“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

修行ネタ チャクラ関係1

あー、ども。オレさまです。


ちと更新に間が空いたな。



今回からしばらく修行ネタを少し書いていこう。



さて、霊的な修行で(能力的な意味で)開発・育成していくものと言えば、チャクラとか蓮華といわれる霊的器官だ。エーテル・センターとも言う。



ガソリンともいえるエーテル・バイタリティーを吸収し、エンジンがかかるようになると、霊光を放ち、回転を始める。それに伴い、さまざまな霊的感覚が発揮されていく。




洋の東西を問わず、行法としてはこの霊的器官への働きかけがポイントとなる。



しかし。



ヨガ的な呼吸法やエーテルの集中を徒に行うとアンバランスな形で回転を始め、霊的感覚が発達したように思われても、歪んだ霊的鏡像を観るようになってしまい、神経や人格障害のもとになりうる。




それゆえ、エーテル・センターの開発は師の指導下でない限り、行わないようにするのがフツーだ。



また霊能力ってのはどれだけチャクラが正しく開発されたか、にかかっている。それは当然、数日受講したセミナーでどうこうなるものではない。



筋トレだってそうだろ。長い、単調な鍛錬を何日も何日も繰り返し、少しずつ力を出せるようになる。「逞しい」筋肉が育つには数ヶ月、年単位での鍛錬が必要となる。そしてさぼれば、衰える。



筋トレだと誰でも知ってる程度のことを、なぜスピなことだと、お手軽なセミナーでOKだと勘違いするのだろう。



フシギなものだ。



仮になんらかの能力が開発されたように感じられても、そんな急激なもの、いわばドーピングじゃねぇか。へんな薬物に該当するモンでも埋め込まれたんじゃねぇの?(藁 と思ってしまうな。



っつーわけで、このエーテル・センターの開発は細心の注意と長い時間がかかる。ヨガ的、気功的なわりと短い時間で開発させる方法もあるにはあるが、そうした方法論は薔薇十字系では採らない。



あくまでも「正しい思考」によるセルフコントロールにより、アストラル体とエーテル体に働きかけていくことを旨とする。そしてこの行法を通して、「倫理的」であることは単なる道徳ではなく、「正しい霊的原理」だと体験的に知ることになる。



その方法の基礎が、これまで記した『魂の6つの行』であったりする。



次回から、もう少しこの点について話していこう。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter