スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

ゆく年を振り返り

はい、そんなわけで今年最後の更新だ。



いやはや。ほんとにいろいろあった・・・。



ネット関係の付き合いでももろもろとガタついたりさ。ま、年内に気分的にケリはさけさせてもらったが。今年の穢れは今年のうちに、ってなもんだ。



だが、悪いことばかりでは無論ねぇな。副業会社が新事業にむけて大きく前進。2011年1月にスタートとあいなった。相棒たちと気炎をあげた年末となった。来年から本格的に動き出すのでそれにあわせたモロモロのものも、ついでにここで紹介できたらさせてもらおう。



そういう意味じゃ「オレさま」というキャラクターがオモテのオレさま本人と一体化して活動を始めていく年でもある。



新年からはいちお神秘学講座がスタートするしな。こんな騒動好きの人間ではあるが、本気で神秘学に取り組んでみようと思うヤシらはサポートするつもりだ。



基礎編なので、日常生活に即活かせる思考、意志、集中力、記憶力等を強化していくレッスンとなるだろう。オレさま自身が鍛え直さなくてはならない項目ばかりなので、そりゃあ気合もはいる。



それにまぁいちお婚約者もできてしまった。次は入籍に向けてマターリと進行していこうと思う。2011年の終わり頃には式をあげられたらな、というのが今のところの大雑把なスケジュールだ。



なんにしても、この年末にもろもろとコトがすすみ、いろいろと刷新されることになった。2010年用に掲げていた目標の数々は、正直、達成度は3~40%というところだ。来年はもっとこの比率を高められるよう努めよう。



ぽまいらにはハタで見ていていろいろと心配をかけたりもしたようだ。まぁ今年一年、世話になった。また来年もよろしく頼むぜ。



そして来年末には、より充実感をもって「駆け抜けた一年だったな」とお互い振り返ろうぜ。



とりあえず、終わりよければすべてよしってことで。



ま。そんな話だ。



じゃ、あとはそれぞれ年越し蕎麦でも食べながら、除夜の鐘でも聴いてくれよ。(藁


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1         
                        人気ブログランキングへ

「来年も騒々しい一年になりそうねw」なんて思ったら、ぽちっとな♪ 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter