“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

清原逮捕で覚せい剤とスピリチュアルを考える

どーも夏樹です。球界の番長こと清原が逮捕されて世間を騒がせている。SMAP騒動といい、世間を賑わわせるネタが最近は多いなぁ。マーケターの加藤としてみれば、もう一、二年前からちょくちょく覚せい剤疑惑が報道されていた清原なので、「オワコン」として見てはいた。

 

しかし、単純にかつての「球界のヒーロー」が覚せい剤に手を出して凋落する姿というのは、あまりスポーツに熱中するタチではないオレにしても、寂しいものがある。純粋なプロ野球ファンならなおさらだろう。

 

 

また離婚したとはいえ、自分たちも野球をやる以上、「自慢の父」であった父のあの姿は、二人の息子たちにはショックだったに違いないと思うので、個人的には察するに辛いものがあるな…。

 

父として、その姿を見せるのはどうよ・・・と思わざるをえない。

 

スピリチュアルと薬

一方で、スピリチュアルと「薬」とは割と切り離すことができない関係性があるといえばある。今回はそんな話から入ろう。スピリチュアルなシャーマンをメディスンマンというように、メディスンには医学、内服薬といった意味もある言葉だ。

 

 

事実、クスリの力でトリップし、幻視体験を得て、スピリチュアルな探究に役立てるという試みは、伝統的なスピリチュアルな道から、近代的(科学的)なスピリチュアルの探求においてまで、ままあった試みではある。

 

 

永遠主義哲学のオルダス・ハクスリーもまたによって神秘主義的意識の拡張を体験し、自身の霊性哲学の探求に用いていたようだ。彼の永遠主義哲学自体は価値あるものだと感じている。

 

 

しかしよ。しかしだよ。どう考えても、清原の覚醒剤はいかんだろ・・・。

 

あれは肉体という「神殿」を汚す行為だ。

 

その点アレよ。神秘主義なんて、クスリいらずよ? 自己努力でアヤシイ世界にレッツラゴー!よ。常習性もないし、禁断症状もない。(笑) その上で異世界探訪、真理の探究ってなもんよ。経済的だ。W

 

 

また正当な意味クスリを使うスピリチュアルもあるよな。ネイティブアメリカンたちが用いたやつね。幻想系物質を含む一部の植物を使い、トランスして意識の拡張を図るものだ。これがのちに、一部の合理主義者たちが「結果」だけを抽出して成分も抽出しようとしたが、ほんと、霊的探究を分かってねぇな。

 

 

一部のそうした効能を持つ植物は、その文化の文脈の上で、かつその植物を管理する霊的存在との対話をし、使用許可をもらうプロセスを経て初めて真の効果を発揮する。

 

オレ「ちょっと聖なる探究のために、キミを燃やしてラリってもいいかい? 許可が欲しいんだ」

 

キノコ「仕方ねぇな。ちゃんと聖なる目的のためだな? じゃあきちんとした儀礼(儀式)をもってオレさまの身とおめー自身を清め、上へと参入するように。ここに穢れがあれば、おめーは高き世界どころか、低い世界へといっちまう。つまりバッドトリップってやつよ。おけ?」

 

なんて感じ?w

そんなことも知らずに結果だけを欲して行えば、文字通りトランスするだけだ。サイケデでGOしてどうするよ。くっだらねえぜ。

 

 

しかしまぁあれだ。ネイティブ系のこうした文化が衰退しているのも、決して入植者たちに滅ぼされそうになったからというわけではないんだ。

 

 

仮に平和に、かつゆたかに存続していたとしても、クスリ系の探求の道は下火をたどっていただろう。スピリチュアルな探究もキリスト以後では実は決定的に変化しており、ひとは理性の光で少しずつ歩みを進める段階へと入っている。

 

 

ある種のクスリ等、外的な力によって没我的になり、意識の拡張を図る方法論は、現代の魂には不適切になっている。そのことは付け加えておきたい。

 

ちなみに植物を管理する霊的存在と対話してその恩恵を被ってきたのが、元々の薬草だ。植物たちは、自身の持つ秘密を開示して、人類へ貢献しようとした。彼らは、その秘密を開示するのにふさわしい相手が訪れたとき、喜んでその秘密を開示してくれるのだ。

 

一部の自然と調和する道を選んだ人々が、植物の秘密の多くを開示され、薬草、ハーブといったもののを発展させたのは決して「貧しい」暮らしだったからじゃねぇんだな。ここでは主題からそれるのでこれ以上は踏み込まないけど。

 

 

 

麻薬、覚せい剤のカルマは・・・

 

で、冒頭の清原の話に戻るが・・・。そう、覚醒剤に手を出したカルマ。もちろんこれはわかりやすく「この罪を犯したら、こんな結果になって、あんな代償を払うことになる」という公式があるわけじゃない。それは殺人だってそうだ。ある者は剣で多くの者を殺し、その支払として、次の人生では剣からメスに持ち替えて、多くの人の命を救う道でカルマの返済に努める人生を歩んだ。

 

 

どんな道になるかは、まさに神のみぞ知る、だ。

 

 

だが、こう思ったことはないか? 痛みを伴う結果が表れる前に、カルマを避けたい、と。そこでアレよ。全カルマ解除とかいうバカ丸出しのサービスではない。(笑) そんなことは神の摂理に反するアホなことだし、何より自分の成長にならん。

 

 

そこで行われるのが、悔い改めの「メタノイア」だ。

 

 

まぁいわゆる内省ね。ここでほんとに自己と向き合い、内省することができれば、カルマを解くことは可能だ。おれとしては、清原には一度しっかり懲役に服してもらい、強制的にでも内省の時間をとることが最善ではないかと思う。

 

 

彼には、二人の大切な息子がいる。元スター選手として、きっと成長を楽しみにしていることだろう。ならば、今後どんどん成長していく子供たちの前に立つにふさわしい「清原元プロ野球選手」であって欲しい。

 

 

そんな風に思うのは、きっとオレだけじゃないと思うんだけどね。

 

ま。そんな話さ。

 

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

 

 

★★★★★★★★★★★★★★
プロのヒーラーが学びに訪れる
スピリチュアルの専門家が
書き上げました!
 
1055人が読むだけで元気になり、
 
「人生を諦めない!」
 
と気力が爆発した8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/


より詳細な説明はコチラから

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter