スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

一回目の講座しゅーりょー

はい、オレさまです。



なんとかカントカ、無事(?)に一回目の講座終了。2月末あたりまでの講座は2時間しか部屋が取れていないので、なにかと駆け足になっちまった。



それでいて、「記憶力」に関するレクチャーと課題にまで至れなかったぜ。。。『いか超』の「条件」の章も中途半端なまま終わっちまったしな。2時間ってのは思ったより短いものだ。



そんな中、一回目から参加された方、お疲れ様でした。一回目から詰め込みすぎな気もするが、まぁがんがってくれ。



さてさて。そんなわけで、内輪記事になってしまうが、参加者は次のことを忘れないように取り組んでな。



・『7つの約束』のとくに4番目を意識して毎日すごす。
 

 
世の中生きてりゃ辛いことも多々ある。しかし、『痛み』というものは、神聖なる法則―カルマの法則―が与えてくれる成長のレッスンであると理解する。だから人生で立ち表れる痛みに対して前向きになり、忍耐をもって取り組んでいく。 



・魂の6つの行―『思考』―に取り組む。(1日5~10分程度)



題材はなんでもよかったな。ただし、そこに集中している間は、それ以外のことがビタいち思考に入り込まないように集中し、かつ論理的に考えつづける。



・陰陽功を1日10分程度。

しょっぱなから気持ちよさや手に熱気が集まることを体感できた人もいたようで何より。恍惚の人wのような表情になって全然OKなので、気持ちよさに身を任せるように続けてくれ。w


これを続けることで気感を体得し、体内の気の循環をよくする。気持ちよさを感じられるようになればしめたものだ。継続するように。こうした基礎的な気功の取り組みにより、体内のエーテルの純化・強化も目的としている。



いわばヒーリングをするに値する身体というものの基礎作りだ。



・よる寝る前の内省の実践。

決して内罰的になりすぎないように。マゾヒズムを刺激しても仕方ないからな。あくまでも客観的に、自己を改善し、成長させるための気づきを得るように努めること。続ければ続けるほど、自分の高い意識からのインスピレーション、導きを得やすくなる。




ざっと本日のレッスンをサマライズしたので忘れないためにも用いてくれればいい。



そんなところ。



ま。そんな話だ。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。

第一期はもう少しの間だけ受付中。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1         
                        人気ブログランキングへ

っていうか。「ほんとはアタイだって緊張してテンパっていたんだからー!!(涙」というのが本音だが、そんなのは想定内と思ったら、ぽちっとな♪

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter