“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

なんとか治った・・・

はい、そんなワケで急性の病に侵されていたオレさまですが、ぽまいらはいかが日々カラダを張って生きていやがりますか。



ぽまいら。ほぼ日刊ペースを守ってきたオレさまが不慮の病に倒れてしまったがために更新が停滞し、寂しかったか。



はっはっ。



そうじゃろうそうじゃろう。



「アタイ、オレさまの御言葉がなければ生きていかれない!」と悲嘆にくれていたことだろう。



わかっちぅわかっちぅ。みなまで言うな。とりあえず、オレさまにチチでももませておけ。それですべてが伝わるから。



さて。まぁなんやかんやとすることがあったっつーのがほとんどな気がするんだが、あわせて病に臥せっていたわけですよ、オレさまわ。



いやね。



参ったよ、ほんと。



オレさまさ、とくに今年に入ってから、なお更ベジな食生活に拍車がかかっていた。いや、それはいいのだ。繊維質の多い食事。お通じも日々よい。カラダも軽い。年末に57~58キロくらいだった体重も、今は54キロ前後だ。ダイエットもかねてしまった。(身長170) 一時、半年ほどのホテル暮らし勤務で63~4キロに増加しちまった体重もすっかり落とせたぜ。




それはそれで良いのだが・・・・。



なんつーかさ。



アレよ。



今度はさ。



お通じがよすぎて、1日に4回とかトイレいっちゃってたワケ。



すると、だ。1回1回はスムーズだったのだが、なんつーの? うちのコーモン提督が「総司令官どのっ! いくらテキが弱いとはいえ、1日に4回の艦隊戦は過重労働であります! 前線指揮官としてこれ以上、部下に無理をさせることは承服しかねます!」




とかいいやがんの。まぁね。オレさまかつて、コーモン提督を戦死させた過去があるわけで。




無理はいえんなー。と思いつつも、無理させていたわけ。「我に余剰戦力なし。恨み言はヴァルハラで聞こう」なんつって。





したらさ。


























コーモン提督、またもや戦死してくれやがりまして。





いやー。



まいったね。おでかけとかいろいろあんのに、コーモン提督の旗艦、轟沈ですよ。




笑えるけど笑いごとじゃないっつーか。



ほんとに死ぬか、キサマ。下痢軍による下痢ラ戦を連日にわたって仕掛けられたとか、便秘軍による戦力集中、中央突破で撃破された・・・とかならわかるし、許しもできる。




まさか。



ちっとくらい連戦だからと、スムーズなうんちで撃破されるとはおもいもよらなかった・・・。



「こ、この腑抜けめぇぇぇ・・・・!!!」



と思わず旗艦ブリッジ(トイレともいう)で叫びましたよ、ボクちゃん。



しょぅがないから、コーモン提督の艦隊の残存兵力を集結させ、救援部隊として「ボラギ・ノール第3艦隊」を至急派遣しましたよ。



したらさ。




ぶっちゃけ。全然おっつかねーの。ボラギ提督から「総司令官どのっ! し、至急増援を・・・! コーモン提督の残存兵力は、総司令官どのの予想以上に壊滅状態! もはや兵力としては機能しておりません!!」



とかいいやがるの。



まいったね。そこをなんとか機能させるのがオマエの役目だっつーのに。



「くっ・・・。仕方ない。ここは戦線を一時、絶対防衛ラインまで下げる。その後、前線艦隊を一時、要塞に収容する! そこで完全修復するぞ」とあいなったわけよ。




まぁ、ぶっちゃけ。



生まれて初めて。



肛門科にいきましたとも。



いやね。



幸いさ、もう行ったときは治りかけだったようなんだ。要は血のコブ?みたいなもんができていたとのことで。医者から見たら治りかけだったとはいえ、こっちにしたら魔痔で痛いわけ。咳ばらい1つとしても響くっつーか。



でもさ。



そんなことより。



初診療。見知らぬおっさん(医者)にケツの穴を見せる情けなさ。



しかも。



も、よーしゃなしのフィンガーアタック。こう、グリグリ、と。



「ほらほら、どうだ? んん? ここがええんか? ええんやろ(ニヤリ」なんて内心思ってねぇだろうな、てめぇ!と殺意すらわいたね。






まったく、これはなんの陵辱プレイかと。



容赦ないその責めに、あたい、もう魔痔で悲鳴モンでしたわ。



「あ、あたい、汚されちゃったわ・・・!(涙」とオモタね。



その本気で痛さ。かなり喚いたっての。なのに



「はっはっ。だいじょうぶだいじょうぶ。もうすぐ治る。念のためクスリ出しておくけど。それがなくなる前には治るからもうこなくても大丈夫だよ」



と平然といいやがる。もうサドかと。サド侯爵かと。




まぁ実際、市販薬なんざ目じゃない効き方を示し、その日の夜にはもう痛みからはほとんど解放されたんだけどさ。



しかしさ。



診療室を出たとき、他の患者さんらの「憐れみの目線」が一瞬集中したのを感じたね。「ああ、痛かったんだ・・・」と。



いやはや。



ひさしぶりにカラダ張ったネタを慣行しちまったぜ・・・。



なにはともあれ。ほんと。健康が一番だよなぁ。



ま。そんな話だ。(藁

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/29)
    >天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? 微妙。シャマエルは確かにルシファのエレメンタルとして活動するね。その作用は「機能的」なのであまり悪魔として認識されないように思う。 いわゆる「悪魔」とは別と考えた方がいい。 シュタイナーの文脈でいえば「アーリマン」に属する人(笑)たちが悪魔だねー。 悪魔は人間の感情をトレースできるので「善でも悪」でも柔軟にw行動できちゃうけど、ルシファーとかは根本は大天使なので「悪と呼ばれる行為(作用)しか」(ルシにとっての善)できないわけです。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar ひろ子 さんより(19/07/29)
    昨日教えてもらったことを復習しにやってきました☆ 天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? とするならば、私たちの肉体を司る存在の中に悪魔がいる!? 気になります。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter