スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

人生で必要なコトは準備が整えば起こる

 

どーも。

夏樹です。

年末だというのに、

ずーーーーーーっと家で仕事してます。

(※今回は2014年末のメルマガの編集再掲です)

一部友人、ヨメまで巻き込んで励んでます・・・。

 

こんなに休まらない、

正月らしくない正月を迎えるのは、

さすがに初めてな気がするぜ。。。

 

まぁ大晦日の憑物語だけは見るけどな!

(くぅ、、、2015年末は無くて悲しかったぜ・・・。)


コレみないとヨメちゃんとの間に亀裂が入って、

家庭の危機に陥るからな!


しかしアレだ。

いろいろとあって、来年40歳を前にして、

ひょんなコトから神秘家としての準備が整った

のはいいのだが・・・。

オレはそのとき、改めて思った。

 

古くから、

■師は必要なときに必ず現れる

■必要なことは準備が整えば起こる

といったコトが、

神秘的なことを探求する人には、

お題目のように言われるだろ。

 

これまでだって、

自分の人生を通して、

それらは実感として持っていた。


しかし、正直なところ、師匠の

・40歳までに神秘家としての準備を整えろ。

・正しく在れば、それは大丈夫。

・じゃ、あとは自分でうまくやれ。(放任)


というのには、

さすがに「どうしたものかのぅ」

と、いささか困っていた感もあった。

ところがまぁなんだ。


「あ。」


と思うほど、

呆気なくクリアするときはする。

完全に見越していたようなタイミングで、

なんとかなってしまった。

ぽまいらも経験あるだろ?

 

人生で、

必要なことがあまりにも、

タイミングよく起こる瞬間って。

 

こっちがビックリするほどの

タイミングの良さっていうのかな。

改めて思ったよ。

間違えてさえいなければ、

人生で必要な出来事、

導きは絶対にある、と。

 

ぽまいらも、

悩んだときほど、

ブレず、たゆまず、倦まず、信じた道をな。

 

それでいて、もし「間違っていた」と分かったときは、躊躇うことなく受け入れ、軌道修正する勇気と柔軟性を。


そんなしなやかな強さを共に

持てることを祈りつつ、

本年最後のメールマガジンとしたい。


そして少しでも本年の

厄落としとなることを願い、

祈りを。

 

意志と力と勇気は、

汝らの魂を輝かす。

かくあらんことをいと高き方に希う。

薔薇の十字架への誓いと共に。

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

昨今、告知を忘れていた無料メール講座。

「復活の呪文」

★★★★★★★★★★★★★★
プロのヒーラーが学びに訪れる
スピリチュアルの専門家が
書き上げました!
 
1055人が読むだけで元気になり、
 
「人生を諦めない!」
 
と気力が爆発した8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/


より詳細な説明はコチラから

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter