叡智と真理を探究する者のために

「タラレバ世界の住民」 になっていませんか

 

この記事では不平不満の多い人についてわかります。

・「幸せ」の根拠がお金や時間など「自分の外」にある
・もっと「あればもっと幸せ」と思い込む
・失う不安が大きいため手に入れても安心しない

そのような幸せの基準が自分の外にある人が何をすべきか理解できます。

 

 

 
 

タラとかレバとか。食べ物じゃないんだからウダウダいうな

どうも。なつきちです。

さてさて。

ところで、

タラレバ世界の住人になって

ませんか?


とあるカウンセラーと話していたとき。


いま、幸せを感じられない人は、


「〇〇がないと幸せになれない」

「〇〇を失うと不幸せになる」

「〇〇があればもっと幸せ!」

と、仮定の話ばかりする、と。


〇〇は、恋人でも資格でも

仕事でもお金でもいい。

クルマでもいい。

なんだって当てはまる。

 

この自分の外に幸せの根拠が

ある人というのは、とてももろい。


常に不安に駆られ、感情が不安定だ。

手に入れたら手にいたらで、今度は「もっといいのはなかったか」とか「失う不安」に駆られるのだ。

 

これらの人の特徴は、

「自分をわかっていない」だ。


自分の状況、環境。

本当に求めるもの。

自分という存在の本質。


このブログ的にいえば、「内省」ができていない。

 

内省は基本的に自分を客観的に分析し、

顕在意識だけでなく、潜在意識にまで理性の光を届け、開拓していく作業だ。

 

そうやって少しずつ、自己の感情をコントロールし、自分を理性の統治下においていく。


喜びであれ、悲しみであれ、怒りであれ。


感情の天国と地獄に振り回される状態から抜けなさい、

とシュタイナーの説くとおりなのだ。

 

自分自身はどうだい?


たまには、

わが身をきちんと振り返ろうぜ。

 

 



 

 

 

無料メール講座は下記の通りです。

 

第一部<スピリチュアル編>
【霊的成長編】

1通目:人格主義=霊的成長。それが前提
2通目:天国へと至る 5つ黄金の鍵とは何か
3通目:内省はすべてのベース
4通目:我々は真理の現れも観察する
5通目:集中力なくして達成できるものは何もない
6通目:霊的成長とは何か
7通目:もっとも重要なスキル—視覚化—
8通目:瞑想でこの世界を超越する
9通目:【重要】なぜ学ぶのか―魂のパトス—
10通目:お仕事編の学びを進めますか

 

【第二部お仕事編】

【spiritual&marketing】
1通目:真・善・美からそれないこと。
2通目: 個の時代の到来をはき違えるな
3通目:あなたの強みを具現化するということ
4通目:100年食いっぱぐれない力とは何か
5通目:非成長型社会を乗り切れる人種は〇〇
6通目: 再びモノづくりの時代へ
7通目: 日本人に最適な働き方

※第二部の配信はクリックした希望者のみ。

※icloudのメールは配信不可です。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • 加藤 夏樹 { ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。 }
  • ビギ { どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? }
  • 加藤 夏樹 { ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。 }
  • ビギ { 返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました }

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter