“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

解決案が物理と筋肉ですが、「神秘家としてどうなん?」とさすがに思うときもある

 
どうも、なつきです。「風邪をひいた」「体調が悪い」と言われたら、
まず「薬飲め」「医者にいけ」と言い放つ神秘家・加藤夏樹@2019です。
 
特技は形意拳五行拳「劈拳」です。
 
 
まぁあれです。
 
たとえばスピリチュアルの人って、「人生を改善したい」「お金にな困ってる」
 
「とにかく不幸が続いてる」とかとか言われたら、
 
鉄板は「引き寄せの法則」とか「潜在意識でうんちゃら~」系じゃないすか。
 
 
でもねー。
 
正直わし思うんです。
 
経済・社会系の悩みの方には・・・
 
 
「まずは副業、アルバイトレベルの収益で改善しよっか」
 
「うん、特技とかをコンテンツ化しやすいよ」
 
「そうそう、ブログとかメルマガ使うのは鉄板だねー」
 
「見せ方、切り口を少し操って競合のいない市場を作れるよ」
 
みたいなマーケティングのロジックで対応しますが、
 
ぶっちゃけこっちの方が早いわ。
 
 
 
 
「おかげで月5万円の収入が安定的に増えましたー! それだけでぜんぜん違います!」
 
 
と、実際、そんな実社会系スキルでの対応の方が役に立つことの方が多いんよ。
 
 
 
 
 

「おかげで月5万円の収入が安定的に増えましたー! それだけでぜんぜん生活が違います!」とか、マジ良かったねぇと思うし。

 
 
 
 
 
引き寄せっちゃう前に、まっとうなビジネス系なメソッドの方が実際に役立ったろ? と思うんよね。
 
 
 
つかわし一応コンサルなんで、もちっと本格化したくなったらぜひコンサルの方申し込んでください、よろしくです。
 
ヒヨコが卵をうむ鶏になると信じて育てたんやからな・・・?(真剣 おっと、本音がダダ漏れた。
 
 
まぁ、、、残念ながらそのあたりで本人的には満足できたようで。
 
それはそれでいいのだが。
 
 
 
 
 
 
 

ほんでな。こんなこともありましたので、筋肉の魔法を使いました。

 筋肉とスピリチュアル
 
 
 
 
一人暮らし会社員。
 
部屋に戻るとラップ音やら誰かいる気配だの、金縛りだの・・・なんというテンプレ感。
 
「ナツキさん、なんか憑かれたかもしんない・・・どうしよう・・・」
 
 
基本、男には塩対応なんだけども。
 
一応可能な限り早急の引っ越しを提案しつつ、それまでの応急処置としてなんかした方がいいな、と。
 
 
夏樹「遠隔だが、絶対に効果でるワザがある。ただそれはおまえの意志にかかってる。それでもやるか」
 
 
 
 
 
 
 
 
♂リーマン「はい、やります! マジ怖いんです。寝不足にもなってて、このままだと仕事にも影響が・・・」
 
 
 
 
 
 
「よし。なら、今日から腕立て伏せまずは20回3セットな」
 
 
 
 
 
「え・・・?」
 
 
 
 
 
 
「だから、腕立て伏せまずは20回3セットな」
 
 
 
 
 
「・・・・そ、」
 
 
 
 
 
 
 
 
「そう。それだけではない」
 
 
 
 
 
 
「そうですよね!!」
 
 
 
 
 
 
「うむ。安心しろ。他のメニューはおって送る。
 
腹筋も背筋も、効率よく鍛えないとな」
 
 
 
 
 
 
「え、ええ・・・ソウデスネ・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「不服そうだな。安心しろ。魔除けのマントラもある。知りたいだろ」
 
 
 
 
 
 
「はい、ぜひ! そういうのこそ知りたいです!!!」
 
 
 
 
 
 
「簡単だ。しかも筋トレとセットだぜ。
 
 腕立てしつつ、もう疲れた、ダメだ、となったときこそ有効だ。
 
 
 『ブッ殺してやる』
 
 
 『てめぇ、、、何見てやがる…!』
 
 
 『ただじゃすまさねぇ・・・』
 
 
 『覚悟してろ・・・!』
 
 
 まぁ、まずはこの辺りからだな」
 
 
 
 
 
 
 
 
「・・・・・え?」
 
 
 
 
 
 
「・・・・なにか?」
 
 
 
 
 
 
えーと、あれから数年。
 
ようやく最近引っ越したようだが。
 
 
 
 
 
 
「はっはっ。まじめに夏樹さんのアドバイスを実行しましたよ!
 
 ほんと、段々と、びびってた自分に腹 たってきましてね。
 
 しまいに本気で「叩きのめしてやる・・・!」とか
 
 筋トレしながら思ってましてた。
 
 いや、口にしていたのかな。
 
 不思議なことに、筋トレ初めてから、霊的現象が出てこなくなったんですよね」
 
 
 
 しかも男としての自信も増したようで。
 
何よりである。(笑)
 
 
 
 

スピリチュアルだろうが、やはり筋肉は裏切らない。(笑)

 
 
 
はい。
 
不思議でもなんでもねっす。よくある話。
 
ひ弱そうなあんちゃんだったんで。
 
 
肉体的に強くしつつ、メンタルも少しタフに。
 
 
言葉と筋肉で要は自己暗示。
 
 
それだけでへんな霊とかに、つけいられるスキがなくなります。
 
 
人間の健康力。
 
肉体的健全さ。
 
 
 
やっぱり筋肉で解決です。(笑) 画像とかの出典はこちらの人。
 
 
 
 
 
それだけでなんというか、エネルギーが『太く』なります。
 
これはもうその反対ともいえるネガティブな波動の存在では、当然近寄りがたくなる。
 
 
磁気みたいなもんで反発してしまう。それだけです。
 
蒼白い顔してコワイヨー。とかやってれば当然ダメ。
 
 
 
 
というわけで、マッスル系スピリチュアルとしてのフィジカルマジック(笑)で見事に除霊である。
 
 
 
ファブリースといい勝負できそうである。
 
 
しかもあれよ。
 
ラ●サップばりに結果にコミットよ。(笑)
 
 
 
ただ、まあね。
 
さすがに神秘家としてこんな物理で筋肉なアドバイスばかりではないが、基本的には物理次元に生きている身として、こんなアドバイスの方が健全ではなかろうかと思うことが多い。
 
 
「人は大地を離れて生きてはいけない」とシータが言っていたように(笑)、スピリチュアルに傾倒して大地や実社会から離れてはいけないのである。
 
 
ま。そんな話でしたとさw
 
 
 
 

 

 

「人生が変わる」「魂が変わる」8本のメールレッスン
~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」
と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の活力を高め、

人生を切り開く力がパワフルに高まる
メールをお届けします。

このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

【コンテンツ一覧】
1. 人生は「そもそも論」で考えろ!
2. 欲求の階層を把握しろ!
3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!
4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!
5. 1009回目のプロポーズ
6. 視覚化が未来を拓く
7. 自分の真の敵を知れ
8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という概念を知り、身に着けてください。

(注!!)docomo,ezweb,softbankなどのケータイメール、とりわけicloudのメアドはマジで届かないです。。。

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter