スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

夢の話

はいどーも。オレさまです。今日は、くっそどーでもいい夢の話。



親友の通称にーさんと仕事関係のプレスリリース・プレスキットを携えて、
国土交通省の記者クラブへと向かった。
(※とある会社の広報部のときに頻繁に利用していたため、夢に出てきたかとw)



記者クラブが設置されているビルの1階で、カバンの中身をひっくりかえしたオレさま。
「なんでこんなしょうもないミスを・・・」と思いつつ拾い、にーさんと目当てのフロアへ。



で、リリースを放り込んでくるときに、受付の用紙を記入していたにーさんが声をかける。
「ハンコもってきた?」と。にーさんに聞かれ、内心「必要なら事前にいってくれよなー」とぼやきつつ、
たまたまカバンの中にシャチハタがあったので、事なきを得る。



1階まで戻ってくると、「あ、カバン忘れた」とまたしょうもないミスをしていたことに気づいた。
慌てて記者クラブのあるフロアへととりに戻る。


エレベーターの中で、忘れたのではなく、背中側にくるようにたすき掛けをしていただけということに気づき、
ますます情けない思いをして、にーさんのとこに戻った。



すると、会社にいたKくんからにーさんに電話があった。
その電話を受けて、何かかばんの中を探っていたにーさんが、今度は中身を道端にひっくりかえす。



二人そろって「なんかしょうもないミスをしているな・・・」とため息。
こういうときは、仕事に限らず、とにかく毎日注意深くしていよう、と確認する。



こんなミスなら笑ってすむが、なにか取り返しのつかない大ミスをしてからでは遅い。



何かしらの理由で、異常に注意力が散漫になっているのだ。



オレさま「ところでKくんの電話なんだった?」


にーさん「ああ、なんでも、イルミナティの人と知り合ったんだって。300人委員会とかいうの? とても悪い人には見えないそうだ。よくわからんから、とにかく一度会って、波動から見てくれだって」

(※にーさんもKくんも、オレさまがこーいう道にいる人間だと知ってる)



オレさま「分かった、とにかく会ってこよう」



そして会社に戻ると、その人がすでにいた。



日本人らしいが、なぜか金髪のイケメンさん。すごく爽やか。一通り談笑をする。



イケメンさん「うん、世間ではイルミナティを怖い組織だと言う。でも、僕たちはエリートだよ。この世界を効率よく管理しているんだ。みんなのこを考えている。そうだ、これ見て」



見せられたのは、なぜかイルミナティの広報的なポスター。w
無駄にこったクリエイティビティを発揮した、かっちょいいモノだった。w



詳しくは覚えてないが、「みんなの社会を効率的にする。それがイルミナティ」みたいなキャッチフレーズ。w 



彼が帰ったあと、まるでマガジンのMMRのごとき状態になった我々。w



にーさん「みんな、このメッセージをよく見ろ・・・。

うわべはキレイに言っているが、
これは『おれたちが大衆を支配している!』と暗に伝えているだけだ!」
と、キバヤシ状態。w



にーさん「ヤツらは、おれたちの心を支配しようとしているんだ!」



そのさまが、無駄にシリアスで意味もなくカッコイイ。w



オレさま・Kくん「な、なんだってーーー!!」なノリ。w



Kくん「でも、彼の波動はどうだったんです? 本物の300人委員会ならとてもまとも波動とは思えない・・・」



オレさま「確かに、彼の波動は良かった。でも、彼はきっと自分の思想や理想を本気で信じていると思う。彼自身はきっと“いい人”だ。それにフリーメソンもさ、表の親睦団体的なフリーメソンと、裏の秘密結社的なものとは違う。300人委員会も同様だろう。彼は、イメージアップのための表組織に属しているんだと思う」




・・・そんな夢を夕方寝wのときに見たぼくちゃん。



不注意は大きいミスを産みかねないから、注意しようね!



きっと、それがこの夢の意味に違いない。



きっと!w




ま。そんな(めちゃどうでもいい)話だ。










                     訂正 1  



            世界的陰謀の消滅を願って、ぽちっとな。


                        人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter