“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

夢の話

はいどーも。オレさまです。今日は、くっそどーでもいい夢の話。



親友の通称にーさんと仕事関係のプレスリリース・プレスキットを携えて、
国土交通省の記者クラブへと向かった。
(※とある会社の広報部のときに頻繁に利用していたため、夢に出てきたかとw)



記者クラブが設置されているビルの1階で、カバンの中身をひっくりかえしたオレさま。
「なんでこんなしょうもないミスを・・・」と思いつつ拾い、にーさんと目当てのフロアへ。



で、リリースを放り込んでくるときに、受付の用紙を記入していたにーさんが声をかける。
「ハンコもってきた?」と。にーさんに聞かれ、内心「必要なら事前にいってくれよなー」とぼやきつつ、
たまたまカバンの中にシャチハタがあったので、事なきを得る。



1階まで戻ってくると、「あ、カバン忘れた」とまたしょうもないミスをしていたことに気づいた。
慌てて記者クラブのあるフロアへととりに戻る。


エレベーターの中で、忘れたのではなく、背中側にくるようにたすき掛けをしていただけということに気づき、
ますます情けない思いをして、にーさんのとこに戻った。



すると、会社にいたKくんからにーさんに電話があった。
その電話を受けて、何かかばんの中を探っていたにーさんが、今度は中身を道端にひっくりかえす。



二人そろって「なんかしょうもないミスをしているな・・・」とため息。
こういうときは、仕事に限らず、とにかく毎日注意深くしていよう、と確認する。



こんなミスなら笑ってすむが、なにか取り返しのつかない大ミスをしてからでは遅い。



何かしらの理由で、異常に注意力が散漫になっているのだ。



オレさま「ところでKくんの電話なんだった?」


にーさん「ああ、なんでも、イルミナティの人と知り合ったんだって。300人委員会とかいうの? とても悪い人には見えないそうだ。よくわからんから、とにかく一度会って、波動から見てくれだって」

(※にーさんもKくんも、オレさまがこーいう道にいる人間だと知ってる)



オレさま「分かった、とにかく会ってこよう」



そして会社に戻ると、その人がすでにいた。



日本人らしいが、なぜか金髪のイケメンさん。すごく爽やか。一通り談笑をする。



イケメンさん「うん、世間ではイルミナティを怖い組織だと言う。でも、僕たちはエリートだよ。この世界を効率よく管理しているんだ。みんなのこを考えている。そうだ、これ見て」



見せられたのは、なぜかイルミナティの広報的なポスター。w
無駄にこったクリエイティビティを発揮した、かっちょいいモノだった。w



詳しくは覚えてないが、「みんなの社会を効率的にする。それがイルミナティ」みたいなキャッチフレーズ。w 



彼が帰ったあと、まるでマガジンのMMRのごとき状態になった我々。w



にーさん「みんな、このメッセージをよく見ろ・・・。

うわべはキレイに言っているが、
これは『おれたちが大衆を支配している!』と暗に伝えているだけだ!」
と、キバヤシ状態。w



にーさん「ヤツらは、おれたちの心を支配しようとしているんだ!」



そのさまが、無駄にシリアスで意味もなくカッコイイ。w



オレさま・Kくん「な、なんだってーーー!!」なノリ。w



Kくん「でも、彼の波動はどうだったんです? 本物の300人委員会ならとてもまとも波動とは思えない・・・」



オレさま「確かに、彼の波動は良かった。でも、彼はきっと自分の思想や理想を本気で信じていると思う。彼自身はきっと“いい人”だ。それにフリーメソンもさ、表の親睦団体的なフリーメソンと、裏の秘密結社的なものとは違う。300人委員会も同様だろう。彼は、イメージアップのための表組織に属しているんだと思う」




・・・そんな夢を夕方寝wのときに見たぼくちゃん。



不注意は大きいミスを産みかねないから、注意しようね!



きっと、それがこの夢の意味に違いない。



きっと!w




ま。そんな(めちゃどうでもいい)話だ。










                     訂正 1  



            世界的陰謀の消滅を願って、ぽちっとな。


                        人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/28)
    ゆうゆう まーほんと。 そういうこと言うヤツぁ流行りに のっかってるだけだろ。 「占い師に過去世とか聞いてくる人たちもいて困る」 という占い師側の苦悩も言う人はいるけどw 機械のやつな。どうだろう。 いわゆる「オーラ」とされている色に、 身体のになんらかの情報を変換しているだけだろ。 そこにどんなアルゴリズムがあるか しらんけど。 信ぴょう性はないと思ってる。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar ゆうゆう さんより(19/01/28)
    興味深く拝見いたしました(^^) 実際、まともな占い師さんで「オーラが…」なんて言いだす人はいませんね。 オーラといえばキルリアン写真を思い出しますが、あれは信ぴょう性あるのでしょうか… ゲーセンやスピサロンでオーラ写真とかオーラ判定とかやってますよね。あれもどうなんだろ? ご意見お聞かせ願います。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/18)
    >justice いや、別に強い表現とかとは気にしてねぇよー。 そうか、あんたの「救いたい」は 業界というよりも、 「ヒーラー」とかやっちまう病んだ連中の 心なのかもしれねぇなぁ。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方
  • User Avatar justice さんより(19/01/18)
    すみません、誤解を与えたようです。 文面をよく見ると、表現が強かったですね、すみません(笑) ただこの問題については、意外と根が深いと思います。 ご存じだとは思いますが、スピリチュアルのお仕事している圧倒的多くは、さまざまな事情でスピリチュアルの世界に辿りつき、心の拠りどころとしてスピリチュアルを自分の居場所をとしている方が多いです。 心にいろいろ問題を抱えているのだと思います。だから、理屈に合わない行動を取り、スピリチュアルの仕事やクライアントを「モノ」として利用してしまう人が多くなったのだと思います。 偉そうに言ってすみません。文面の一部は、今日書いたわたしのブログから抜粋しています。 こんなこと書いていますが、スピリチュアルは好きです。 加藤夏樹さんのキャラも好きで、記事も楽しく読ませてもらってます。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter