スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

2021年から正しく時代を乗り切るための神秘学と現実的な知恵

風の時代ってなんやねん

どうも。夏樹です。とりあえず新年あけましておめでどうございます。
メールマガジンで配布を始めた、例年お正月の占い企画、今年の占い系コンテンツと、

『風の時代を乗り切るため』の知恵としての動画は楽しんでいただけたでしょうか。

いやー。今年は特典2つ。豪勢ですね。

 

 

登録特典
1.『あなたの潜在的傾向とあなたの2021年の趨勢を占う無料PDFbook漢字一字占』

2.動画『抄録版:人生100年時代を生き抜くマーケティング講座』

 

ほんで、今日の記事ですが、記事を読むのが面倒な人は動画で話しました。

 

 

見た後は、特典もらってください。

You,絶対だよ!

 

魂の神秘学『風の時代で成功するための神秘学』

 

 


テキスト派の人はこのままどうぞ。

 

で、風の時代ってなんなんですかね。

もう何年か前に、マーケティングの師匠と「労働人口激減、出生率あがんないこのやばぃ時代をどう生き残るか」って話てて、それをまとめて生き残るための日本人に最適な働き方やマーケティングについて講座にしたことがあります。

今こそその知恵が必要って感じです。

風の時代とかいって浮かれてたら、竜巻に飲まれるたけです。

すんません、新年早々さーせん。

 

そんなわけなので今年の新年のプレゼントは2つです。

一つは、毎年恒例のスヒリチュアルな占い系メッセージブックです。今年の全体運、趨勢を図ろうというもんです。

占い師でもないおれがそんなん作って、結港評判なのは、個々人の直感が、自分にあったメッセージを選ぶ、という実は「人任せ」な占いだからです。

かつてこれでアプリ作って12万「いいね!」をたたき出したり出版依頼が来たのも伊達じゃありません。

 

今年はこんな漢字な感じです。PDFbookで楽しめるのでぜひどうぞ。


今年はもう1つあります。冒頭で伝えた、マーケの師匠との対話から生まれた講座。
その抄録版です。

風の時代、どう生き残るのかベストなのか。

個人が輝くとか、土の時代の価値観が通じなくなるとか。

色々ありますが、マーケティング=コミュニケーション・デザインをできないと大変だよ、ということを中心にお伝えしています。

この時代を生き残るには、3つの力が必要なんだと。

 

ただいずれにしても、基本的に僕が毎年贈るプレゼントは、真摯にスピリチュアルな意味で成長したい方が前提です。

そういう人のために用意されています。

なぜなら、本質的な社会的・経済的な成長、幸福度のアップも、スピリチュアルな成長が実はその根底に必要だからです。

だから僕はお願いします。

真摯にスピリチュアルな成長をしたい方、下記のメール講座にご登録ください。

そのかわり、きっとあなたに役立つプレゼントが届きますから。

以上です。あなたの新年に役立つものであると信じてます。

寒さやコロナ禍でも、外に出たくないまま、おうちで学べる神秘学です。

 

第一部<スピリチュアル編>
【霊的成長編】

1通目:人格主義=霊的成長。それが前提
2通目:天国へと至る 5つ黄金の鍵とは何か
3通目:内省はすべてのベース
4通目:我々は真理の現れも観察する
5通目:集中力なくして達成できるものは何もない
6通目:霊的成長とは何か
7通目:もっとも重要なスキル—視覚化—
8通目:瞑想でこの世界を超越する
9通目:【重要】なぜ学ぶのか―魂のパトス—
10通目:お仕事編の学びを進めますか

 

【第二部お仕事編】

【spiritual&marketing】
1通目:真・善・美からそれないこと。
2通目: 個の時代の到来をはき違えるな
3通目:あなたの強みを具現化するということ
4通目:100年食いっぱぐれない力とは何か
5通目:非成長型社会を乗り切れる人種は〇〇
6通目: 再びモノづくりの時代へ
7通目: 日本人に最適な働き方

※第二部の配信はクリックした希望者のみ。

 

魂の神秘学『風の時代で成功するための神秘学』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter