スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

ハトのメルマガ

あー、ども。何気に「鳩山内閣メールマガジン」なんて一応登録しちゃっているオレさまですが、ぽまいらはいかが社会派なすぴ系をきどっていやがりますか。



えー。そうですとも。登録はしたものの、ほとんど読んでなんていませんが。w



しかし、今は口蹄疫の問題もあるだろ。「いったいてめぇらナニやってんだよ」という思いもあったので、ひさしぶりに削除せずに目を通したわけだ。



ネットだと政府の初動の遅れとか、そもそも「ぜんぜんまともに報道されない!」という批判も相次いでいたしな。



・・・それにしても、オレさまはいまやテレビ(つかうちにはないし)のニュースもみないし、新聞もたまに図書館で目を通すくらいだ。だが、それでも一応の時事ニュースは入ってくる。ネットはありがたいな。しかも今回の口蹄疫のように、報道よりも現地報告なんかが先に入ってくるものだから、新聞の虚構というものを実感する。



これが先に新聞とかテレビのニュースに汚染されていたら、「なに大げさに言ってんだよ・・・」となっていたかもしれねぇな。人間、先に得た情報のほうを信頼する傾向があるようだし。




さて。それはともかく、メルマガにはこんなコトがぬけぬけと書いてあった。



以下、転載。




政府では、4月20日の発生直後に農林水産
省に対策本部を設け、獣医師
を含む延べ約4100人以上を現地に派遣して対応にあたるとともに、農家
のみなさまへの支援策を講じました。5月初めからは、東国原宮崎県知事の
要請にもとづき、延べ約2500人を超える自衛隊員も防疫作業に取り組ん
でいます。


しかしながら、感染が拡大してしまった、この事実は大変重く受け止めて
おります。感染をこれ以上広げないとの決意を新たにしております。

5月17日には、対策を強化し、総力を挙げて取り組むため、私自身が本
部長となり、すべての閣僚を本部員とする口蹄疫対策本部を設置しました。


また、山田農林水産副大臣を本部長とする現地対策本部を設置し、副大臣、
小川総理補佐官及び関係省庁の担当者を現地に常駐させ、地元のみなさまの
ご要望などを十分に受けとめて、国との連絡調整を迅速・的確に行うことと
いたしました。


宮崎県では18日に、感染拡大の阻止と早期撲滅のため、非常事態宣言を
発令しました。

政府は昨日、第2回の対策本部を緊急に開催し、10km圏内のすべての
牛・豚に対する、処分を前提としたワクチン接種や、農家のみなさまへのご
支援の強化、消毒ポイントの増設、処分に当たっての手当金の迅速な交付、
獣医師や警察官、自衛隊員などの増員などを、速やかに行うことを決定しま
した。




ここまで。



下線、オレさま。



この厚顔さに、オレさまは一瞬、わが目を疑った。



上記のような処置が後手後手になっていたにもかかわらず、さも現地の要請に機敏に政府が対応しているかの如き書き方。しかもそれらの処置は充分で、まともに機能しているかのようだ。



もちろん、このメルマガのライターはそう書かざるをえないだろうよ。



内閣広報室のおっちゃんだろうけど。



なんつーか、ほんと、ある意味感心したぜ。よく言えるな~と。(藁 



まぁ、書き手はさ、もしかしたら、原稿書いて首相秘書あたりがチェックして「ここはダメです、総理の対応が遅れたような印象を与えます。書き直して」なんて言われながら作成していたのかもしれねぇけど。送信するときは、国民に向かって「・・・すんません・・・」と心の中で謝ったと信じたいところだ。




しかしな。このメルマガ、ある意味、非常に公正というか、正直に掲載している点もあって、藁えた。




メルマガの感想のページ




ほとんど批判的意見ばかり。wwwww



今の支持率じゃ肯定的意見なんてねぇよ!(涙 と編集部は居直っているのだろうか。あるいは、うかつに肯定的感想なんて掲載したら、よけいにウサンくさいという自覚があるからだろうか。



なかばヤケクソのように、批判だろうがなんだろうが、感想をまとめて掲載している。



もしかしたら、編集部らしい内閣広報室から首相への「総理、コレが現実です」という意見なのかもしれねぇ、なんて思えた。




なんかもう、この国がどこまでダメになるのか、いっそ楽しみにすらなってきたぜ。w ぽまいら。自分たちの生活はなんとか自衛しつつ、3流の政治がどんな悲劇を国家にもたらすのか、なまあたたかく見守っていくことにしようぜ。



アホな政治家を選んでいるのは、オレさまたちの責任だ。その責任には、アホどもが生み出す辛酸をなめることも含まれている。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter