“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

立秋の過ぎるころ

すでに時期は過ぎ去りましたが・・・
定番記事だったので編集します。
2013年の立秋の頃の記事ですが、
思うにあまり変わっていないようですな・・・。

 

それはさりとて、
秋の「気分」の神秘学的な意味を
説く記事ですので、季節ものということでぜひ。

 

 

まだまころだ暑いなこのやろー、と
すっかり温暖湿潤気候からもはや亜熱帯じゃねぇか日本は・・・と
ボヤきマクリマクリスティな皆様こんにちは。


お盆ぶっちぎりな労働者オレさまですが、
ぽまいらはいかが慣れないパソの
キータッチに苦戦していやがりますか。



いやはや。
立秋もすぎて暦の上では秋になってきたな。


日中も多少秋の風が漂うときがあり、
夜にはすっかり鈴虫が合唱していやがる。


こうしてみると、
いろいろと環境変動だゲリラ豪雨だと、
世は無慈悲な変化で人類を苦しめるものの、
確かに季節はちゃんと移ろっている。


安心だ。


神秘学的なことをいえば、
秋はミカエルが運行を司る季節だ。


夏の燃え盛る命の炎が、
魂の内面を照り返す。


外界へとあふれた力が静かに内側へと結実し、
実りをもたらしていく。


自然界がそうであるように、
人もまた、ひとつの刈り入れを迎える。


収穫への営みは、
果たすべき務めを正しく成した者だけが、
正しく次の籾を手にすることができる。


そして内なる熟成の季節へと
さらに移行することができる。


四季という宇宙の運行を体感できる地に住まう者は幸いだ。


それだけで、
正しいリズムによって
魂が向き合う時を知らせてもらえるのだから。



人は、
リズムを刻んで生きている。


宇宙にある律動。


惑星が刻む律動。


高きから、低きへ。


律動はフラクタルとなって
この地に住まうすべての存在へと
落とし込まれていく。


律動・・・リズムとは、
それ自体が、
あらゆる魂の生命を正しく在らせてくれる
高き世界からのいのちを
刻むための鼓動なのだ。


秋は、
そんな美しくも壮大であり、
そしてミクロな世界までを貫く
神秘に思いを馳せるのもいいかもはしれない。


ま。そんな話さ。

 

追伸

こちらは2015年9月26日の
お知らせです。

神秘学講座っす。

次のテーマは大天使についてです。

詳細は下記リンクよりどぞー。

https://wizardofsoul.org/seminar


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter