スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

受験と人の縁

はい、どーも。オレさまだ。いやな、パンドラで最近、受験ネタが結構あったろ。読者層的に受験生を抱えるマダムズも多いようなので、大学受験とその後に関して、オレさま的につらつら思っていたことを今回は記事にしようと思う。



さて。



オレさまは浪人を経験して大学に入ったクチだが、ぶっちゃけて言うと、浪人したのは神意かカルマかと思うほど、ベストタイミングで入学したと思う。



振り返ると、よくわかる。



まず、大学のゼミに関して。オレさまの年は、未だに当時の指導教授が「おれの教員人生で、おまえらの代がもっとも優秀な人材が集まり、華だった。あの年は今後も越えないだろうよ。伝説となって語り継いでるよ(笑」というほど、恵まれた年となった。



だが、1つ上の先輩たちは、はっきり言って勉強もたいしてせず、内心、オレさまたちは呆れてバカにしていたほどだ。



教授が、「おまえらな、後輩を見習って勉強しろ」というと、「先生、ぼくたちとしては、勉強ばかりじゃなくて、もっと彼らには遊んでもらい、社会勉強をして欲しいと・・・」



「なに言ってやがる。こいつら、そろいも揃って女グセが悪くてこっちが心配するほどたっぷり遊んでるよ」と先生切り替えす。



先輩方、沈黙。ほんと、モテない系の先輩たちだったからな。w



また、オレさまの代では、他の複数のゼミからエース級の連中が数人参加するようになり、黄金時代に拍車をかけた。オレさまは大学院を考えていたので勉強して当然だったが、他のメンバーもフツーにしっかり勉強してゼミを盛り上げていた。



こうした横のつながりは、もしオレさまが一年早く入学していたら築けなかっただろう。よく想像したものだ。もしもう一年早く入学していて、あのダメ先輩たちと同じ代だったと思うと・・・。



本っっっっ当に、浪人してよかったぜ。もちろん、この代のゼミ生たちとは今も付き合いがある。



もひとつ。サークル。



いちお、文化系のマジメ(?)な活動をするところだ。



ここでも、上の先輩たちは人数も少なく、覇気がなかったが、オレさまたちの代では、なぜかやっぱり黄金時代といえるほど活況となった。人数も倍化したしな。



海外旅行、海外ボランティア、ひとつ何かを提案すると、みんな乗り気になって夏休みを使って参加。ヤシらとは色んな国にいった。



1つ下の後輩たちも同様で、いいのが集まり、やはり同様に海外に共に旅行したり、サークル活動したりと打ち込めた。



もし、1年早く入学していたら、このつながりはやはり生まれなかっただろう。想像すると、寒気がする。



そしてやっぱり、こちらの人間関係も、同期以下とはつながりがあるが、先輩たちとは、まるでない。(藁



こうしてみると、オレさまが大学生活をベストの環境、人間関係で送るためには、どうしたってその年での入学が不可欠だった。



正直、落ちた年と比べて、学力がそんなに上がったとは思えないが、入学できるように配慮されたのも、まさに彼らとの縁(カルマ的な)の働きの結果ではなかったかと思う。



だからな、大学の不合格にさほど落ち込む必要はねぇな。たとえ「勉強不足」が原因であったとしても、入学する年は、その年こそ本人にとってベストな環境が整っていることになるだろう。



一年や二年の浪人くらい、藁って受け入れる余裕を見せてやるくらいの配慮が、家族にもあっていいと思うぜ。



それに大学受験なんざ、やればやっただけちゃんと結果に反映される特殊な勝負だ。ほんとの理不尽さにまみれたビジネス社会とは違う。深刻になるこたぁねぇだろ。



本人も周囲も大変だと思うけどよ。w



今年桜が咲いたヤシも、来年になったヤシも。それがおまいにとって、いいタイミング、ということさぁね。



ま。そんな話だ。

まぁ、何とはともあれ、今年も好評の特典つきのメルマガを下記からどうぞ。

 

 

第一部<スピリチュアル編>
【霊的成長編】

1通目:人格主義=霊的成長。それが前提
2通目:天国へと至る 5つ黄金の鍵とは何か
3通目:内省はすべてのベース
4通目:我々は真理の現れも観察する
5通目:集中力なくして達成できるものは何もない
6通目:霊的成長とは何か
7通目:もっとも重要なスキル—視覚化—
8通目:瞑想でこの世界を超越する
9通目:【重要】なぜ学ぶのか―魂のパトス—
10通目:お仕事編の学びを進めますか

 

【第二部お仕事編】

【spiritual&marketing】
1通目:真・善・美からそれないこと。
2通目: 個の時代の到来をはき違えるな
3通目:あなたの強みを具現化するということ
4通目:100年食いっぱぐれない力とは何か
5通目:非成長型社会を乗り切れる人種は〇〇
6通目: 再びモノづくりの時代へ
7通目: 日本人に最適な働き方

※第二部の配信はクリックした希望者のみ。
※icloudのメアドは使えません。

 

魂の神秘学『風の時代で成功するための神秘学』

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter