“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

修行ネタ チャクラ関係1

あー、ども。オレさまです。


ちと更新に間が空いたな。



今回からしばらく修行ネタを少し書いていこう。



さて、霊的な修行で(能力的な意味で)開発・育成していくものと言えば、チャクラとか蓮華といわれる霊的器官だ。エーテル・センターとも言う。



ガソリンともいえるエーテル・バイタリティーを吸収し、エンジンがかかるようになると、霊光を放ち、回転を始める。それに伴い、さまざまな霊的感覚が発揮されていく。




洋の東西を問わず、行法としてはこの霊的器官への働きかけがポイントとなる。



しかし。



ヨガ的な呼吸法やエーテルの集中を徒に行うとアンバランスな形で回転を始め、霊的感覚が発達したように思われても、歪んだ霊的鏡像を観るようになってしまい、神経や人格障害のもとになりうる。




それゆえ、エーテル・センターの開発は師の指導下でない限り、行わないようにするのがフツーだ。



また霊能力ってのはどれだけチャクラが正しく開発されたか、にかかっている。それは当然、数日受講したセミナーでどうこうなるものではない。



筋トレだってそうだろ。長い、単調な鍛錬を何日も何日も繰り返し、少しずつ力を出せるようになる。「逞しい」筋肉が育つには数ヶ月、年単位での鍛錬が必要となる。そしてさぼれば、衰える。



筋トレだと誰でも知ってる程度のことを、なぜスピなことだと、お手軽なセミナーでOKだと勘違いするのだろう。



フシギなものだ。



仮になんらかの能力が開発されたように感じられても、そんな急激なもの、いわばドーピングじゃねぇか。へんな薬物に該当するモンでも埋め込まれたんじゃねぇの?(藁 と思ってしまうな。



っつーわけで、このエーテル・センターの開発は細心の注意と長い時間がかかる。ヨガ的、気功的なわりと短い時間で開発させる方法もあるにはあるが、そうした方法論は薔薇十字系では採らない。



あくまでも「正しい思考」によるセルフコントロールにより、アストラル体とエーテル体に働きかけていくことを旨とする。そしてこの行法を通して、「倫理的」であることは単なる道徳ではなく、「正しい霊的原理」だと体験的に知ることになる。



その方法の基礎が、これまで記した『魂の6つの行』であったりする。



次回から、もう少しこの点について話していこう。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!


>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい


【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter