“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

立秋の過ぎるころ

すでに時期は過ぎ去りましたが・・・
定番記事だったので編集します。
2013年の立秋の頃の記事ですが、
思うにあまり変わっていないようですな・・・。

 

それはさりとて、
秋の「気分」の神秘学的な意味を
説く記事ですので、季節ものということでぜひ。

 

 

まだまころだ暑いなこのやろー、と
すっかり温暖湿潤気候からもはや亜熱帯じゃねぇか日本は・・・と
ボヤきマクリマクリスティな皆様こんにちは。


お盆ぶっちぎりな労働者オレさまですが、
ぽまいらはいかが慣れないパソの
キータッチに苦戦していやがりますか。


いやはや。
立秋もすぎて暦の上では秋になってきたな。


日中も多少秋の風が漂うときがあり、
夜にはすっかり鈴虫が合唱していやがる。


こうしてみると、
いろいろと環境変動だゲリラ豪雨だと、
世は無慈悲な変化で人類を苦しめるものの、
確かに季節はちゃんと移ろっている。


安心だ。


神秘学的なことをいえば、
秋はミカエルが運行を司る季節だ。


夏の燃え盛る命の炎が、
魂の内面を照り返す。


外界へとあふれた力が静かに内側へと結実し、
実りをもたらしていく。


自然界がそうであるように、
人もまた、ひとつの刈り入れを迎える。


収穫への営みは、
果たすべき務めを正しく成した者だけが、
正しく次の籾を手にすることができる。

そして内なる熟成の季節へと
さらに移行することができる。


四季という宇宙の運行を体感できる地に住まう者は幸いだ。


それだけで、
正しいリズムによって
魂が向き合う時を知らせてもらえるのだから。



人は、
リズムを刻んで生きている。


宇宙にある律動。


惑星が刻む律動。


高きから、低きへ。


律動はフラクタルとなって
この地に住まうすべての存在へと
落とし込まれていく。


律動・・・リズムとは、
それ自体が、
あらゆる魂の生命を正しく在らせてくれる
高き世界からのいのちを
刻むための鼓動なのだ。


秋は、
そんな美しくも壮大であり、
そしてミクロな世界までを貫く
神秘に思いを馳せるのもいいかもはしれない。


ま。そんな話さ。

 

追伸

こちらは2015年9月26日の
お知らせです。

神秘学講座っす。

次のテーマは大天使についてです。

詳細は下記リンクよりどぞー。

https://wizardofsoul.org/seminar


関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/13)
    オウア 「愛」っつーもんの定義が社会科学的に出来んだろうからそりゃあ難しいだろうさ。 ああ。マザーテレサの狂気性や虚偽性、予定された列聖、欺瞞はもろもろ巷間言われてるな。 それでもアイコンとしてわかりやすいだろ? ナイチンゲールみたいなもんだよ。(笑) でもっておれは彼女のしたことはできねぇしな。
    » スピリチュアルな意味で正しい愛の状態とは?
  • User Avatar オウア さんより(18/05/13)
    スピリチュアルの愛とは、法律・条約等を「愛」の一文字で回すことだと思う(´・ω・`) できるものならやってみろと思わずにはいられない(^_^;) ちなみに、マザーテレサはカトリックの威厳の回復を目的にでっちあげた人物ですよ。 学校建てると募金してネコババしたり、痛みに耐えるのが素晴らしいとか言って見放す割に自分には最先端医療を求めたりしてたようです。日本円で28億円相当を荒稼ぎしたと記憶しています。TVで放送された奇跡はなかったとかなんとか。 「真偽はともかくこの言葉が好き」 そう言われればそれまでですが、なんだか違和感を感じてしまう自分がいる(^_^;)
    » スピリチュアルな意味で正しい愛の状態とは?
  • User Avatar 出之 さんより(18/05/03)
    今日は 通貨は負債ですね。 価値ある商品と交換されて初めて機能すると。 http://workhorse.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_55d6.html
    » なぜエセスピはお金をエネルギーと言いたがるのか
  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    認める迄が ↓ココ ー\/ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーー ーーーーーーー (魂?) なイメージかな? こんな真っ直ぐじゃないけれど。 今の実感としては、入口さえ間違っていたから明後日の方向に行ってるのさえ気付かなかったのが、(自分に至る)入口をやっと見つけた、しかもめっちゃ目の前にあった!っていう迄が長かったから、分析・解体が遅々として進まなくても、「あ、今なんか違っているかもしれない」って気がするだけで、自分にとってすごく進歩しているように思えるの。 で、一回「よっし!これだ!答え(分析結果)出た!」って思っても、 次の時に同じ答え(分析結果)がどうもしっくりこなくて、 「あれ?一回めのはなんだったん?」て戻ってみたら、更に隠れていた答えが見つかって… の繰り返しかな?と(今のところ)思っていて、 正直、自分は内省をしている感ほぼ無いし(←ここにも思い込みがありそう)、 理性ってなんなん?って思うけど(理性が分かっていないことが分かったw)、 これは続けていくしかないな(多分そうせずにおれない)という気がしている。 そんなだから、ダスカロスのチェック事項、まじ多過ぎる。 とっても手がまわんない。 ただ、それだけあるって知っておくと、 光の当てる角度が変えられるっていうのはあるのかな? 何度も云うけど、今の私の雑感だから、後々、 「うわ!全く違ったわ!」となるかもしれん。 それでも北極星が見えているだけで全然気持ち的に楽なんだな。 自分を責めるのって、 自分がすごく正しいことをしているような気がしてしまうんだよね。 それでなかなか止められないのかも。
    » エゴイズムと向き合う

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter