スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

夢・・・

ぶっちゃけ今回は元ネタをしらねーとちぃぃぃともつまんねぇ記事だが、あまりにもインパクトが強いユメだったので、まぁ書くかって気分のオレさまだが、ぽまいらはいかがマニアックなネタに走っていやがりますか。




さて。その日、どういうワケか。オレさまは、あるオトコと、バーのカウンターで飲むことになった。しかも、夏のオレさまの誕生日祝いだ、というのだ。




そのオトコとは・・・・。















t02200257_0300035010233422826.jpg


そう。地上最強の生物と言われている、オーガこと範馬勇次郎氏である。





そのオーガが言う。「シーバス・リーガルの●年ものだ。うまいだろう」





こくり、とうなずくオレさま。そんなもん酒の弱いオレさまは呑めないはずなんだが、このときばかりはうまい感じ、いいカンジに呑み続ける。







すると、オーガはナニを思ったのか、オレさまの終電時間を心配する。あのオーガがである。終電を調べると、23:30で帰れば間に合う。まだ、ちょうど二時間はある。それを伝えると、ニヤリととても嬉しそうに笑うオーガ。思わず、オレさまも嬉しくなる。









しかしまあ、さすがオーガ。一応、人生の先輩である。悩むオレさまに彼は言う。











images.jpg





いや、持ち味と言われても・・・・。




神秘学徒としての修行暦だろうか・・・?

















csmgznf018.jpg









そ、そうですか・・・。



頼っちゃいけませんか。



さすが、オーガです。



究極のエゴイストにして、肉体信仰者。アメリカすらも屈する腕っ節を持つだけはあります。




そんなワケで、このオーガとさしでバーで飲んだというふざけたユメでした。



ま。そんな話でございますわ・・・。




ちなみに拾いモノ画像なんで、著作権とかなんとかあんのかね? あるなら下げるんで教えてくれ。(藁



・・・・ちなみに最後の画像がifのイメージと重なったというのは、ま、よくある話だ。(わら

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter