“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

夢の話

はいどーも。オレさまです。今日は、くっそどーでもいい夢の話。



親友の通称にーさんと仕事関係のプレスリリース・プレスキットを携えて、
国土交通省の記者クラブへと向かった。
(※とある会社の広報部のときに頻繁に利用していたため、夢に出てきたかとw)



記者クラブが設置されているビルの1階で、カバンの中身をひっくりかえしたオレさま。
「なんでこんなしょうもないミスを・・・」と思いつつ拾い、にーさんと目当てのフロアへ。



で、リリースを放り込んでくるときに、受付の用紙を記入していたにーさんが声をかける。
「ハンコもってきた?」と。にーさんに聞かれ、内心「必要なら事前にいってくれよなー」とぼやきつつ、
たまたまカバンの中にシャチハタがあったので、事なきを得る。



1階まで戻ってくると、「あ、カバン忘れた」とまたしょうもないミスをしていたことに気づいた。
慌てて記者クラブのあるフロアへととりに戻る。


エレベーターの中で、忘れたのではなく、背中側にくるようにたすき掛けをしていただけということに気づき、
ますます情けない思いをして、にーさんのとこに戻った。



すると、会社にいたKくんからにーさんに電話があった。
その電話を受けて、何かかばんの中を探っていたにーさんが、今度は中身を道端にひっくりかえす。



二人そろって「なんかしょうもないミスをしているな・・・」とため息。
こういうときは、仕事に限らず、とにかく毎日注意深くしていよう、と確認する。



こんなミスなら笑ってすむが、なにか取り返しのつかない大ミスをしてからでは遅い。



何かしらの理由で、異常に注意力が散漫になっているのだ。



オレさま「ところでKくんの電話なんだった?」


にーさん「ああ、なんでも、イルミナティの人と知り合ったんだって。300人委員会とかいうの? とても悪い人には見えないそうだ。よくわからんから、とにかく一度会って、波動から見てくれだって」

(※にーさんもKくんも、オレさまがこーいう道にいる人間だと知ってる)



オレさま「分かった、とにかく会ってこよう」



そして会社に戻ると、その人がすでにいた。



日本人らしいが、なぜか金髪のイケメンさん。すごく爽やか。一通り談笑をする。



イケメンさん「うん、世間ではイルミナティを怖い組織だと言う。でも、僕たちはエリートだよ。この世界を効率よく管理しているんだ。みんなのこを考えている。そうだ、これ見て」



見せられたのは、なぜかイルミナティの広報的なポスター。w
無駄にこったクリエイティビティを発揮した、かっちょいいモノだった。w



詳しくは覚えてないが、「みんなの社会を効率的にする。それがイルミナティ」みたいなキャッチフレーズ。w 



彼が帰ったあと、まるでマガジンのMMRのごとき状態になった我々。w



にーさん「みんな、このメッセージをよく見ろ・・・。

うわべはキレイに言っているが、
これは『おれたちが大衆を支配している!』と暗に伝えているだけだ!」
と、キバヤシ状態。w



にーさん「ヤツらは、おれたちの心を支配しようとしているんだ!」



そのさまが、無駄にシリアスで意味もなくカッコイイ。w



オレさま・Kくん「な、なんだってーーー!!」なノリ。w



Kくん「でも、彼の波動はどうだったんです? 本物の300人委員会ならとてもまとも波動とは思えない・・・」



オレさま「確かに、彼の波動は良かった。でも、彼はきっと自分の思想や理想を本気で信じていると思う。彼自身はきっと“いい人”だ。それにフリーメソンもさ、表の親睦団体的なフリーメソンと、裏の秘密結社的なものとは違う。300人委員会も同様だろう。彼は、イメージアップのための表組織に属しているんだと思う」




・・・そんな夢を夕方寝wのときに見たぼくちゃん。



不注意は大きいミスを産みかねないから、注意しようね!



きっと、それがこの夢の意味に違いない。



きっと!w




ま。そんな(めちゃどうでもいい)話だ。










                     訂正 1  



            世界的陰謀の消滅を願って、ぽちっとな。


                        人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter