“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

今更聞きづらいハロウィンの起源とスピリチュアルな意味

あー、ども。夏樹です。昨夜はハロウィン、渋谷はスゴいことになっていたようだな。おまいらはお菓子強奪やらコスプレで楽しんだかい?

さて。すっかり仮装パーティとして定着し、今やバレンタインデーよりも市場規模がデカくなった(結局お菓子市場としてはたいしたことはないが)ようだが、このハロウィン、キリスト教圏では、本日11/1日の「万聖節」(オール セインツ デイ)の前夜祭的な位置づけだ。今や、スピリチュアルな意味も何もない気がするが。(笑)

しかし、そんな商業主義的に楽しまれる一方で、
キリスト教圏の国では「ハロウィンは悪魔崇拝!」とか、
日本人の間でも「サタニズムの風習を日本人持ち込もうとしている」と、
オルカルトめいた陰謀論も囁かれている始末だ。

さて、どうだろう。

 

1.そもそものハロウィンの歴史

ハロウイン

さて、ハロウィン。元来は、ケルト人の2000年以上前のドルイド教の祭りだ。彼らの暦では10月末日が、一年の終わり。大晦日だ。そしてこの日、死者(ご先祖とか)の霊が家族を訪ねてやってくるという、日本で言う「お盆」のような日でもあったわけ。

で、このときに悪い霊もいっしょに来る可能性があると考えたケルトの民は、魔除けとしての仮装を行ったりした。これが今に通じる「ハロウィンのコスプレ」だ。

 

2.ハロウィンは悪魔崇拝か?

ハロウィン悪魔

ドルイド教のような自然崇拝系の宗教は、
現代的価値観から見ると、
そう見えてしまう要素はあるのだろう。

しかし、ハロウインのシンボル「カボチャのお化け」など、
日本の鬼のように「畏怖すべき力で邪悪を退ける」といった考えなど、
自然それ自体を信仰の対象にしたり、
神的力の宿りを感じる感性を持つ民にとっては、
まぁそれほど「禍々しいこと」ではないだろうよ。

そしてとくに誤解されがちな生贄の儀式。
簡潔に書いてしまえば、
「生命と生命は等価である」とする思想が背景にある。

一人の命を救いたければ、
別の一人の生者を捧げよ。
豊かさ、豊穣が欲しければ、
生命を捧げよ。

といったカンジかね。

めっちゃおおざっぱに言うとそんなカンジだ。

そこには、
生命への畏敬があるがゆえに、
新たな生命の糧を得るために、
生贄という儀式を生み出した背景がある。


それは古代ケルト人に限らず、
宗教的生贄を実施した民族に通底するものだ。

逆に生贄をただ残虐で、
オカルトめいたものにしてしまったのは、
むしろ「近代的な価値観」のほうだろう。

 

3.異民族の信仰を「悪魔崇拝」と呼ぶ感性は?

お盆
総論としては、
ハロウィンは、ドルイドの民による、
お盆的な祭祀+収穫祭の融合したもの、というあたりだろう。

そして自然崇拝系の祭りは、
日本の祭りもそうだが、
「乱痴気騒ぎ」的なノリがあったり、
無秩序で、雑多で、隠避な面がある。

そこにあるシャーマニックな文化の「夜」の面はオレはキライじゃないが、
キリスト教的感性から見れば、
禍々しいものだった。

しかし、おれとしは、キリスト教化できなかったからと、
「悪魔崇拝」と決めつけるこのテのノリのほうが、
よほど怖いんだがね・・・。

文化は、「夜の香り」の妖しさがないと。(笑)

しかも、
欧米では、先に触れたハロウィンのかつての生贄的な、
ダークな面に乗じて、
ホントにサタニズム的な行為をする連中まで出ている。

まぁ、オレが思うのは、
ハロウィンに「サタニズム」を融合させたのは、
ハロウィンを観て、
「これは悪魔崇拝だ」と言う感性の連中なんだがね。(笑)

さらには、「悪魔か何かと契約して、願望を叶える」とか言って、
実行する

というか、そういう文脈でしか読み取れないんだろうね。

そしてそういう連中が、
かつてドルイド教とかを「悪魔崇拝め!」とののしり、
森と魔女の文化を駆逐していったんだろうぜ。

 

ま。そんな話さ。

追伸

11月に開講する神秘学基礎講座は、
そんなベーシックなところから学んでいく学習講座です。
詳細はコチラ

 

追伸2

よりディープにスピリチュアルな神秘学について
知りたい方は、
メルマガ「魂の神秘学」へどうぞ。
今、登録者には、E-book『神秘学ベーシックテキスト』を
プレゼントしています。
ダウンロードして、
ヒーリングなど、スピリチュアルの基礎的学習に活用してください。

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter