スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

エソテリック・テクニック・シリーズ 2

健康な身体感覚と健全な宇宙感覚をお持ちな皆さまこんばんわ。日曜の夜、サザエさん症候群の慰めの友、オレさまです。この2つの感覚はどちらが欠けてもどこにも辿りつけない哀れな世界観で生きることになるので、まぁ注意していやがっていてください。



さて。前回は、白色に輝く卵型の防護膜を作る練習を行った。今回は、それをスカイブルーにしてみよう。晴れ渡った空の色をよく思い出すように。



そして少しだけ付け加えることがある。「私のオーラ(アストラル体)もこの美しいスカイブルーで振動している」と強く意識してイメージすることだ。



色には、まぁつまり固有の波長の振動は、それぞれ異なる効果を発生させる。美しいスカイブルーは感情を落ち着かせ、思考もクリアにする効果がある。



アストラル体は、サイキック体(感情体)ともいう。人のオーラを観るものは、エーテル層を越えて観ることができるヤシらはこれを観ているわけだ。つまりこのテクニックは、霊的な意味での身体のケアの1つとなる。



人間は簡単に言うと肉体、エーテル体、サイキック体、個我体(ノエティック体)の4層構造だ。今回のテクニックは、サイキック体とノエテイック体をクリーンにする効果がある。



身体と簡単に言っても、「肉体」というものは、とくに故障をもっているヤシでなければ、ゆる体操やデュークのウォーキング等で十分にケアできる。しかし、エーテル体以上の身体が病んでいると(厳密にはエーテル体は病まない)、肉体面からの働きかけでは改善されない。むしろ上位体の「欠損」が物質体の肉体に反映される。



なので、霊的な道を歩こうとする探求者は、すべての面での「身体」をケアするメソッドを一通り学んでおく必要がある。



ひと昔前の出家した坊主とかならさ、日ごろの雑用などで十分強靭な足腰、身体が培われるが、現代人の「肉体」は、何かしら意識して取り組まないと、ダメージばかり受ける環境だからな。



なので自分にあった体操とかを見つけておくのを勧める。趣味で太極拳とか気功とか、デューク更家のウォーキングw、あるいは「ゆる体操」なんかしているなら別に問題はねぇけどな。



個人的にはダンブルドアのオススメということもあるが、ゆる体操がオススメだが。簡単だし、気持ちいい。肩こりもスッキリだ。



そうは言っても、エーテルをきちんと肉体に采配する行を習慣として行えるのであれば、霊的探求を行ううえで求められる健全さは得られる。




あまり神経質になることはあるまい。こうした行は続けることで、そのうち、呼吸自体が深くなり、またエーテルを吸収するクセがついてくる。すると、とくに意識しなくとも、日常生活の中でエーテルの吸収率がよくなる。これはヨガをやっていても同様だが。




ということで、今回は思考・感情と呼ばれる身体(サイキック体)をケアするメソッドだ。簡単だろうが、ま、やってみてくれ。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter