スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

ランキング、波動の差についてつらつらと

どーもどーも。オレさまです。なんだかんだと、10位内に返り咲いてるじゃねぇか。ありがとよ。これからも魑魅魍魎(藁 のバッコするブログランキング内における最悪の魔族として、“善良なすぴ系”を餌食にしていこうかと思います。



いや、まて。最強の魔物は、すでにつねに1位に鎮座ましましておられるな。なんかこう「常勝の魔族」って貫禄だな、もはや。ラインハルトのように、常に大量の組織票兵力を用意し、戦略的に勝った状態を整えておくというえか。戦略家クラウゼヴィッツが知ったら手放しで褒めそうな在り方だぜ。



まぁ仕方ない。こちらとしては、常に少数の兵力で大兵力との決戦を強いられた不敗の名将ヤン・ウェンリーのようにゲリラ的にwブログ活動に勤しむことにしよう。



・・・なんか、オレさまだと腐敗の迷将ってかんぢだけどよ。



しかし。「癒し・ヒーリング」ランキングといい、「スピリチュアル」ランキングといい、「どーもねぇ・・・」ってかんぢのばかりだ。オレさまに言われちゃおしまいな気がするが。



そんな中でも、上位の「一粒の感謝」ってところは素直に読めるのだが。



意識がストンと通ってる感があるんだよなぁ。



力みがない。



似たようなことを言うスピ系は確かに多い。



つか、今すぴ系なんてみんな似たりよったりだろ?



引き寄せの法則とか思考は現実化するとか、感謝が大事とか、手放そうとか・・・。



似たようなコトを言うにもかかわらず、いや、ロジックが同じであっても、違いが生まれる。



現実だってそうだよな。友人Aさん、言うことはいつも正しいけれど・・・と。けれど、がどうしても生まれてしまうヤシ。



てめぇのハラに落ちてない、ほんとは信じていない、単に誰かの受け売り・・・etc….一方、そのAさんと同じこと言っても、「そうですよね!」と受け止めてもらえるBさん。これは単に人徳の違いだけじゃねぇだろ。



そうしたものの違いから生まれる波動の差だな。・・・表現力の差ってオチもあるかもしんねぇけど。ww



なんにしても、人ってのは、「なんとなく」レベルではあっても、波動の差を感じるイキモノだ。そしてその波動の差の中に、表向きの言葉には現れないモノが隠れている。



こうした世界に興味がある以上、感覚を研いで、その差に対して敏感でありたいものだな。



オレさま―違いの分かるオトコ―。



なんて言われるように。w



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter