スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

覇権論

久しぶりに、国際政治学徒だった頃の知識を絞りだしてみるか。


…思わず、大学院の頃のクソッタレな指導教授を思い出してしまうが。。


さて。オレさまはリアリストだった。国際政治学における学派としてな。


で、キンドルバーガーの覇権循環、とくにロバート・ギルピンの覇権安定論やロバート・コヘインの国際レジーム論を気に入っていた。


…ある教授がコヘインの弟子だったとは知らず、彼の前でレジーム論を語っていたのは遠い思い出だ。(藁

さて。国家にはライフサイクルがある。過去の歴史を見ても、覇権国は移りかわる。


スペインの無敵艦隊はイギリスに破れ、英国は第二次大戦で疲弊してアメリカの台頭を許した。


アメリカは冷戦を勝利し、世界の二分に終止符をうち、名実ともに覇権国家となった。


しかし。


人に寿命があるように国家もしかり。


アメリカはすでに斜陽の大国だ。


ロシア、中国といった「新しい」大国の挑戦を受けている。


これまで、アメリカは世界経済の決裁通貨がドルだったために、いくら借金があっても、紙幣をすれば対応できた。


しかし、フセインがオイルの決裁通貨をユーロにすると宣言。


これが大きな理由となって開戦した。


中ロはこれで、アメリカを倒すには国際経済の基軸通貨をドルでなくすればいい、と開眼。


以後、とくにロシアはその動きを強化した。


アメリカはロシア周辺国家の民主革命を煽り、古くさい周辺戦略をとってロシアを疲弊させたいと思ったが、プーチンのほうが上手だった。

…国際政治は結局、血生臭いパワーゲームだ。栄枯盛衰。


いま、オレさまたちは、アメリカという超大国の没落を目撃しようとしている。
ローマ帝国も、モンゴル帝国も、そしてソ連すらも滅んだ。


滅ばない国家などないのだ。日本だって、近くは日本帝国が滅んだ。


むしろ滅びるべきにはいっそ滅んだほうがよいのだ。

アメリカさんも、下手に覇権維持にやっきになって欲しくないもんだぜ。


ま。そんな話だ。

 

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter