール(予定)

7/25(土)
16:30~18:30
かながわ県民活動サポートセンタ会議室303


8/29(土)
14:00~16:30(※ちょっと長め)
かながわ県民活動サポートセンタ会議室305


9/26(土)
14:30~16:30
かながわ県民活動サポートセンタ会議室304

よろしく~。

ちなみに次回の神秘学講座はこちらから。

 

 

登録特典つきメールマガジンのお知らせ

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を待ってます。
内容にもどんどん質問してくださいね。


☑本物のスピリチュアルな成長に関心がある。
☑基礎的なスピリチュアルな体系を知りたい。
☑「最高のヒーリング」とは何か知りたい。
☑もう小手先のスピリチュアルは要らない。


そんな方に最適な「神秘学ベーシックテキスト」
もプレゼントします。

 

登録はコチラから☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter